壊死に関する記事(9件)

安全なヒアルロン酸注入に大切なこと

2019年11月08日

ヒアルロン酸注入をするときは
毎ショット毎ショット、
シリンジに陰圧をかけて
血液が逆流しないかどうかを確認しながら注入しています。

ヒアルロン酸リスク
この写真のように血液が逆流したことは
針の先端が血管に入っていたことを示しています。

逆流が見られた時は注入せずに針を抜き、
改めて、逆流が無い、安全な場所に注入をしなければなりません。
もっと読む


ボリューマ1周年記念の勉強会

2017年10月25日

日曜日はアラガンのヒアルロン酸製剤・Volumaの
日本発売1周年を記念した勉強会でした。

アラガンの勉強会は毎回、充実した内容が
これでもかと詰め込まれていてハズレがありません。
今回は解剖が中心となった勉強会で、
なかなか無い機会なので
前々から楽しみにしていました。
台風で遠方の先生方がたくさん来れなくなったそうですが、
それでも300名近い先生がいらっしゃっていました。
シンガポールの解剖している現場とライブ中継し、
血管や神経、腱の構造などを確認して、
実際にご遺体にヒアルロン酸製剤を注入して
どの製剤をどんな打ち方した時に
皮膚の下ではどの層にどのように広がっているかを確認したり…
いつも実際の診療では
「こうだからこうなっているんだろうな」
とイメージしながらやっていますが、
実際に目で確認できるのは
とても勉強になりました!
 
ヒアルロン酸を血管内に注入してしまうと
皮膚に血流が行かなくなって壊死してしまったり、
失明や塞栓も報告されています。
ヒアルロン酸を安全に注入するためには
血管や神経の走行をはじめとした解剖を把握しておく必要が
絶対に必要ですが、
血管・神経の走行はアノマリー(奇形)だらけです!
今回は何体かのご遺体を拝見しましたが、
顔に個性があるように
血管・神経の走行にも個性があって
みなさん違うのです。
ですから、解剖を知っているからと安心しないで、
毎回血管に針先が入っていないことを確認しながら注入することの
重要さを改めて感じました。
また気を引き締めて診療にあたります!!

_________________
ブログランキングに参加しています。
2つクリックして頂けると励みになります★
ブログランキング・にほんブログ村へ  

鼻に手術の既往のある方へのヒアルロン酸注射

2016年04月02日

ヒアルロン酸は適切に治療すると安全で効果も高いので、
私もとても好きな美容医療なのですが、リスクもあります。
最も恐ろしい副作用は
失明、皮膚壊死、脳梗塞です。
どれもとても稀な副作用ですが、起きてしまうと大変です。
顔の解剖をしっかり理解した上で
適切に注入することで
リスクをゼロにすることはできなくても、
限りなくゼロに近付けることはできると思います。
( ヒアルロン酸の注入リスクについての記事はこちら )
一番リスクが高い場所は鼻で、
学会報告でも失明や壊死の多くが鼻への注入時に起きています。
 
カニューレ(鈍針)を使えば安心かというとそうとも限らず、
なんと、壊死の70%はカニューレで起きているそうです。
カニューレを使うときでも
やはり解剖の知識と血管に入っていないか確認する作業は
絶対に必要ですし、
乱暴な施術はNGです。
鼻に手術を行ったことがある場合は
組織同士が癒着を起こしていたり
血管が新生されていることもあって、
リスクはより高くなるので、
施術する側は緊張感マックスです。
やはりこの時も基本のやり方、
そして指先の感覚がとても大切だと思います。
大阪からお通い頂いている患者様、
鼻に手術を大受けになったことがある方なのですが、
ヒアルロン酸を注入させて頂きました。
こんな感想を頂きました。
『前回は鼻筋と顎にヒアルロン酸をキレイに入れて頂きました。
昔の手術で鼻先に傷ができてしまい、
自分の顔の中でも特に嫌なパーツの1つの鼻ですが、
先生に注入して頂いた鼻筋だけは、好きになることができました。
本当に自然で気に入っています。』

こちらは以前頂いた感想。
『美容医療は「幸福の医療である」と何かで読んだことがあるのですが、
本当にその通りで、前回して頂いたヒアルロン酸治療後も
とても幸せで元気がでました。』

『他院での施術では全くならなかった自然な仕上がりにして頂いて
本当に安心してお任せできます。
先生丁寧なカウンセリングありがとうございました。』

美容皮膚科医になって良かった!
と思う瞬間です。
こちらこそありがとうございました!!

