美容皮膚科の検索結果(51件)

患者様からのお便り2

2011年06月03日

先日ボトックスを注射させて頂いたT様から
お便りを頂きました。
『池上先生、先日はボトックス治療有り難うございました。日を追う事に、若い時からあった額のしわが薄くなって行くのが判り嬉しい限りです。
これまで、敷居の高かった美容皮膚科のイメージが大きく変わり、もっと早く出会っておけば良かった・・と。でも出会えたからには私の老後に向けてのモチベーションは上がって行くばかりです。
いつも感心するのですが、受付のスタッフ、施術して下さるスタッフの方皆さんとっても感じが良くて・・きっと先生の患者様と日々向き合う姿勢の表われなのでしょうね。
私も開業医の主人の雑事で毎日職場に通っていますが、一番の悩みはスタッフ教育です。毎日の流れの中で、医療もサービス業の一つであると言う事をスタッフ達にうまく伝わらず、時々患者様から苦言を頂戴致します。 
医療提供の患者満足度とクリニック全体の雰囲気を良くする事の難しさを痛感しております。』
私も、若いときから額にシワが目立つタイプだったので、
嬉しいお気持ちよ~く分かります!
多くの患者様が
「年を重ねるのが怖くなくなった」
とおっしゃいます。
年齢を感じて人生をあきらめてしまうのは寂しい。
いくつになっても現役でいられるって
素晴らしいことですよね (・∀・)♪♪
接遇は私達にとっても大きな課題です。
開業以来、
患者様たちからのアドバイス、
ときには厳しいお叱りを頂いて、
それを糧に、少しずつ改善を重ねてきました。
(今思えば、以前はダメダメだったなぁと思うところが多々あります(;´д`) )
最近はお褒め頂くことも多く、
「スタッフ教育はどうされているんですか?」
「外部からマナー講師を入れているんですか?」
など、質問されることもあり、
誇らしく思っています( ´艸`)
当院では特別なことは行っていませんが、
「患者様の立場になって動こう」
「喜んで頂こう」
「満足してお帰り頂こう」
日々、スタッフ間で確認しています。
まだまだ至らない点はたくさんありますが、
今後、更に満足頂ける医療と接遇を目指して、
日々努力して参ります!
T様、ありがたいお便りをありがとうございました♪


ありがとうございます

2011年04月05日

ひげの脱毛をお受けになっている息子さんのご紹介で来院された患者様が、
ヒアルロン酸注射フォトRFをお受けになりました。
そして、とってもうれしいお便りを下さいました。
『治療を終了し、帰宅して早速再度先生のブログを読み返してしまいました。数ある美容皮膚科の中からマグノリアクリニックと出会えた事、先生の真摯な患者さんと向き合う姿勢を目の当たりにして満足のいく結果を出して下さった事に感動すら覚えております。
又、スタッフの皆様の丁寧な対応と笑顔にも感心してしまいました。マグノリアクリニックが患者様の口コミで大人気なのも納得です。更年期に加え老化した顔を見る度に憂鬱でしたが、今日はとっても幸せな気持ちになりました。思い切って行動して本当に良かったです。次回伺うのが今からとっても楽しみです。有り難うございました。』
クリニックに足を運んでくださった患者様が
治療によってコンプレックスや悩みの重荷が軽くなって
毎日が楽しくなった!
という声を聞くほどうれしいことはありません。
とっても励みになりました!
こちらこそ、本当にありがとうございました!!


もみじ饅頭

2010年05月12日

今日のオヤツは
広島からいらっしゃったF様が持ってきて下さった
もみじ饅頭です。
もみじ饅頭
F様、ありがとうございました ♪
私は岡山大学の出身で、
広島の病院にも2年間勤めていました。
そういったご縁か、
中国・四国地方から通ってくださる患者様が
たくさんいらっしゃいます。
数ある美容皮膚科の中から
マグノリア皮膚科クリニックを選んで
遠方から通って頂けることは
本当にありがたいことです。
F様がお受けになったのは、
二の腕のブツブツ(毛孔性苔癬)をきれいにするダーマローラーです。
ボディーのダーマローラーは、
1回1回の効果をしっかり出すために、
ある程度強めに治療させて頂きます。
治療後は、お肌が真っ赤になってジクジクと出血しますし、
カサブタができたり、
お肌の表面が脱皮のようにポロポロ剥けたり…
かなり激しく反応を起こしますから
最初は皆様、びっくりされますが、
その分、満足感も高い治療です。
腕や背中のブツブツで長くお悩みの方はぜひ、
ご相談下さい (*゚∀゚*)


ベストなスキンケアとは?

