ハイフHIFUキービジュアル
ハイフHIFUキービジュアル

ハイフHIFU

ハイフHIFU

ハイフHIFUはたるみを引き締めます

加齢ともに皮膚・筋肉・皮下組織が歪み、その結果、お顔がたるみます。

ハイフHIFUはお肌を傷つけることなく組織に熱刺激を与えることでタイトニングし、お顔全体をリフトアップする、今、世界中で大人気の切らないフェイスリフト治療です。

ハイフHIFUのイメージ写真

ハイフHIFUは痛くて効果がない?

「ハイフHIFUは痛くて値段が高い割にあまり効果がない」とネガティブな印象をお持ちかもしれません。

ハイフHIFUは機種や照射方法によって効果や痛みが変わります。当院では熱エネルギーを線状(リニア)ではなく点状に集中させることで、痛みを抑えつつ高いパワーを照射できるHIFUハイフシステムを採用しました。

肌の深い層〜浅い層まで、広いレンジで出力を設定できます。お顔の状態に合わせて照射方法をデザインし、トレーニングを受けた医療有資格者が丁寧に治療を行います。

ハイフHIFUのイメージ写真

ハイフHIFUとは?

ハイフHIFUは、High-Intensity Focused Ultrasound(高密度焦点式超音波)の略です。

胎児の検査(エコー検査)で使用される程、安全性が高い超音波ですが、エネルギーを集約させることで結石を破壊する程の大きな熱エネルギーに変わります。ハイフHIFUは超音波を高密度に集束させて、ターゲットをピンポイントで加熱して熱変性を起こさせてタイトニングへと導きます。筋膜や脂肪、皮膚の真皮層など、鍛えたい部分だけにピンポイントで照射することができ、肌の表面は影響を受けませんから、安全かつ効果的に組織を鍛え、たるみを改善することが可能です。


ハイフHIFUの効果

  • たるみの改善
  • フェイスラインの引き締め
  • ほうれい線、目の下のクマ、マリオネットラインの改善
  • 小顔効果
  • 肌のハリの回復

こんな人におすすめ!

  • 顔全体のたるみが気になる
  • 肌のハリがなくなってきた
  • 二重アゴが気になる
  • 痛みが少ない若返り治療を希望する
  • ダウンタイムのない方法でたるみを改善したい
  • 人に気付かれずに若々しくなりたい
  • お肌を若々しい状態にキープしたい
  • たるみを改善したいが注入治療や手術に抵抗感がある
  • 従来のレーザー治療では効果を感じない

ハイフHIFUが今までのたるみ治療と大きく違う点

 

1.SMASまで働きかける

今まで外科手術(フェイスリフト)でなければ難しかったSMAS(筋膜)と呼ばれるお顔を支える組織への治療がハイフHIFUによって可能となり、たるみ治療は新しいステージを迎えました。
コメカミからフェイスラインにかけて、SMAS(表在性筋膜)と呼ばれるコラーゲンでできた筋膜が表情筋を包んでいます。SMASが緩むとお顔全体がたるみます。外科手術(フェイスリフト)では皮膚と同時にSMASの引き上げを行いますが、たるみ治療の鍵を握るのがSMASなのです。当院のハイフHIFUではSMASまで熱エネルギーが届くよう、専用のアプリケーター(4.5mm)を使ってしっかり照射します。

2.高い出力での治療が可能

ハイフHIFUは超音波のエネルギーを1点に集中させるため、肌表面(表皮)にはダメージがありません。従来のたるみ治療では表皮も熱エネルギーが当たるために強い痛みを伴い、炎症による赤みや火傷のリスクがありました。HIFUハイフは肌表面が影響を受けませんから、高いエネルギーで治療しても痛みが抑えられ、やけどの心配がありません。

3.頬の脂肪組織を減量

ボディの部分痩せ目的でハイフHIFUを使って皮下脂肪を熱破壊する治療がありますがライポソニックス同様の原理でお顔の皮下脂肪を減量します(痩せ型の方は脂肪層への出力を落とし、脂肪量を維持させるよう治療します)。