★☆★☆★☆★☆★☆

名古屋かりんとう岐阜からお通い頂いているO様から頂きました
上品なかりんとうです。
クールビューティーなOさま。
今回はヒアルロン酸に加えて
目の下にベビーコラーゲンを注射されました。
パッ明るい印象になられたと思います🎵
『いつも信頼してお任せしております。
次の日に仕事に行っても、職場の仲間に気付かれないのは、
田舎に住んでいる者にとってはとてもありがたいことです。
施術にもよるのでしょうが、自然な仕上がりでとても助かります。』

ありがとうございます!!

_________________
ブログランキングに参加しています。
今日も2つクリックして頂けると励みになります★
ブログランキング・にほんブログ村へ  

ヒアルロン酸の恐ろしい事故

2016年01月30日

IMCAS(イムカス)では
ヒアルロン酸注射の副作用についての講義もありました。
ヒアルロン酸の副作用には
皮膚が死んでしまう皮膚壊死
視力が落ちてしまって最悪の場合は失明
脳梗塞の報告もあります。
学会でこういった症例の恐ろしい話を聞いたり写真をみる度に
震え上がりますし、気が引き締まります。
皮膚壊死や失明、脳梗塞などの恐ろしい副作用はどれも、
ヒアルロン酸を誤って血管に注入することで起きます。
ヒアルロン酸に限らず、
脂肪注入(自分の脂肪でも!)でもレディエッセでも報告されています。
血管を詰まらせる可能性のある注入物であれば
どんな製剤でも壊死、失明の可能性があるのです。
ですから一時期問題になった
ヒアルロン酸を手に入れて自分で注射する、
なんて自殺行為で本当に恐ろしいことだと思います。
 
どんなに気を付けても
リスクを0%にすることはできませんが、
限りなく0に近付けることはできますし、
万が一のときには早く適切な対応を行うことで
ダメージを最小に留めることが可能です。
そのために努力するのは
美容医療に携わる医師の義務です。
 
まず、壊死や失明、脳梗塞を防ぐためには
施術する医師が
顔面の解剖をしっかり勉強していることが
非常に重要です。
大切な血管がある場所が分かっていれば
それを傷つけないように針を進めることができます。
ただ問題は、
教科書通りに血管が走っていないanomalyが多々あることです。
なので注入テクニックも同じ位、大切です。
注入する場所や深さ、
針を進める角度、
血管に入っていないかを確認すること、
ゆっくり少量ずつ注入すること、
カニューレ(鈍針)を使うことなどが有効です。
 
韓国では去年だけで
ナント40人以上(!)の失明の報告があったそうです。
数年前に調べたときの失明数は、
世界中で10名以下だったと思うので、
その数の多さにビックリしました。
手軽な美容整形ということで
きちんとした知識が無かったり、
技術の未熟な医師がヒアルロン酸注射を行うことは
大きな問題だと思います。
 
また、生産段階でヒアルロン酸製剤に雑菌が混入していて
死亡した例も報告されているそうです。
厚労省やCEやFDAの認可を受けているような
ヒアルロン酸製剤では
このようなトラブルは報告されていません。
私は去年、スイスのヒアルロン酸生産工場を見学に行きましたが、
それはそれは厳重な安全管理の元で作られていました。
あの環境で作られた製品であれば、
「このシリンジの中に菌が混入しているんじゃないか」
なんて余計な心配をしないで
安心して治療できると思いました。
原価が安いからと
品質の低いヒアルロン酸製剤を使うのではなく、
キレイに仕上げるためにも
安全面でも
信頼性の高い製品を使うことが重要です。
 
そして、想像するのも恐ろしいですが、
万一、トラブルが起きてしまった時は
なるべく早く、ヒアルロン酸溶解剤で溶かして
血流を再開させることが何より大切です。
以前参加した学会では
オーストラリアのドクターが
「バックルームには必ず
精神安定剤とヒアルロン酸溶解剤を用意しておきなさい。
万が一のときは、まずは精神安定剤をゴクンと飲みなさい(笑)。
そして溶解剤を注射しなさい」
と言っていました。
私も万が一のときに備えて
ヒアルロン酸溶解剤は常に冷蔵庫にストックしています。
 
ヒアルロン酸注射は腱鞘炎になるほど
毎日、何人にも行っていますが、
毎回毎回、
治療をお受けになる患者さまと同じ位、
緊張感を持って治療をしております。
 
ここまで怖い話をたくさんしましたが、
ヒアルロン酸は適切に治療を行えば
やはり安全性が高くて手軽で、
アンチエイジングには必要不可欠な治療のひとつだと思います。
私自身もスタッフも定期的に行っています。
大切なことは
安さに飛びつかずに
信頼できる医師を選ぶことだと思います。
【 ヒアルロン酸注射の詳細はこちらをご覧下さい 】

