数値規制のパブリックコメントが始まりました〜11月17日(火)締切

2020年11月09日

数値規制についてのパブリックコメントが始まりました!
締め切りは11月17日(火)です。

  》 環境省 パブリックコメント募集ページ

あとで見本の文章のリンクを付けますが、
提出方法が文字数の制限があったりとややこしい部分もありますので、
ギリギリではなく、時間に余裕を持って提出をお願いします!

パブコメ
パブコメを書くのが面倒なの、よく分かります!
でも、私たちが動物たちのためにできることは限られています。
パブコメを提出する、たったそれだけの手間暇を惜しんで行動しないのは、
可哀想と思わない人たちと何ら変わりません。

自分一人がやってもやらなくても、何も変わらない、
その考え方は自分への言い訳にすぎません。
その考え方のパターンから抜け出さないと、あらゆる大切な選択を自分しないで
他の誰かの選択に委ねることになります。

ちょっとだけ、時間を割いて、動物達の為にできることを今、行動に移してください!
よろしくお願いします。 
 
 
何度かこちらのブログで書かせていただいた数値規制について、
改めて簡単に説明させて頂きます。

日本ではペットを迎える時、ペットショップで好きな子犬・子猫を購入するのが一般的です。

残念なことに、動物が命としてでなく、商品やモノとして扱われているのが今の日本です。

消費者の多様なニーズに応えるべく、
色々な種類の子犬や子猫が大量に、コストを抑えて生産されています。

その結果が劣悪な環境でのブリーディングです。

子犬や子猫をひどい環境で無理やり繁殖させて、
オークションを経由してペットショップで販売します。

繁殖場から小売までの輸送過程だけで年間、約2万5千匹が死亡しています。
子犬を搬送する箱が山積み
子犬が野菜や果物のように、小さな箱に詰め込まれて、山積みにされて運ばれるのですから、
脱水や熱中症で死んでしまうのは無理もありません。
免疫のまだしっかりしていない子達なので感染症も横行します。
 
これまで行政は、業者に「常識的な範囲での飼育をやってください」とお願いすることしかできず、
悪徳業者を適切に指導することもできませんでした。

諸外国に倣って、この基準を満たさなければ違反、
という具体的な数字を作って
現在の劣悪な愛玩動物環境を改善しよう、というのが今回の数値規制です。
 
業者側は、ありとあらゆる手を使って改正を阻もうとしています。
 
1.数値規制を作れば沢山の失業者が出てしまう
2.多くの繁殖犬猫が行き場を無くしてしまう
3.ペットの小売値段が高くなってしまう
というのが業者の主な言い分のようですが、

1.沢山の失業者が出てしまう
数値規制では、決して無茶な取り締まりを要望している訳ではありません。
必要最低限の環境を整えて、ルールを守り、
動物の健康を守ってください、とお願いしているのです。
それができない業者は動物取扱業を続けるべきではありません。

2.多くの繁殖犬猫が行き場を無くしてしまう
数値規制が施行されると、
今まで劣悪な環境で動物を取り扱っていた業者が廃業に追いやられ、
保護しなければならない動物の数が一時的に増えることは予想されますが、
10月に行われた動物愛護部会で長田室長が
「“13万頭が路頭に迷う” とあるが、この推測はブリーダーが努力を怠った場合に過ぎない」
と仰った通りだと思います。

動物取扱業者や動物愛護団体、ボランティア、行政が協力して
解決に取り組まなければなりません。

ここを通過しなければ、蛇口を閉めることができません。
蛇口を閉めなければ、ボランティアや愛護団体が一匹一匹助けても、キリがありません。

3.ペットの小売値段が高くなってしまう
高くなれば良いではないですか。
適切にブリーディングされた犬が適正価格で販売されるべきだと思います。

個人的には諸外国のように店頭販売は禁止されて、
ブリーダーに直接買いに行ったり、
保護犬・保護猫をチョイスすることがもっと一般的になって欲しいと思いますが、
これは段階的な話だと思います。
 

 
一人でも多くの方がパブリックコメント(パブコメ)に参加して
動物の現状改善にお力添えくださいますようよろしくお願いします!

PCからでも携帯からでも、郵送でも送れます。

こちらが環境省が現在出している案です。
 ≫ 数値規制環境省令案
 
そして以下は3つのパブコメ例文です。

私は3つの意見を参考に、自分の意見をプラスしてパブコメを提出しようと思っています。

1)Evaさんのパブコメ例文
2)風太くんママさんインスタ
 5枚目から例が手書きで書かれています。
3)アニマルライツセンターさんパブコメ
 とてもシンプルです。

また別の良い見本文を見つけましたらブログに載せます。

書き方のルールに乗っ取らなければ無効になってしまいます。
せっかくですので、しっかり提出方法を読んで提出お願いします!

こちらにパブコメの書き方の詳細書かれていましたので
リンク貼らせて頂きます。
ご参照なさってみてください。
 ≫ 数値規制パブリックコメント

 

_________________

ブログランキングに参加しています。
2つクリックして頂けると励みになります★
ブログランキング・にほんブログ村へ  

 


関連記事

  • ぜひご覧下さい♡ (再放送のお知らせ)

    2012/01/27

    世界一動物福祉が進んでいると言われる国、 どこかご存知ですか? 答えはドイツだそうです。 ペットは家族という考...

  • 熊本で食べたもの・行ったところ

    2020/02/29

    今回の熊本は、お正月にヴィーガン生活をスタートして 初めての旅行でした。 旅行の間だけヴィーガンをやめるチョイ...

  • ランコントレ・ミグノンのグッズ販売会

    2012/06/08

    マグノリア皮膚科クリニックがスポンサーしている 動物愛護団体 ランコントレ・ミグノンさんが クリニックからすぐ...

  • お日様を追いかけて

    2013/02/26

    キャスパーの日課はお日様との追いかけっこです。 日が差す場所を求めて 移動しながら寝んねしてます。 紫外線を忌...

  • 危険!日中の犬の散歩

    2019/08/20

    海に行った日、午前は曇っていましたが、 午後からは日差しが強くなって、35度を超えました。 砂浜はとても暑くて...

  • 災害時のペット保護

    2012/02/29

    明日から3月だというのに、東京では雪が積もっています。 こんなに悪天候で電車の遅延があったにもかかわらず、 足...

人気記事

池上 彩子
Saiko Ikegami.M.D., Ph.D.

マグノリア皮膚科クリニック
医師、医学博士

カテゴリー

Magnolia Skincare Clinic
Official Accounts

  • インスタグラム
  • Twitter
  • Facebook