4.コラーゲン生成を促進

ハイフHIFUにより組織の温度は瞬間的に65℃~75℃まで上がります。これはコラーゲン生成に最も適した温度と言われています。コラーゲンが増えることでモチモチした若々しい肌が蘇り、より高いリフトアップ効果が期待できます。


3層に働きかけるハイフHIFU 〜リフテラV〜

当院のハイフHIFU(リフテラV)はたるみの大きな原因である筋膜・皮下組織・皮膚の老化に着目した医療用たるみ治療機器です。4.5mm, 3mm, 1.5mmの深さをターゲットにした3種のアプリケーターを使い、深層から順に治療を進めます。


1. 4.5mm ターゲット:筋膜(SMAS)

SMASは筋肉を包むコラーゲンでできた線維膜で、輪郭形成の上で重要な組織です。SMASを引き締めて、フェイスラインを持ち上げます。


2. 3mm ターゲット:皮下組織=リガメント(支持靭帯)、皮下脂肪など

・リガメント(支持靭帯)は皮膚を骨や筋肉に固定している繊維組織です。リガメントがゆるむとたるみが強くなります。ハイフHIFUはリガメントを鍛えてお顔を支える力を強化します。
・エイジングとともに下垂した脂肪をハイフHIFUの熱刺激で減量します。気になる二重アゴが改善し、小顔効果が得られます。


3. 1.5mm ターゲット:真皮層

お肌(真皮層)のコラーゲンやエラスチンが減少すると支える力が減り、たるみが強くなります。真皮層にハイフHIFUで熱刺激を与えることでコラーゲンとエラスチンが増えて、たるみが改善するだけでなく、肌のモチモチ感が蘇ります。
* 直後から効果を実感できますが、コラーゲンが増えるため2〜3ヶ月で最大の効果が得られます。
* 組織を効果的に鍛えるためには3ヶ月おきの定期的な治療が有効です。

ハイフHIFUのイメージ写真


マグノリア皮膚科クリニックのハイフ(HIFU)の特徴

ハイフHIFUは機種や当て方によって治療効果に大きな違いが出ます。当院のハイフHIFUは次のような特徴があります。

1.筋膜(SMAS)まで働きかけて抜群のリフトアップ効果

SMASのタイトニングがたるみ治療の鍵を握ります。当院ではSMAS届く専用プローべを使用して高い出力でSMASを狙い撃ちします。

2.コラーゲン増加でモチモチ肌に

ハイフHIFUが肌の温度を瞬間的に65〜75℃まで上げます。これは線維芽細胞がコラーゲン生成を促進される温度です。効率良くコラーゲンが増加し、ハリ感のある若々しい肌が蘇ります。
直後からモチモチ感を実感できる方が多いですが、線維芽細胞がコラーゲンを作るまで時間がかかりますので、2〜3ヶ月後に最大の効果が得られます。
当院では真皮層専用のプローベ(1.5mm)を使用してお顔全体にしっかりHIFUを照射します。

3.細かいところも治療が可能

当院で使用するHIFUハイフ(リフテラV)は肌への接着面が小さく、目周りや鼻横、口周りなどの細かい部分も安全に治療することができ、フェイスラインに沿った治療も可能です(ヘッドが大きいハイフHIFUでこういった部分を治療すると火傷のリスクが高まります)。
目周りにHIFUハイフを照射することで目の重さが改善する効果があり、鼻の横はほうれい線の軽減に効果的です。

4.痛みを抑えた最新システム

従来型のハイフHIFUは線状(リニア)に熱エネルギーが放出されますが、当院のハイフHIFU(リフテラV)は点状にエネルギーが集まります。リニアに比べて一度に照射される範囲が小さく、高い出力で当てても痛みが抑えられます。今までハイフHIFUの痛みに耐えられなかった方も、点状ハイフHIFUであれば大丈夫という方が多いです。

