ケミカルピーリングでにきびのできにくい肌に!

2015年03月10日

ケミカルピーリングでニキビの治療をされた方です。
にきびとにきび跡こちらは治療前の状態です。
ホルモンバランスを整える飲み薬とケミカルピーリングで
治療を開始しました。
にきびをケミカルピーリングで治療4回目のケミカルピーリングが終わったところです。
新しいニキビが減って、にきび跡も目立たなくなっています。
ケミカルピーリングの効果10回のケミカルピーリングが終了しました。
ツヤのあるキメが整ったきれいな肌質になりました♡
 
より肌をなめらかにキレイにしたい場合は
フラクショナルCO2レーザーで凹凸を目立たなくすることもできます。
 
難治性のにきびは、
保険診療でカバーできる薬(抗生剤やディフェリンゲル)
だけでは限界があって、
効果を出すことが難しいことがあります。
 
内服剤やケミカルピーリング、レーザーなど、
肌の状態に合わせて治療を行うことで
効率良く肌を綺麗にすることが可能です。
 
にきびの炎症が長引くと肌に凹凸が残ってしまい、
クレーターを目立たせなくするのは大変ですので、
なるべく早めにニキビを治して、
ニキビの出来にくい肌質に改善することが大切です。
 
【 ケミカルピーリングの詳細はこちらをご覧下さい 】
 

_________________
ブログランキングに参加しています。
今日も2つクリックして頂けると励みになります★
ブログランキング・にほんブログ村へ  

この記事の関連キーワード

関連記事

人気記事

池上 彩子
Saiko Ikegami.M.D., Ph.D.

マグノリア皮膚科クリニック
医師、医学博士

ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります★

にほんブログ村 美容ブログへにほんブログ村 美容ブログ 美容皮膚科へ 人気ブログランキング

にほんブログ村、読者登録はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

美容皮膚科女医のブログ - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリー

Magnolia Skincare Clinic
Official Accounts

  • インスタグラム
  • Twitter
  • Facebook