腕のぶつぶつ治療

2009年08月29日

腕のぶつぶつ(毛孔性たいせん)は、
「皮膚科に行ったら治らないと言われて諦めていた」
と言う方が多い。
確かに、健康保険が効く治療で毛孔性たいせんに本当に効果的な方法はなく、
保湿剤を処方する程度でした。
でも、以前のブログでも何度も書いたように、
諦める必要は全然ありません!
毛孔性たいせんは
ダーマローラーでツルツルになりますよ(・∀・)♪♪
腕のぶつぶつ腕のぶつぶつ治療後
ダーマローラを導入したのが2007年の12月。
それから試行錯誤を繰り返して、
現在のやり方になりました。
今のやり方になってからは、
1回目から手触りがツルツルして、
3~5回で色素沈着のない、スベスベの肌になります。
どの治療でも言えることですが、
同じレーザーや器具を使っても、
やり方によって効果や副反応に大きな差が生まれます。
ダーマローラーで言えば、
・ 何mmの針を使うか、
・ どんな麻酔を使用するのか、
・ 圧をどの位かけるのか、
・ 何度、どういうあて方をするのか、
など、細かいファクター全てが差を生みます。
常に『もっと良い方法』を模索していますから、
もしかすると5年後には全く違う方法で治療しているかもしれませんが、
常に
『今の時点でベスト』
と自分が思う治療を提供することは変わりません。


ラティース 4ヵ月使いました!

2009年08月25日

フォト前に撮ったすっぴん写真です。
ラティース.jpgシミに目が行くと言う方もいらっしゃるでしょうが…(iдi)
シミはさておき、まつ毛に注目して下さい(;´д`)
ラティース-後.jpgこちらはアップ。
最近よく患者様から
「まつ毛、本物ですか?」
と聞かれます。
エクステやつけまつ毛はしていませんよ!
まつ毛の医療用育毛剤 ラティースを4ヶ月使いました。
最近はレーザーのときに装着するゴーグルにまつ毛があたって
邪魔になってきたので、ラティースは一時的にお休みしています。
私のまつ毛を見て始めたスタッフのまつ毛も、
みんな伸びていますよ( ´艸`)
しかし、こうやって写真に撮ると、
肝斑が目立つなぁ~…。
今回、治療室の明るい光の下でスッピンになってみて、
自分の肌の状態を改めて知ることになりました。
ときどき、明るい光の下で肌をじっくり観察することって大切ですね!


勉強会

2009年08月25日

スタッフの技術指導を兼ねてフォトRFを受けました。
こんな感じで鏡でチェックしながら指導します( ´艸`)
フォトRF
施術の後はこんな感じで改善点を話し合います。
フォトRF
実際に照射してもらうと、
「こうやってあてた方が怖くない」とか
「この角度の方が痛みが少ない」とか
普段はなかなか気付かないような改善点がみつかるので、
定期的な勉強会はとっても有意義なのです♪
今回私が受けたフォトRF
フォト(IPL)という光が肌表面の色味であるくすみやしみに反応して色を薄くして、
肌にツヤをもたらし、顔のうぶ毛を永久脱毛します。
更に、RF(高周波)が肌の奥まで届いてコラーゲンをしっかり増やすので、
たるみが改善して、お肌にハリが出ますヾ(´∀`)ノ ♪
痛みが少なく、ダウンタイムも短くて、
ひとつの治療で色々な効果が期待できるので、
美容初心者の方にもお勧めの、
私も大好きな治療のひとつです。
特にシミやソバカスがたくさん散らばっている方、
お肌が目に見えてきれいになりますよ(・∀・)♪♪
肝斑というシミがある場合は、一時的に肝斑が濃くなってしまうこともあるので、要注意です!
肝斑の治療を同時に行って、出力も調節しなければいけません。
私も肝斑があるので、
肝斑治療を行いながらフォトRFを受けています。
さて、今回、スッピンになった私を見てスタッフが一言、
「肝斑が濃くなってますよ!」
…確かに、最近、ケアを怠っていました。
早速、通常の塗り薬 + 飲み薬 に加えて
スペシャルケア = ケミカルピーリング + イオン導入 + プラセンタ注射
を開始しました。
早く薄くなりますように!!


『ベリーパーラー』 青山 スイーツ

2009年08月21日

青山ベリーカフェの地下にある『ベリーパーラー』に行きました。
2階の明るいカフェと違って、
照明も暗めでバーのようにムーディー(*゚ー゚*)
夜遅く、23時まで開いているそうです。
フルーツワッフルとフレッシュハーブティーを注文しました♪
RIMG0053.jpg
美味しかったですよ( ´艸`)
私はスイーツが大好きで、
ついつい食べ過ぎてしまいます。
甘い物の食べ過ぎは身体に良くないので、
意識して減らすようにしました。
その結果、以前に比べると甘い物の摂取量が減りましたが、
ときどき無性に身体が糖分を欲します。
そんなときは無理せず食べます。
甘い物を食べるときは、なるべく5時までにヽ(○´3`)ノ
を心がけています。
同じ物、同じカロリーを食べても、食べる時間帯によって、
体重への影響が大きく変わるんですよ(・∀・)♪


ブルーな場所

2009年08月19日

近くを通っただけで気分が沈んでしまう場所があります…
それはペットショップです。
可愛い無邪気な子犬が並んでいますが、
果たしてこのうちの何匹が幸せになれるんだろう、
と考えると暗澹とした気分になります。
81.jpg
ペットショップでは犬や猫は商品。
売れ残ったらどうなるのでしょう?
そもそも、ペットショップに並ぶ前の段階で
商品にならないと判断された子犬はどこに行ってしまったんでしょう?
子犬を産まされる親犬は、
心無いブリーダーによって劣悪な環境に置かれることが少なくありません。
餌も満足に与えらず、
ケージから出されることもないために
関節が固まってきちんと歩くこともできず、
年をとって役に立たなくなると処分される子もたくさん居ます。
ペットショップに並ぶかわいいワンちゃん達の背後にある
悲惨な状況にどうぞ目を向けてください。
このペットショップにはチワワなどの小型犬に混じって
シェルティーの子犬も居ました。
シェルティーは元々牧羊犬です。
のびのび走り回らせる必要があります。
そういうことをきちんと理解した上で飼ってもらえるのかしら…?
特にこういう繁華街にあるペットショップに来るお客さんは
お酒に酔った勢いで、とか、
一人暮らしの寂しさを紛らわすために
後先考えずにペットを買って、
手に負えなくなって
捨ててしまうという人達が多いのが
目に見えています。
生きた動物の店頭販売を禁止する法律が
日本にも早くできることを祈るばかりです。
私が抱っこしているのは、
去年レスキュー団体から譲り受けた犬です。
年齢が行っていて(推定年齢8歳)
気管支が弱く、足も亜脱臼していましたが、
実際に一緒に暮らしてみて、
ペットショップに並んでいる子と何の違いもありません。
どうせ愛情を注ぐのであれば、
行き場のない命を救ってあげませんか?
a150-1.gif
catnap.gif


池上 彩子
Saiko Ikegami.M.D., Ph.D.

マグノリア皮膚科クリニック
岡山大学医学部卒業、医師、医学博士

カテゴリー

Magnolia Skincare Clinic
Official Accounts

  • インスタグラム
  • Twitter
  • Facebook