食と健康に関する記事(94件)

緑茶で一息

2012年05月27日

最近、食後に緑茶を飲んでいるお茶は、
九州から親子でお通い頂いているK様から頂いた新茶です。緑茶K様には、去年も美味しい新茶を頂きました。
(そのときの記事はこちら)
いつもありがとうございます!
断然、紅茶派だった私も
K様のおかげで緑茶の美味しさに目覚めて以来、
積極的に緑茶を頂くようになりました。
どのお茶もそうでしょうが、
緑茶は入れ方によって、味が全く変わります。
高い温度で入れると苦味や渋みが強くなりますが、
低めの温度で入れると、
苦味や渋みが少なくて、甘味と旨味の強いお茶になります。
美味しいお茶は、
和菓子だけでなく、ケーキやチョコレートとの相性もバッチリです。
お茶は血糖値を下げる働きがあるので、
スイーツのお供に最適なんですよ

緑茶は抗酸化作用が高く、
ビタミンEの10倍の抗酸化作用が緑茶にはあるとの実験結果もあります。
アンチエイジングにも効果が高いんですね
虫歯予防や口臭予防などの効果もあります。
炭酸飲料ばかり飲んでいる方、
ときには緑茶を飲みましょう ( ´艸`)

見習わなければ!

2012年05月23日

2ヶ月ぶりに来院されたH様のお顔が
劇的にホッソリ(!)なさっていてビックリしました。
無理はなさっていないそうで、
食事の前半にしっかりお野菜を食べるとか、
お腹いっぱい食べないとか、
基本的なことを守られただけだとか!
私も見習って、気持ちを引き締めなければ!と思いました★
毎日のことなので、この「無理をしない」がポイントです
でないと、続きません!
30代以降の人にとって、ダイエット(=健康的な食生活)の目的は、
外見を見苦しくない状態にキープすることもさることながら、
老化スピードをゆっくりにして
健康的な心と身体をキープすることが大きいのですよ

H様に頂いた美味しい物です。
西湖西湖れんこん菓子『西湖』という蓮根でできたお菓子です。
フルフルの柔らかさで、ツルリとした舌触り、
優しい甘さの上品なお菓子でした。
鱧梅おかきこちらは鱧と梅の風味の『鱧梅おかき』。
コロンとした形も可愛らしいおかきでした。
この他に、私用にうれしい物を頂きました。
また改めて紹介します♡

ワンプレートディナー

2012年05月08日

昨日の夕食です。
ワンプレートディナー・ 雑穀入り玄米
・ めかぶ、キャベツ、玉ねぎ、ねぎ、天然えのき、とうふの具沢山味噌汁
・ サーモンの塩焼き
・ 大豆のトマトソース煮
・ スナップえんどう
・ ミニトマト
お味噌汁はほぼ毎日飲んでいます。
ていねいに作ると美味しいですし、
健康にもとても良いんですよ!
出汁は、鰹節や椎茸、昆布などがパックになった物を煮出しています。
パックを水に一晩置いてから
煮出すようにしています。
正しいやり方ではないかもしれないのですが、
なんだかこうした方が濃い味が出る気がするので。。。
出汁は1回に1Lくらいまとめてとって、
残りは冷蔵庫に保管しますが、
めん汁にしたりと3日くらいで使い切ってしまいます。
お味噌は栄養が豊富で、さまざまな効用が期待できる、
日本が誇る、すばらしい食材です

味噌の効用には
・ LDLコレステロールを抑える
・ 血管を柔らかく保つ
・ 抗酸化作用(抗老化作用)
・ 放射性物質を身体の外に速やかに排除する
・ 粘膜などの細胞を障害から回復させる
・ 消化促進
・ 整腸作用
・ 脳の活性化
などがあります。
広島や長崎の原爆後の後遺症も、
味噌を日常的に摂取していた人は被害が少なかったというのも有名な話です。
味噌の健康効果を最大に引き出すためには、
味噌を入れたら煮ない、
できれば70度程度に冷めた状態で味噌を入れるとベストですよ♪♪
塩分を含みますから、
食べ過ぎには気をつけてくださいね!

玄米を水に浸すと、良い事がたくさん♪

2012年04月03日

昨日のワンプレートはこちら。
platedinner_20120329.jpg・雑穀ごはん
・キャベツ、油揚げ、わかめ、玉ねぎの具沢山味噌汁
・さばの塩焼き
・スモークサーモン
・トマト
・新玉ねぎ、ちりめんじゃこ、鰹節のサラダ
・インゲンの胡麻和え
・ほうれん草のおひたし
前の晩に玄米を水に浸すのを忘れていたので
玄米はやめて雑穀米にしました。
玄米を水に浸すと、良い事がたくさんあります
水に浸して一晩おくと、半分くらいが発芽玄米になります。
(3日くらい置いておくと良いそうですが、
私はそこまではやりません。)
発芽玄米になると、アミノ酸の一種であるギャバが増えます。
ギャバは脂肪燃焼効果を高めるダイエット効果があり、
不安やイライラなど、脳の緊張を沈める効果があります。
玄米食を続けているとミネラルが不足すると言われますが、
それはミネラルの吸収を妨げるフィチン酸が原因です。
フィチン酸は強力な排泄作用(デトックス作用)があり、
身体を浄化する働きがあります。
ダイオキシンや重金属など、あらゆる毒素を身体の外に排出し、
乳がん、肺がん、大腸がんなど、がんの抑制作用も報告されています。
そんな素晴らしいフィチン酸ですが、
必要なミネラルまで吸着して排出してしまうので、
日常的に摂取してしまうと
ミネラル不足に陥るのです。
発芽玄米がこの問題を解決します
発芽するときに活性化されるフィターゼという酵素が
フィチン酸を分解するのです。
フィチン酸が減ることで、ミネラルやビタミンが吸収されやすくなります
デトックス効果やがん抑制効果も、全てなくなってしまう訳ではありません。
ただ、発芽させても玄米のミネラルの吸収は悪いのだ、という反対意見もあります。
玄米に限らず、何かの食材ばかりを食べ続ける方法は、
食材のマイナスの面が出やすいのでお勧めしません。
その他の食事もバランス良く取ることで、
ミネラル不足といったマイナス面はカバーされます。
何事もホドホドが大切です。

池上 彩子
Saiko Ikegami.M.D., Ph.D.

マグノリア皮膚科クリニック
医師、医学博士

ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります★

にほんブログ村 美容ブログへにほんブログ村 美容ブログ 美容皮膚科へ 人気ブログランキング

にほんブログ村、読者登録はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

美容皮膚科女医のブログ - にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリー

Magnolia Skincare Clinic
Official Accounts

  • インスタグラム
  • Twitter
  • Facebook