切らないフェイスリフトとポニーテールリフト

2017年09月23日

最近、ポニーテールリフト(ヒアルロン酸注入のやり方の一種)
の新しいやり方を開発して、
それがリフトアップ効果が絶大なので、
ポニーテールリフトばかりやっているという感じですが、
1DAYリフトをやると、
「やっぱり1DAYには1DAYの良さがあるな〜」
と実感します。
3dリフト前のたるみ写真3dリフト後の写真 向かって右は1DAYリフト1ヶ月後の写真です。
(写真を撮るときの光の条件が違っています、ごめんなさい!)
頬のたるみが改善してフェイスラインがスッキリして
お顔がシャキッと小さくなっていますね。
 
1DAYリフトの良い適応は…
お顔が肉厚で、ヒアルロン酸注射ではボリュームが増しそうな場合
ヒアルロン酸によるリフトの良い適応は…
顔のたるみと同時に痩せがあるタイプ
と大まかに分けることができます。
 
1DAYリフトの良いところは
とにかく糸に引っ掛けて組織を持ち上げる力技!
本数を使えばかなりリフトアップ効果もあり、
時間の経過とともに自身のコラーゲンが増えますから、
自力のホールド力も出てきて、
より高いリフト効果が期待できます。
 
ヒアルロン酸注射の良いところは
リフトと同時にお顔のバランスをデザインできること。
そしてダウンタイムが少ないところ。
ボリューマを使うと効果が2年持続するところ!
 
料金的はどちらもあまり変わりません。
お顔の状態を見ながら相談して治療方針を決定します。
ポニーテールリフトの進化版のモニター様写真は、
また近々ご紹介する予定です♪

_________________
ブログランキングに参加しています。
2つクリックして頂けると励みになります★
ブログランキング・にほんブログ村へ  

この記事の関連キーワード

関連記事

人気記事

池上 彩子
Saiko Ikegami.M.D., Ph.D.

マグノリア皮膚科クリニック
医師、医学博士

カテゴリー

Magnolia Skincare Clinic
Official Accounts

  • インスタグラム
  • Twitter
  • Facebook
< ?php wp_footer(); ?>