ヒアルロン酸の恐ろしい事故

2016年01月30日

IMCAS(イムカス)では
ヒアルロン酸注射の副作用についての講義もありました。
ヒアルロン酸の副作用には
皮膚が死んでしまう皮膚壊死
視力が落ちてしまって最悪の場合は失明
脳梗塞の報告もあります。
学会でこういった症例の恐ろしい話を聞いたり写真をみる度に
震え上がりますし、気が引き締まります。
皮膚壊死や失明、脳梗塞などの恐ろしい副作用はどれも、
ヒアルロン酸を誤って血管に注入することで起きます。
ヒアルロン酸に限らず、
脂肪注入(自分の脂肪でも!)でもレディエッセでも報告されています。
血管を詰まらせる可能性のある注入物であれば
どんな製剤でも壊死、失明の可能性があるのです。
ですから一時期問題になった
ヒアルロン酸を手に入れて自分で注射する、
なんて自殺行為で本当に恐ろしいことだと思います。
 
どんなに気を付けても
リスクを0%にすることはできませんが、
限りなく0に近付けることはできますし、
万が一のときには早く適切な対応を行うことで
ダメージを最小に留めることが可能です。
そのために努力するのは
美容医療に携わる医師の義務です。
 
まず、壊死や失明、脳梗塞を防ぐためには
施術する医師が
顔面の解剖をしっかり勉強していることが
非常に重要です。
大切な血管がある場所が分かっていれば
それを傷つけないように針を進めることができます。
ただ問題は、
教科書通りに血管が走っていないanomalyが多々あることです。
なので注入テクニックも同じ位、大切です。
注入する場所や深さ、
針を進める角度、
血管に入っていないかを確認すること、
ゆっくり少量ずつ注入すること、
カニューレ(鈍針)を使うことなどが有効です。
 
韓国では去年だけで
ナント40人以上(!)の失明の報告があったそうです。
数年前に調べたときの失明数は、
世界中で10名以下だったと思うので、
その数の多さにビックリしました。
手軽な美容整形ということで
きちんとした知識が無かったり、
技術の未熟な医師がヒアルロン酸注射を行うことは
大きな問題だと思います。
 
また、生産段階でヒアルロン酸製剤に雑菌が混入していて
死亡した例も報告されているそうです。
厚労省やCEやFDAの認可を受けているような
ヒアルロン酸製剤では
このようなトラブルは報告されていません。
私は去年、スイスのヒアルロン酸生産工場を見学に行きましたが、
それはそれは厳重な安全管理の元で作られていました。
あの環境で作られた製品であれば、
「このシリンジの中に菌が混入しているんじゃないか」
なんて余計な心配をしないで
安心して治療できると思いました。
原価が安いからと
品質の低いヒアルロン酸製剤を使うのではなく、
キレイに仕上げるためにも
安全面でも
信頼性の高い製品を使うことが重要です。
 
そして、想像するのも恐ろしいですが、
万一、トラブルが起きてしまった時は
なるべく早く、ヒアルロン酸溶解剤で溶かして
血流を再開させることが何より大切です。
以前参加した学会では
オーストラリアのドクターが
「バックルームには必ず
精神安定剤とヒアルロン酸溶解剤を用意しておきなさい。
万が一のときは、まずは精神安定剤をゴクンと飲みなさい(笑)。
そして溶解剤を注射しなさい」
と言っていました。
私も万が一のときに備えて
ヒアルロン酸溶解剤は常に冷蔵庫にストックしています。
 
ヒアルロン酸注射は腱鞘炎になるほど
毎日、何人にも行っていますが、
毎回毎回、
治療をお受けになる患者さまと同じ位、
緊張感を持って治療をしております。
 
ここまで怖い話をたくさんしましたが、
ヒアルロン酸は適切に治療を行えば
やはり安全性が高くて手軽で、
アンチエイジングには必要不可欠な治療のひとつだと思います。
私自身もスタッフも定期的に行っています。
大切なことは
安さに飛びつかずに
信頼できる医師を選ぶことだと思います。
【 ヒアルロン酸注射の詳細はこちらをご覧下さい 】

★☆★☆★☆★☆★☆

Sさまから頂きました
生姜の力生姜の飲み物と
ホテルオークラのチョコレートホテルオークラのチョコレート。
冷え性なので生姜は嬉しいです。
ありがとうございました!
Sさま、今回は目元にベビーコラーゲンを注入させて頂いて、
目元がピンッとされました🎵
こんな嬉しい感想を頂きました。
『先生にとってのパーフェクトではなく、
患者である私たちにとってのパーフェクトはなんであるかを
いつも考えて治療して下さる先生には
いつも頭の下がる思いをしております。
心より感謝しています!!』

ありがとうございます!

_________________
ブログランキングに参加しています。
今日も2つクリックして頂けると励みになります★
ブログランキング・にほんブログ村へ  

この記事の関連キーワード

関連記事

  • 硬くて柔らかいヒアルロン酸

    2019/01/19

    先日、おでこのヒアルロン酸注入について書きましたが、 私は最近、おでこにはアラガン社のヒアルロン酸、 ボリュー...

  • 唇のヒアルロン酸注射で若返る

    2019/10/08

    以前、口周りに年齢が強く出る、ということを書きました。 (その時の記事はこちら≫『どこに30歳の年齢差が現れる...

  • ビスタシェイプでなんとなくキレイ!

    2016/01/13

    ヒアルロン酸によるリフト(ビスタシェイプ) をされた患者様のご紹介です。  右が治療後です。 この方...

  • ヒアルロン酸でセルフイメージに近付ける

    2020/10/16

    治療前は目の下のくまが目立ち、疲れた印象や自信のない印象、 寂しそうな印象がありましたが、 治療後はより、ご本...

  • 男性だって美容医療の時代です♪

    2015/07/19

    男性の患者様も多い、とお話すると 「美容治療を男性も受けるんですか?」 とビックリされることがありますが、 患...

  • お花の手入れ

    2014/07/05

    誕生日に頂いた大量のお花。 大好きな花をなるべく長持ちさせたいので、 毎朝、茎を洗って痛んだ部分をカットして ...

人気記事

池上 彩子
Saiko Ikegami.M.D., Ph.D.

マグノリア皮膚科クリニック
医師、医学博士

カテゴリー

Magnolia Skincare Clinic
Official Accounts

  • インスタグラム
  • Twitter
  • Facebook