目の上のくぼみ

2010年09月05日

昨日の目の下のクマに引き続き、
今日は目の上のクボミについて ♪
目の上の適切なボリュームは
顔を若々しく見せる上で
とっても大切なポイントだと思います。
西洋人の中には若い頃から目の上にクボミがある方もいらっしゃいますが、
彼らには深~いホリがある訳で、
我々アジア人とは骨格が違います。
アジア人は、ある程度、目の上がふっくらしていなければ、
老け顔になってしまいます。
目の上が凹んで
「ホリが深くなった」
と喜んでいてはいけませぬ (´▽`;)ゞ
私も目の上の痩せが気になってきました。
朝は調子良いのですが、
午後になると目の上が凹んできて、
目が重く疲れてくるのです。
で、ヒアルロン酸を入れました。
bfr_eyelid.jpg治療の前です。
老け顔でイヤになっちゃいますね~ ΣΣ(・c_,・。ノ)ノ
aft_eyelid.jpgこちらは治療直後。
ちょっと腫れぼったいですが、
24時間程度でスッキリします。
この程度の腫れなら
「昨夜ちょっと飲みすぎちゃって…」
とでも言っておけばごまかせます (*゚ー゚*)
午後になると目が重く疲れるのもなくなりました ♪
目の上のヒアルロン酸注射は
やり方によっては凹凸が出たり、不自然な仕上がりになるなど、
トラブルが起きやすいため、
「目の上にはヒアルロン酸を注入してはいけない、
禁忌(注射してはいけない)だ」
とおっしゃる先生も多いのですが、
皮下組織の硬さに合ったヒアルロン酸製剤を選んで、
適切な深さに適量を入れれば大丈夫。
私は週に何人もの患者様に
目の上のヒアルロン酸注射を行っていますが、
全く問題ありません。
中には持続時間が短い人がいるという問題点がある位です。
ちなみに…
これはダーマローラー3日目の写真でもあります。
ダーマローラーのやり方を工夫して、
今までのような赤みや乾燥感がほとんどなく、
しかも効果は今まで以上に出るようになりました ( ´艸`)
こちらについてはまたの機会に詳しく書きますね!


この記事の関連キーワード

関連記事

人気記事

池上 彩子
Saiko Ikegami.M.D., Ph.D.

マグノリア皮膚科クリニック
医師、医学博士

カテゴリー

Magnolia Skincare Clinic
Official Accounts

  • インスタグラム
  • Twitter
  • Facebook