ヒアルロン酸注射キービジュアル

ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸とベビーコラーゲン注射の違い

肌の状態や目的に応じてヒアルロン酸とベビーコラーゲンを使い分けます

ヒアルロン酸とベビーコラーゲン注射の違い

ヒアルロン酸もベビーコラーゲン、どちらもジェル状の注入剤ですが、性質が異なりますので、状態に合わせて使い分けることでより良い結果を得ることができます。

1) リフト力はヒアルロン酸が勝る

最近はたるみ治療にヒアルロン酸を使うことが多いですが、ベビーコラーゲンもリフトアップ効果があります。しかし、ベビーコラーゲンのリフトアップ効果は限定的で、顔全体のたるみをしっかり引き上げたり、顔のバランスを整えるようにデザインするような治療には向きません。

2)目周りの繊細な治療はベビーコラーゲンで

ヒアルロン酸を肌の浅い層に注入すると、後から肌の水分を吸収して青っぽい色を帯びたり、水っぽい肌質になることがあります。これをチンダル現象と呼びます。チンダル現象は特に目周りで起きやすい傾向があります。チンダル現象を起こしにくいとされるヒアルロン酸の製剤もありますが、ヒアルロン酸の性質上、リスクをゼロにすることはできません。 ベビーコラーゲンはチンダル現象を起こす心配がありませんから、目の周りも安心して注入することができます。

3) 目の上のくぼみはベビーコラーゲンがオススメ

目の上の凹みはヒアルロン酸注射でも治療が可能ですが、ヒアルロン酸注射を目の上に注入すると、時間の経過とともに少し下に下がります。それを計算して少し上の方に注入しなければなりません。ベビーコラーゲンは下に下がることがないので、まぶたのギリギリまで細かく治療ができ、より細やかにデザインできるのがベビーコラーゲンです。

4) 肌質改善効果はベビーコラーゲンが勝る

ヒアルロン酸注射にも肌にハリを出す美肌効果がありますが、プラセンタから作られて3型コラーゲンが50%も含まれるベビーコラーゲンは、注入された後で強力にコラーゲン生成を促して、肌のキメを整えてハリを出します。


ベビーコラーゲン注射の詳細はこちら

コラーゲン注射のイメージ写真

【初診・再診料】

 料金
初診・カウンセリング3,000円
再診・技術料2,000円
English Counseling
※Health Insurance Not Covered
5,000 yen

(税抜)

初診・カウンセリング料、再診・技術料が治療費とは別にかかりますことをご了承下さい。
※当院の治療費・薬料金は全て保険外診療です。健康保険が効きません。

ヒアルロン酸注射
たるみ、しわ、くま治療

ヒアルロン酸池上以外の医師による治療池上による治療
1年持続タイプ
1本 1.0mL
1本目    64,000円
2本目〜   60,000円
1本目    80,000円
2本目〜   70,000円
長期持続タイプ
(ボリューマ、
ボリフト、ボルベラ)
1本 1.0mL
1本目    96,000円
2本目〜   90,000円
1本目    120,000円
2本目〜   110,000円
手の甲
1本 1.0mL

1年持続タイプ
1本 80,000円
長期持続タイプ
1本 120,000円
手の指
1本 1.0mL

1年持続タイプ
1本 120,000円
長期持続タイプ
1本 150,000円
くま治療
(ボライト)

1本
150,000円
リデンシティⅠ
(1本 3.0mL)

顔・首   1本
150,000円
肘・膝   1本
120,000円

(税抜)

お顔のバランスを取りながら治療を行いますので、1本のヒアルロン酸であっても複数箇所を治療させて頂くことが多いです。

残ったヒアルロン酸は1ヶ月間、お取り置きします。

(税抜)


ベビーコラーゲン

池上以外の医師による治療池上による治療
140,000円170,000円

(税抜)

残ったベビーコラーゲンは3ヶ月間、お取り置きします。(針代は別途2,000円かかります。)