しみ治療キービジュアル
しみ治療キービジュアル

老人性いぼ治療(脂漏性角化症)

しみの状態に合わせた治療が美しい肌への近道です

老人性いぼ治療はレーザーでシミのない、明るくツヤのある素肌に!

体質的にできやすい方がいらっしゃいます

老人性いぼ(老人性脂角症)は、お肌の老化でできるイボです。『老人性』と呼ばれますが、早ければ20代から出現します。体質的に老人性いぼができやすい方の多くは、ご家族に『いぼ体質』の方がいらっしゃいます。

色が濃くなり、更に角質が厚くなって盛り上がり、表面がザラザラします。中には色がほとんどなく、盛り上がりだけがあるタイプの方もいらっしゃいます。


老人性いぼはレーザーで治療します

従来は老人性いぼを『液体窒素』で治療してきました。液体窒素は保険適用で安く治療できますが、深さの微調整ができません。きれいに治療したい方にはレーザー治療をお勧めします。炭酸ガスレーザーで慎重に治療すると、1週間で傷が目立たなくなります。

老人性いぼ治療イメージ写真

老人性いぼ治療(脂漏性角化症治療)の症例

 

老人性いぼ治療

老人性いぼ治療のイメージ画像

老人性いぼは炭酸ガスレーザーで適切に治療すると1週間で目立たなくなります。


脂漏性角化症の治療法


1. 炭酸ガスレーザー」による老人性いぼ治療

老人性いぼの根本治療です。色と隆起のどちらも解消するので、見た目も触り心地もスッキリします。 液体窒素と違い、深さの調節ができますから、繊細な治療が可能で、丁寧に治療すると治療跡が残ることもありません。 クリーム麻酔を使いますから無痛です。



2. Qスイッチレーザー」による老人性いぼ治療

老人性いぼの盛り上がりが少なければQスイッチレーザーという黒い色に反応するレーザーでの治療が可能です。 1週間程度かさぶたができます。



3. フォトRFによる老人性しみ治療

盛り上がりが少ない老人性いぼは、フォトRFでも治療が可能です。 フォトRFは美肌効果が高く、シミを薄くする他、くすみを改善し、肌のキメを整え、回を重ねるごとに肌質の改善を実感して頂けます。


老人性いぼ治療後のアフターケア

老人性いぼは治療後もメラニン(色素)を作る細胞(メラノサイト)が活性化していて、しみを再び作りやすい状態になっています。無防備に紫外線にあたると、せっかくきれいになったシミが再発します。 治療でキレイになった後は、効果を維持させるために日々のケアが欠かせません。正しいスキンケアで治療効果をなるべく長続きさせましょう。


1 紫外線対策

老人性いぼは紫外線で悪化します。紫外線はなるべく避けましょう。日焼け止めクリームは年間を通してご使用下さい。日差しが強い季節は、日傘やサングラス、帽子などを使うと更に安心です。


2 医療用美白剤

ルミキシル、あるいはハイドロキノンはしみを薄くするだけでなく、メラニンの産生を抑え、いぼの再発を予防し、新しいいぼを予防する効果もあります。特に治療後3ヶ月間は医療用美白剤をご使用になることをお勧めします。


3 保湿

肌の水分が不足すると肌のバリア機能が低下し、紫外線の影響を受けやすくなり、いぼの再発が起こりやすくなります。保湿はしっかり行いましょう。

あなたにぴったりの治療が見つかる

Dr.池上監修オンライン無料診断およそ30秒で診断結果が出ます