5.トレーニングを受けた有資格者が丁寧に照射します

ハイフHIFUは施術のやり方によって効果に大きな違いが現れます。
当院では最大の効果が得られるよう、医師がお顔の状態を拝見して、安全かつしっかり引き上げるようにデザインした上で、トレーニングを受けた看護師が丁寧に照射します。たるみが強い部分は重ね打ちし、脂肪の多い部分は高い出力で照射するなど、オーダーメイドの照射を行います。

ハイフHIFU(40代女性)

ハイフHIFU治療症例写真

治療1回直後。たるみが改善して顎下のもたつき(二重アゴ)が改善しています。


ハイフHIFU(40代女性)

ハイフHIFU治療症例写真

ハイフHIFU治療症例写真

ハイフHIFU治療症例写真

治療1回直後。たるみが改善してフェイスラインがスッキリしました。目の下のクマ、ゴルゴライン、マリオネットラインなども目立たなくなりました。


ハイフHIFU(50代女性)

ハイフHIFU治療症例写真

ハイフHIFU治療症例写真

ハイフHIFU治療症例写真

治療1回直後。たるみが改善してフェイスラインがスッキリしました。目の下のクマ、ゴルゴライン、マリオネットラインなども目立たなくなりました。


ハイフHIFU(20代女性)

ハイフHIFU治療症例写真

ハイフHIFU治療症例写真

ハイフHIFU治療症例写真

治療1回直後。たるみが改善して立体感のある小顔になり、目が大きくなりました。


ハイフHIFUの安全性について

ハイフHIFUで使用する超音波は放射線の被曝の心配がなく、妊婦さんにも使用される安全性が高い機器です。
医療用ハイフHIFUは非常に高い出力を出すことができ、高い効果を出すことができる一方で、使い方を誤ると火傷、神経の損傷などのリスクがあります。当院では安全のために解剖の知識のある医療従事者が適切に治療を行います。


施術の流れ

診察

Step1 診察

医師がお肌の状態を確認し、治療方針についてお話しいたします。


クレンジング

Step2 クレンジング

メイクを落とします。


写真撮影

Step3 写真撮影

状態を把握するために、治療前後のお写真を撮らせていただきます。


デザイン

Step4 デザイン

医師がお顔の状態に合わせて照射デザインを行います。


ハイフHIFU照射

Step5 ハイフ(HIFU)照射

お顔にジェルをのせてHIFUハイフを照射します。施術時間は30分程度です。


治療時間:約45分(クレンジングなどを含む)
痛み:部分的に痛みや痺れを感じることがありますが、我慢できる程度です。
治療の間隔:3ヶ月おきの治療がおすすめです。
ダウンタイム:数日、筋肉痛のような軽度の鈍痛やしびれを感じることがあります。


ハイフHIFUが受けられない方

以下に当てはまる方は施術ができないことがありますので、カウンセリングの際にご相談ください。

  • 妊娠中の方
  • 治療部位に金属プレート・金属糸を入れている方
  • 1週間以内にヒアルロン酸注射、ボトックス、糸治療や
    レーザー治療をお受けになった方
  • 3ヶ月以内にフェイスリフトなどの手術をお受けになった方
  • 体内にペースメーカーや埋込式徐細動器を使用している方
  • その他、ご病気のある方はご相談ください

【診療料金】 初診・再診料

  料金(税抜)
初診・カウンセリング 3,000円
再診・技術料 2,000円
English Counseling
※Health Insurance Not Covered
5,000 yen

(税抜)

初診・カウンセリング料、再診・技術料が治療費とは別にかかりますことをご了承下さい。
※当院の治療費・薬料金は全て保険外診療です。健康保険が効きません。

【診療料金】ハイフHIFU

  料金(税抜)
全顔(顎下も含みます) 100,000円

(税抜)

ハイフHIFUのコンテンツ