しみ治療に関する記事(44件)

ルミキシル 新しい美白剤

2009年10月28日

サンプルで頂いた『ルミキシル』という成分が入った医療用美白剤を使っています。
ルミキシル.jpg
ルミキシルは新しい美白成分です。
『最強の肌の美白剤』 と名高いハイドロキノンよりも
更に強い美白効果があるとメーカーは言っていて、
メラニン生成抑制率は40%にもなるのだそう。
他の美白剤と比べて過敏症状が起き難いのもうれしいポイント!
1本使い切ってみて
クスミが少なくなる、
シミが薄くなる、
ツヤが出る
などの目に見える効果があれば取り入れようと思っています。
伸びが良く、保湿力が適度にあり、
サラッとしていてベタつきません。無臭です。
使用感はとても良い感じですよ ♪


『ダルダル病』まんえい中

2009年09月02日

急に秋の気配を感じるこの頃、
身体のダルさを訴える方がたくさんいらっしゃいます。
私も『ダルダル病』の一人。
夏は元気だったのに、
涼しくなってきたらなんだかダルい。
仕事さえなければ、な~んにもしないで1日中、ゴロゴロしていたい気分です(;´д`)
乳酸の蓄積自律神経の乱れなどがこういった症状を引き起こします。
乳酸は疲れたときに蓄積する『疲労物質』です。
スポーツ選手は乳酸が溜まっていても耐えられる身体作りが必要ですが、
私達には大切なのは、
いかに乳酸を溜めず、
いかに早く排出するか(デトックス)。
乳酸を溜めないためには、
ビタミンB1アリシンを同時に摂取するのが効果的!
ビタミンB1が多い食材は
うなぎ、豚肉、大豆、玄米、ほうれん草、モロヘイヤ、ブリ、鯛など。
アリシンが多いのは
ニンニク、タマネギ、ねぎ、にらなど。
豚肉をアリシンを多く含むにら、葱、玉ねきといっしょに
必須脂肪酸であるオメガ3のごま油とニンニクで炒めたものなどは
夏バテや今の時期のダルさに最適です(*゚ー゚*)
自律神経は、自分ではコントロールできない神経。
温度差が激しい環境(クーラーの効き過ぎ)や、不規則な生活などによって乱れが生じます。
私は先週から肝斑治療のためにプラセンタを始めましたが、
プラセンタは乳酸を速やかに排出してと自律神経を整える効果もあります(・∀・)♪♪
特に、スーパーにんにく点滴は、水溶性ビタミン(もちろんB1もたっぷり!)の他、
アリシンとプラセンタが贅沢にカクテルされていますから、
『ダルダル・何もやりたくない病』にはお勧めですよ(・∀・)♪♪
そんな訳で、次回のプラセンタはスーパーにんにく点滴にする予定です。


勉強会

2009年08月25日

スタッフの技術指導を兼ねてフォトRFを受けました。
こんな感じで鏡でチェックしながら指導します( ´艸`)
フォトRF
施術の後はこんな感じで改善点を話し合います。
フォトRF
実際に照射してもらうと、
「こうやってあてた方が怖くない」とか
「この角度の方が痛みが少ない」とか
普段はなかなか気付かないような改善点がみつかるので、
定期的な勉強会はとっても有意義なのです♪
今回私が受けたフォトRF
フォト(IPL)という光が肌表面の色味であるくすみやしみに反応して色を薄くして、
肌にツヤをもたらし、顔のうぶ毛を永久脱毛します。
更に、RF(高周波)が肌の奥まで届いてコラーゲンをしっかり増やすので、
たるみが改善して、お肌にハリが出ますヾ(´∀`)ノ ♪
痛みが少なく、ダウンタイムも短くて、
ひとつの治療で色々な効果が期待できるので、
美容初心者の方にもお勧めの、
私も大好きな治療のひとつです。
特にシミやソバカスがたくさん散らばっている方、
お肌が目に見えてきれいになりますよ(・∀・)♪♪
肝斑というシミがある場合は、一時的に肝斑が濃くなってしまうこともあるので、要注意です!
肝斑の治療を同時に行って、出力も調節しなければいけません。
私も肝斑があるので、
肝斑治療を行いながらフォトRFを受けています。
さて、今回、スッピンになった私を見てスタッフが一言、
「肝斑が濃くなってますよ!」
…確かに、最近、ケアを怠っていました。
早速、通常の塗り薬 + 飲み薬 に加えて
スペシャルケア = ケミカルピーリング + イオン導入 + プラセンタ注射
を開始しました。
早く薄くなりますように!!


しみをレーザーで取る

2009年08月09日

しみ治療前.jpg写真のような大きくて色が濃いしみには
Qスイッチレーザーがお勧めです。
たいてい、1回の治療でしみがきれいになります。
一時的にしみが浮き出て目立ちますが、
1週間程度でポロポロと肌表面が取れて、
しみが目立たなくなります。
レーザーをあてるときには
パチンパチンッという痛みが多少あります。
アイスでしっかり冷やしてからレーザーをあてると
痛みはかなり和らぎますヽ(○´3`)ノ
翌日には、上からファンデーションなどを塗ることも可能です。
1週間もするとピンク色のお肌が現れて…
しみ治療後.jpg1ヵ月後にはこんなに
目立たなくなりました♪
よりきれいに仕上げるためには
アフターケアが必須です。
色を抜くための外用剤(美白剤)を寝る前に塗り、
日中は日焼け止めを塗ります。
この外用剤は、治療後の色を抜くだけではなく、
しみの再発予防にもとっても効果的ですよ
(´▽`)ゞ
この他にも光治療や外用剤など、
様々なしみ治療があります。
・ しみの状態、
・ どの位早く治したいか、
・ 人になるべくバレない方が良いのか、
・ 予算
などによって治療が変わります。
自分のライフスタイルに合った治療をチョイスするのも
美容治療を受ける上で大切なことです。
ちなみに私自身が治療を受けるときは、
少々副反応が強くても1回1回の効果をしっかり出したいと思い、
治療した後で
「やり過ぎた…」
と後悔するのがいつものパターンです。
懲りない人です(;´д`)


池上 彩子
Saiko Ikegami.M.D., Ph.D.

マグノリア皮膚科クリニック
岡山大学医学部卒業、医師、医学博士

カテゴリー

Magnolia Skincare Clinic
Official Accounts

  • インスタグラム
  • Twitter
  • Facebook