2010年01月19日

先日取材をお受けしていた宝島社から
雑誌『大人のための美人ヘアカタログ』が届きました。
雑誌大人のための美人ヘアカタログ 普段のスキンケアについてお話しています。
私はもともと、自慢できる肌ではなくて、
「肌を何とかしたい!」
という所から美容皮膚科に興味を持ち始めました。
きれいな肌に生まれていたら、
美容皮膚科の道には進んでいなかったかもしれません。
そんな私が実行してきたスキンケアは、
『攻め』のスタイルです。
凹凸が少なく、
キメが整っていて、
色ムラが少なく、
ツヤのある憧れの肌に少しでも近づくように
積極的に肌の入れ替えを促すケアを
日々取り入れています。
具体的にはケミカルピーリングダーマローラー
イオン導入トレチノイン・ハイドロキノンの外用などです。
肌が疲れているな、というときはお休みして、
回復したらまた攻めます。
有効成分もドンドン入れます。
こうして少しは肌の状態が改善したと思います。
シミもシワもたるみも、
5年前より少なくなったと思います。
でも、まだまだ理想には程遠い状態です。
今後も
「5年後はもっと良い肌」を目指して、
攻めの姿勢を続けようと思っています。
ただ、
時間の経過とともに私の肌も変化して、
穏やかなスキンケアを求め始めるかもしれません。
肌に合っていないのに『攻め』のケアを続けていたら、
逆に肌に良くありません。
「これがベスト!」
という万能スキンケアは無いように思います。
肌質や年齢、状態に応じて、
自分に合った方法をチョイスするのが一番大切だと思いますよ♪
今回の取材では
プライベートのこともちょこっと入っていて、
捨て犬保護のことについてお話しました。
少しでも多くの方に
ペットブームの影で
人知れず消される多くの命がある現実を
知って頂きたいと思います。
私の愛犬キャスパーもCATNAPにお世話して頂いた保護犬ですが、
今回の雑誌に登場させてもらいました ♪
いつでも里親募集中


病気が隠れていることも…

2009年09月18日

当院は美容皮膚科ですが、
患者様にご病気が見つかることがときどきあります。
先月は、バセドー病(甲状腺機能亢進症)とパーキンソン病が見つかりました。
多汗症でいらっしゃる患者様で、
汗の原因がバセドー病だった、という方は、年に何名かはいらっしゃいます。
バセドー病では、汗が多くなる他、動悸、手の震え、イライラ、
体重減少などの症状がみられます。
疑わしい場合は血液検査をさせて頂き、
異常値が出た場合は、甲状腺専門の病院へ紹介します。
多くの方が、薬の内服で改善して、
数年で完治します。
パーキンソン病は、
バセドー病と同じようにふるえの症状が出ますが、
バセドー病とは震え方自体が違いますし、
震えの左右差があったり、安静にしているときの震えが大きいのが特徴的です。
受診なさったときに気になって、専門病院の受診をお勧めしました。
パーキンソン病が判明した患者様は、
「原因が分からなかった何年間かの方が不安だった。
何で私が?という気持ちはありますが、
原因が分かってすっきりしました。」
すくみ足の症状が出ていたので
「歩きやすい靴を買いました。」
「少しでも気持ちを明るく保つために美容治療は続けます。」
とおしゃっていました。
どんな病気でも、気持ちの持ちようによって経過に大きな差が出ると思いますし、
状況を少しでも良くしようという姿勢が、人生を良くすると思います。
彼女のように前向きに病気に向き合うことはなかなかできることではありません。
あっぱれです。
全力でサポートさせて頂きますね!


池上 彩子
Saiko Ikegami.M.D., Ph.D.

マグノリア皮膚科クリニック
岡山大学医学部卒業、医師、医学博士

カテゴリー

Magnolia Skincare Clinic
Official Accounts

  • インスタグラム
  • Twitter
  • Facebook