★☆★☆★☆★☆★☆

Sさまから頂きました
生姜の力生姜の飲み物と
ホテルオークラのチョコレートホテルオークラのチョコレート。
冷え性なので生姜は嬉しいです。
ありがとうございました!
Sさま、今回は目元にベビーコラーゲンを注入させて頂いて、
目元がピンッとされました🎵
こんな嬉しい感想を頂きました。
『先生にとってのパーフェクトではなく、
患者である私たちにとってのパーフェクトはなんであるかを
いつも考えて治療して下さる先生には
いつも頭の下がる思いをしております。
心より感謝しています!!』

ありがとうございます!

_________________
ブログランキングに参加しています。
今日も2つクリックして頂けると励みになります★
ブログランキング・にほんブログ村へ  

善意の医師ばかりじゃない

2015年07月05日

少し前、患者さまからキャスパーに頂いたお花と
お供えのお菓子とおもちゃ!
犬のおもちゃありがとうございます!
こちらの患者さまも飼っていた猫を亡くされて
つらい思いをされたそうです。
患者様とよくペットの看取りの話になりますが、
調子が悪いペットを獣医さんに預けて、
そのままお別れになった方がとても多いようです。
キャスパーは、私が寝ている間に亡くなってしまいました。
調子が悪くなってからは
ちょっとでも動くと察知してすぐに起きていたので
1〜2時間おきに起きていたのですが、
その日は疲れが溜まっていたのか
6時間も熟睡してしまって、
朝、家族の悲鳴で起きたら亡くなっていました。
ウンウンをしようとした状態で亡くなっていたので、
力んだ時に心臓麻痺が起きたようなのです。
それが心残りで、
最期の朝のことを考えると辛くなっていたのですが、
獣医さんに預けてさよならした方達はもっと辛いだろうなぁ。。。

★☆★☆★☆★☆★☆

この日は診察で、
かなりキツいお話をしたので、
大丈夫かなぁ・・・と気になっていたのですが、
その後でお花頂いて、恐縮でした。
他院で行った治療が上手くいかず、
それを補正しようとして手術などを繰り返すうちに
不自然さが出てしまい、
それが影響して仕事にも行けなくなりました。
精神状態もかなり辛いと思います。
その気持ちは本当によく分かるのですが、
非常に短いスパンで
複数のクリニックであらゆるアグレッシブな治療されて、
治療後の腫れや赤みが治まる前に
もう次の大きな治療を行う…というのを繰り返していて、
それが良い結果に繋がっていません。
 
美容医療の医師は残念ながら
全員が善意の人という訳ではありません。
(どの職業でもそうでしょうけど!)
「◯◯をやってください」
と言われて、それが高額な治療であればある程、
適応でなくても言われた通りにやる人も要るでしょうし、
それが終われば
今度は別の高額な治療を薦められるかもしれません。
1ヶ月しか持たない非架橋のヒアルロン酸を
月に1回注射していて、100万円以上使ってから
1ヶ月しか持たないことを聞いたそうです。
また、別のクリニックでは
鼻に注入したヒアルロン酸注射で血行不良を起こして
鼻翼が壊死してしまったのに
治療したクリニックでは
診察すらしてもらえなかったそうです。
今回は他院でリフトを行っていらっしゃいましたが、
糸の始末が不適切で挿入口に糸が出ていて、
それが原因で感染が起きていました。
なんだか良いカモにされているように思えてなりません。
先日は、
「こんな風に複数のクリニックで色々な治療を繰り返されると
お顔に責任が持てないので、
一旦、顔が落ち着くまで待って下さい。
他院で色々な治療をこのペースで繰り返すのであれば
ここではもう、造形を整える治療はできません。」
とお話しました。
焦る気持ちは本当によく分かりますが、
焦ってあらゆる治療を繰り返しても良いことはありません。
またお待ちしていますので、
ここは焦らず、
ゆっくりでも確実に自然な顔に近付けて行くのを目指しましょう!

_________________
ブログランキングに参加しています。
今日も2つクリックして頂けると励みになります★
ブログランキング・にほんブログ村へ  

池上 彩子
Saiko Ikegami.M.D., Ph.D.

マグノリア皮膚科クリニック
医師、医学博士

カテゴリー

Magnolia Skincare Clinic
Official Accounts

  • インスタグラム
  • Twitter
  • Facebook