正しい洗顔法

2012年10月16日

洗顔はスキンケアの基本の『き』!
洗顔法を改めるだけでも
肌の状態は変わります

洗顔の目的は
・ 肌を痛めることなく
・ 皮脂汚れ、毛穴の汚れを適度に取り除くこと
です。
まず、しっかり石鹸を泡立てて、
肌と手の平との間にクッションを作りましょう

石鹸泡立て
しっかりした泡を作るために
泡立てネットなどを使うのは良いですが、
泡立てネットを湿った状態に置いておくと
バクテリアの温床となり
洗顔のたびに、バイ菌を肌にのせることになります (:゜д゜:)
乾燥させて、
清潔な状態に保ちましょうね!
*********************
さて、洗顔のコツですが、
ゴシゴシは絶対にやめて下さい
ゴシゴシこすると摩擦で肌が傷ついてしまいますし、
手の動きと一緒に肌全体が引っ張られて一緒に動き、
毛穴に詰まった汚れは取れません
指先~第二間接のハラの所を使って
優しく優しく、細かく細かく、
クルクルと小鳥の頭をなでるがごとき優しさで撫でて下さい。
優しくクルクル、がコツです
そうすると毛穴についた角栓(コメド)がしっかり落ちます。
にきびや毛穴つまりが多い方は、
優しくクルクルをやっているうちに、
ザラザラと汚れが落ちた感触が分かると思います。
洗顔の温度は32~34℃くらいの
皮脂が溶ける温度が適切です。
それよりも温度が高くなると、皮脂が落ち過ぎて乾燥し、
『ドライスキン』に偏るか、
肌の乾燥を補うために皮脂の分泌が増える、
『インナードライ肌』の状態に陥ってしまいます。
すすぎは何度も行って、
石鹸を完全に流しましょう★
顔を拭くときも、ゴシゴシは厳禁です!
柔らかいタオルで優しく水分をふき取りましょう。
洗顔したらすぐに保湿!
にきびがひどい方は、
日に何度も顔を洗いたくなりますが、2回にして下さい。
かなり皮脂が多い場合も3回までです!
まずは毎日の洗顔を改めてみて下さいね♡
_____________________________
ブログランキングに参加しています。
今日もクリックして頂けると励みになります★
  ブログランキング・にほんブログ村へ
_____________________________
【 頭痛から解放される方法 】

一覧へ

この記事の関連キーワード

関連記事

池上 彩子
Saiko Ikegami.M.D., Ph.D.

マグノリア皮膚科クリニック
岡山大学医学部卒業、医師、医学博士