ヒアルロン酸注射症例集

たるみ治療・顔のバランスを整える注射治療
3年連続 アラガンビューティーアワード 受賞クリニック

目的の症例を探す

症例唇のヒアルロン酸注射

コメント

60代 女性
唇専用のヒアルロン酸(ボルベラ)を1本、唇に注入しました。 立体感のある若々しい唇になると同時に、口周りの筋肉の動かし方が若い頃に戻るのでお顔全体の表情が引き締まります。

ヒアルロン酸注射の詳細はこちら


プチ整形の詳細はこちら

リスク・副作用

注入時、多少の痛みがあります。内出血、赤み、腫れが出現する場合がありますが、翌日からメイクすることができます。

関連キーワード

症例ヒアルロン酸とボトックス注射で美肌・しわ改善

コメント

ボトックスはしわ改善のみならず、表情を作っていない時のお顔の造形まで改善できます。

コメント

余計な力をボトックスで抜いてあげると全体的にスッキリしたお顔へと変化し、さらにボトックスの美肌効果でキメが整ったツルンとハリがある印象になりました。

治療内容

ヒアルロン酸注射(長期持続型)とボトックス(眉間・額・顎・目尻)治療をお受けになりました。。

感想

『ボトックス、ヒアルロン酸を施術して頂きましたが、以前他院で施術してもらった時と全く異なる効果に驚きました。 自然であること、皮下出血が少なく、思った以上にキレイになりました。』

ヒアルロン酸注射の詳細はこちら

 

ボトックス注射の詳細はこちら

リスク・副作用

注入時、多少の痛みがあります。内出血、赤み、腫れが出現する場合がありますが、翌日からメイクすることができます。

関連キーワード

症例ヒアルロン酸とボトックス注射によるたるみ、しわ治療(40代女性)

コメント

ヒアルロン酸注射(長期持続型)で疲れた印象のあったお顔を全体に引き上げフェイスラインがスッキリした印象になりました。

コメント

眉間、額のシワや凹凸が目立たなくなり、顎も余計な力が入らなくなったため全体的に女性らしくシャープな印象のお顔になりました。

治療内容

ヒアルロン酸注射(長期持続型)とボトックス(眉間・額・顎)治療をお受けになりました。

感想

『周りの人から「きれいになった!」と言われてとても嬉しかったです。若々しくなれて本当によかったです。』

ヒアルロン酸注射の詳細はこちら

 

ボトックス注射の詳細はこちら

リスク・副作用

注入時、多少の痛みがあります。内出血、赤み、腫れが出現する場合がありますが、翌日からメイクすることができます。

関連キーワード

症例男性の注入治療

男性ヒアルロン酸注射ボトックス 男性ヒアルロン酸注射ボトックス

治療内容

30代 男性
長期持続型ヒアルロン酸を3本使用してフェイスリフト、アゴ・エラ・鼻の形成を行い、
眉間にボトックスを注射しました。

コメント

男性は男性らしさを強調して『カッコ良さ』を出しつつ、
目の下のクマやたるみを改善して若々しさ・元気さを演出します。
女性の注入法とは違う方法で治療致します。

感想

『いつも先生にはお世話になっております。
的確な治療ありがとうございます。効果は抜群です。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。』

ヒアルロン酸注射の詳細はこちら

 

ボトックス注射の詳細はこちら

リスク・副作用

注入時、多少の痛みがあります。内出血、赤み、腫れが出現する場合がありますが、翌日からメイクすることができます。

関連キーワード

症例ヒアルロン酸、ボトックスで立体的な小顔に

ヒアルロン酸とボトックスによるプチ整形 ヒアルロン酸とボトックスによるプチ整形 ヒアルロン酸とボトックスによるプチ整形 ヒアルロン酸とボトックスによるプチ整形

治療コメント

40代 女性
時間をかけて少しずつヒアルロン酸やボトックスで立体感のあるお顔に変化しました。
立体的でシャープな顔立ちになりました。

感想

『ご相談して、自分がふんわりと仕上がりをイメージしていたものの
何倍もキレイな状態にしていただきました。
顔が一段またスッキリして大満足です!
池上先生なしでは、今後が不安なくらいです。笑
いつも本当にありがとうございます!!!
今後ともよろしくお願い致します。』

ヒアルロン酸注射の詳細はこちら

 

ボトックス注射の詳細はこちら

リスク・副作用

注入時、多少の痛みがあります。内出血、赤み、腫れが出現する場合がありますが、翌日からメイクすることができます。

症例ヒアルロン酸注射によるフェイスリフト

ヒアルロン酸たるみ治療 ヒアルロン酸たるみ治療 ヒアルロン酸たるみ治療 ヒアルロン酸たるみ治療

治療内容

40代 女性
長期持続型ヒアルロン酸を1本使ってたるみ治療(フェイスリフト)を行いました。

コメント

お顔がたるむと凹凸感や影が出てしまい、ゴルゴラインや目の下のクマ、
ほうれい線、マリオネットラインなどが目立ち始めます。
ゴルゴラインなどにヒアルロン酸を直接注入したわけではありませんが、
リフトアップされたことでお顔の凹凸が目立たなくなり、お肌が綺麗に見えます。

