美容皮膚科 マグノリア皮膚科クリニック

ウイルス性いぼ|ウイルス性いぼ治療は東京の当皮膚科病院で。ウイルス性いぼを丁寧にレーザー治療します。

03-3486-7855

  受付時間   am11:00 - pm7:00    週休2日 不定休

HOME >  レーザー治療 >  いぼ治療 >  ウイルス性いぼ

Wart Removal
ウイルス性いぼ

ウイルス性いぼはレーザー治療で液体窒素より格段に少ない回数で除去が可能

ウイルス性いぼの写真

ウイルス性いぼは表面がカリフラワーのようにデコボコしたイボです。
ウイルス性いぼは「尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)」「尋常性いぼ」とも呼ばれ、ヒトパピローマウイルスの感染が原因でできるいぼです。手指、足の裏にできやすいいぼですが、その他にも顔や腕など、あらゆる場所にできます。

一般的な治療は保険が適応となる液体窒素治療ですが、大きなウイルス性いぼでは週1度の治療が1年以上必要であり、中途半端に治療を中断すると、逆に刺激してイボが大きくなることもあります。
レーザーによるウイルス性いぼ治療は、多くの場合、1回で治療が終了します。古いいぼ、大きなイボは、血管が集まっており、出血が多くて1回で治療が終了せず、複数回の治療が必要な場合もありますが、その場合も1年間の保証があるため、毎回治療費が新たにかかることはありません。(再診料、薬代は別途かかります)

ウイルス性いぼの治療 症例

ウイルス性いぼ治療

治療前のイメージ写真
ウイルス性いぼ治療前 ウイルス性いぼ治療後
治療前のイメージ写真
ウイルス性いぼ治療前 ウイルス性いぼ治療後

ウイルス性いぼをレーザー治療しました。


ウイルス性いぼは盛り上がって表面がデコボコしており(カリフラワー状と比喩される)、赤茶~黒の小さな点々が見えることもあります。人から人へは簡単にうつりませんが、一旦できると、どんどん大きくなったり、他部分にうつリ易いため、早めの治療が必要です。特に爪の近くのウイルス性いぼは、治療が遅れると治療後も爪の変形が残ることがあり、要注意です。
保険適応となっている唯一のウイルス性いぼ治療は液体窒素治療です。小さないぼであれば液体窒素治療が効果的ですが、液体窒素で1回に治療できる深さはわずかですから、深い(古い)いぼになると、週一度の通院を1年以上続けなければならない場合があります。
当皮膚科では、ウイルス性いぼをレーザーを用いたストリッピング法で治療します。ストリッピング法によるウイルス性いぼ治療は、いぼを根こそぎ治療でき、少ない回数で治療が終了することが多く、仕上がりもきれいです。局所麻酔の注射は痛みを伴いますが、その後は無痛です。

治療の画像

ウイルス性いぼは複数回の治療が必要となることがあります。
当院のウイルス性いぼ治療は1年間保証つきなので、万一、再発しても安心して再治療が受けられます。

Step of Wart Removal
ウイルス性いぼのレーザー治療の流れ

ウイルス性いぼが気になるけれど治療は不安だ、と感じる方も多いと思います。
少しでも安心して頂けるよう、マグノリア皮膚科クリニックでの治療の流れをご紹介します。


Step1 カウンセリング

ウイルス性いぼカウンセリングの写真

ウイルス性いぼの状態を診察した上で、最良と思われる治療法をご提案します。

矢印

Step2 局所麻酔

ウイルス性いぼの写真

ウイルス性いぼ付近を局所麻酔します。顔などは痛みが少ないですが、指は注射の痛みが強い場所です。極力痛みを抑えるよう、アイシングをしながら極細の針を使用して注射します。

矢印

Step3 いぼをレーザーで蒸散

ウイルス性いぼレーザー除去の写真

炭酸ガスレーザーを用いていぼを根こそぎ除去します。いぼ以外の組織を傷つけずに治療することができます。

矢印

Step4 テープ固定

ウイルス性イボアフターケア写真

ウイルス性いぼを除去した後は、感染予防の薬を用いて処置し、テープ固定します。1~2週間は毎日、自宅でテープ交換をして頂きます。

矢印

Step5 美白剤でアフターケア

ウイルス性いぼ治療後の薬の写真

傷をきれいに仕上げるためにお家で毎日、美白剤と異常角化を抑制する薬を塗っていただきます。

※ウイルス性いぼ治療は患者様のご協力があって初めてきれいに仕上がります。アフターケアによって仕上がりに大きな差が生まれます



診療料金のイメージ写真
美容皮膚科女医のブログのイメージ写真
医療レーザー脱毛専門クリニックのイメージ写真
ピアス穴あけ 症例集のイメージ写真
口コミのイメージ写真
リクルートのイメージ写真
メディア紹介のイメージ写真
ドクターモキュリンのイメージ写真
未成年者の方に
モバイルサイト
page-top