解剖に関する記事(4件)

歩く解剖学の教科書

2019年04月09日

先日、加藤クリニック麻布の加藤先生を講師に迎えて
アラガンジャパン主催のボトックス勉強会が当院でありました。

アラガンジャパン勉強会

加藤先生は日本一、解剖が詳しいんじゃないか、
という位に解剖が詳しくて、
どんなマイナーな筋肉のこともサッと出てきます。
まるで歩く解剖学アトラスのようでした。

お話を伺うと、休みの日は朝から晩まで勉強をされているそう。
私ももっと頑張らなきゃな〜とやる気スイッチを押されました。

改めてボトックスの奥深さを感じた勉強会でした。

加藤先生、アラガンジャパンの皆様、
ありがとうございました!!!

_________________

ブログランキングに参加しています。
2つクリックして頂けると励みになります★
ブログランキング・にほんブログ村へ  


ボリューマ1周年記念の勉強会

2017年10月25日

日曜日はアラガンのヒアルロン酸製剤・Volumaの
日本発売1周年を記念した勉強会でした。

アラガンの勉強会は毎回、充実した内容が
これでもかと詰め込まれていてハズレがありません。
今回は解剖が中心となった勉強会で、
なかなか無い機会なので
前々から楽しみにしていました。
台風で遠方の先生方がたくさん来れなくなったそうですが、
それでも300名近い先生がいらっしゃっていました。
シンガポールの解剖している現場とライブ中継し、
血管や神経、腱の構造などを確認して、
実際にご遺体にヒアルロン酸製剤を注入して
どの製剤をどんな打ち方した時に
皮膚の下ではどの層にどのように広がっているかを確認したり…
いつも実際の診療では
「こうだからこうなっているんだろうな」
とイメージしながらやっていますが、
実際に目で確認できるのは
とても勉強になりました!
 
ヒアルロン酸を血管内に注入してしまうと
皮膚に血流が行かなくなって壊死してしまったり、
失明や塞栓も報告されています。
ヒアルロン酸を安全に注入するためには
血管や神経の走行をはじめとした解剖を把握しておく必要が
絶対に必要ですが、
血管・神経の走行はアノマリー(奇形)だらけです!
今回は何体かのご遺体を拝見しましたが、
顔に個性があるように
血管・神経の走行にも個性があって
みなさん違うのです。
ですから、解剖を知っているからと安心しないで、
毎回血管に針先が入っていないことを確認しながら注入することの
重要さを改めて感じました。
また気を引き締めて診療にあたります!!

_________________
ブログランキングに参加しています。
2つクリックして頂けると励みになります★
ブログランキング・にほんブログ村へ  

アラガンの勉強会

2015年05月01日

先日3日間、アラガンアカデミーという
ボトックスとヒアルロン酸の勉強会に参加しました。
世界のトップの先生方が
惜しみなくご自身のテクニックを披露して下さるので
「これやってみよう!」
と取り入れたり応用してみたくなる治療がたくさん登場します。
 
今回の勉強会の後、
早速やってみた注入方法がいくつもあります。
こういった会では
見え方、考え方がパッと広がることがよくあって
勉強になります。
こういった機会を定期的に与えて下さる
アラガンジャパンさんには感謝です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

注入に限らず、どの治療についても言えることなのですが、
「ここに何mL入れれば正解」
という方法はありません。
 
1人一人、顔が違いますから、
基礎的な方法加え、患者様の顔の個性に合わせて
テクニックを組み合わせたり、
自分なりのエッセンスを加えなければ
ベストな結果には繋がりません。
 
また、どこをどう治療すれば美しくなるか、
というアセスメントが治療の根幹となるのですが、
「いくらお金がかかっても構わないからキレイにして下さい」
とおっしゃる方は少数派で、
ほとんどの方は限られた予算の中で
できるだけ効率良くキレイにして欲しいと思って
いらっしゃいますから、
優先順位をつけてどう治療をするかが
とても大切です。
 
そういった所が施術者によって違う訳で、
注入の面白い所だと思っています。
 
注入は結果がすぐに目に見えるので、
こうやればもっとキレイになるかな、
と試行錯誤を繰り返すことで
自分なりにバージョンアップをしやすく、
そして歓びを患者様と分かち合える所がとてもやりがいを感じます。
やっぱり私は注入が好きデス。
 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 
講師の先生方が繰り返しおっしゃっていたのは、
いくら素晴らしい結果を重ねても
1例の大失敗があったら元も子もなくなる、
ということ。
 
全くその通りだと思います。
注入は基礎的な知識なく行うと
大きな危険を伴います。
 
特にヒアルロン酸注入に至っては皮膚壊死や失明の報告もあります。
自然に美しく仕上げるための
デザイン力や技術が大切なのはもちろんのことですが、
安全に治療を行うための解剖学的な知識と施術テクニックは
何よりも大切です。
 
私は毎日、何人もの方にヒアルロン酸を注射しています。
毎回、安全性に留意して
緊張感を持って治療しておりますが、
更に気持ちが引き締まりました!!
アラガンアカデミー懇親会勉強会の後の懇親会で先生達と♡

_________________
ブログランキングに参加しています。
今日も2つクリックして頂けると励みになります★
ブログランキング・にほんブログ村へ  

ヒアルロン酸注射勉強会

2012年11月30日

◆◇キャンペーンのお知らせ◇◆
12月は副院長によるヒアルロン酸注射と
ボトックスが30%オフのキャンペーン
です。
コストを抑えた治療をお考えの方、ぜひこの機会をご利用下さいませ。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
先日、新宿で行われたヒアルロン酸製剤・リデンシティーの
ワークショップに行って参りました♪
ブログランキング ワンクリック応援お願いします
ヒアルロン酸リデンシティーフランス人のDr.パトリックが
たくさんの写真や動画を使って
解剖学のレクチャーを重点的に講義されました。
ヒアルロン酸の注入を安全に行うためには
解剖の知識が絶対に必要です!!!

非常にまれではありますが、
血管塞栓による皮膚壊死、
顔面神経麻痺、失明などのリスクがあるので、
どこに主要な血管や神経があるか、
把握していなければ危険です。
ワークショップなどに参加すると、
いつも解剖の話になり、
気が引き締まります。
機会を下さったPRSSさん、
ありがとうございました!
_________________
ブログランキングに参加しています。
今日もクリックして頂けると励みになります★
  
もうひとつポチッとお願い致します★
ブログランキング・にほんブログ村へ

池上 彩子
Saiko Ikegami.M.D., Ph.D.

マグノリア皮膚科クリニック
岡山大学医学部卒業、医師、医学博士

Magnolia Skincare Clinic
Official Accounts

  • インスタグラム
  • Twitter
  • Facebook