ヒアルロン酸注射の詳細はこちら

リスク・副作用

注入時、多少の痛みがあります。内出血、赤み、腫れが出現する場合がありますが、翌日からメイクすることができます。

症例コンビネーション治療で美肌・たるみ解消

フォトRFとヒアルロン酸注射 フォトRFとヒアルロン酸注射

治療コメント

53歳 女性
ヒアルロン酸注射でフェイスリフトを行いました。 目の下のくま、ゴルゴラインなどが目立たなくなり、お顔がスッキリしました。
長期持続型ヒアルロン酸を2本使用しました。
同時にフォトRFによる美肌治療を1回、行いました。
雀卵斑(そばかす)、老人性色素斑が改善し、ツヤのある美しい肌になりました。

感想

『毎回限られた予算の中でも1つ1つ丁寧にとても細かく細部にわたって確認して施術してくださいます。 また、そのとき必ず説明して下さるので全幅の信頼をよせてお任せすることができます。 仕上がりも自分が想像していた以上に素敵に仕上げてくださり、いつも大満足して帰ることができます。』

ヒアルロン酸注射の詳細はこちら

リスク・副作用

注入時、多少の痛みがあります。内出血、赤み、腫れが出現する場合がありますが、翌日からメイクすることができます。

フォトRFの詳細はこちら

リスク・副作用

照射時、多少の痛みがあります。しみやほくろが数日、濃くなる場合がありますが、翌日からメイクすることができます。

関連キーワード

症例ヒアルロン酸とボトックス注射(40代女性)

ヒアルロン酸注射とボトックス ヒアルロン酸注射とボトックス ヒアルロン酸注射とボトックス

コメント

頬の痩せが改善し、ふっくら元気そうなお顔になり、目の下のくまも目立たなくなりました。
たるみが改善したことでフェイスラインがすっきりして、顔と首の境界がハッキリしました。
後退していたアゴがヒアルロン酸とボトックスによってシャープなラインに整いました。

ヒアルロン酸注射とボトックス ヒアルロン酸注射とボトックス

コメント

表情筋をコントロールすることによって、笑顔が上品になりました。
眉間にしわを寄せようとしても寄りません。
口周りの表情も綺麗になりました。

コメント

長期持続型ヒアルロン酸を4本注射しました。
眉間・額・目尻・アゴにボトックスを注射しました。

ヒアルロン酸注射の詳細はこちら

 

ボトックス注射の詳細はこちら

リスク・副作用

注入時、多少の痛みがあります。内出血、赤み、腫れが出現する場合がありますが、翌日からメイクすることができます。

関連キーワード

症例顔の痩せとたるみをヒアルロン酸注射で治療(40代女性)

ヒアルロン酸注射で痩せとたるみ治療

治療内容

たるみをリフトアップすることで痩せ(凹み)を改善した上で、残っている凹みにヒアルロン酸を注入して凹凸の目立たないお顔に仕上げました。 ヒアルロン酸注射(通常持続型ヒアルロン酸)を2本使用しました。
Afterは小顔エラボトックスをお受けになったばかりのため、少しふっくらしています。軽度の腫れは30分程度で改善します。小顔ボトックスの効果は1〜2週間で現れ、より垢抜けたお顔に仕上がります。

≫ ヒアルロン酸注射の詳細はこちら

≫ エラ小顔ボトックスの詳細はこちら

感想

『年1回の診察でも温かく応対して下さる所がほっとします。 劇的に目を見張る効果でなく自然体で雰囲気に丸みを帯びさせて下さる所が 定期的に通わせて頂く理由でもあります。』

リスク・副作用

注入時、多少の痛みがあります。内出血、赤み、腫れが出現する場合がありますが、翌日からメイクすることができます。

症例ヒアルロン酸注射で立体的な顔に 

鼻と顎にヒアルロン酸注入

鼻と顎にヒアルロン酸注入

鼻と顎にヒアルロン酸注入

治療コメント

ヒアルロン酸注射によるフェイスリフトと鼻・顎・唇形成を行い、顔のバランスを整えました。
ヒアルロン酸を使用を計10本使用しました。

・ メスは使用していません。
・ 内出血や多少のむくみが出ることがありますが、お化粧でカバーできる程度のことがほとんどです。

治療内容

≫ ヒアルロン酸注射

リスク・副作用

1.内出血 術後に内出血を起こす可能性があります。1~2週間で自然に消失します。
2.針跡 針を刺した部分が赤くなります。1~3日で消失し、翌日からお化粧でカバーできます。
3.感染症、注入した部位の皮膚の不整、皮膚壊死などの塞栓症状

リスクや副作用の予防と対処

1.内出血 細い針、あるいは鈍針を使用して、血管が無いか慎重に見ながら治療を進めます。出血が起きた場合は速やかに圧迫して、内出血の拡がりを予防します。
2.痛みを抑えるために局所麻酔を注射しますので、痛みはわずかです。
3.塞栓については、解剖をしっかり理解して、ゆっくり丁寧に血管に入っていないかを確認しながら注入することで、リスクを非常に低くすることができます。万が一、血流不全の症状がでた場合は、速やかに溶解することで、傷跡などを残すリスクを抑えることができます。

関連キーワード

目的の症例を探す

あなたにぴったりの治療が見つかる

Dr.池上監修オンライン無料診断およそ30秒で診断結果が出ます