美容皮膚科 マグノリア皮膚科クリニック

いぼの治療|いぼ治療は東京・渋谷の当皮膚科病院で。老人性いぼ、首のいぼ、顔のいぼを丁寧に治療します。

03-3486-7855

  受付時間   am11:00 - pm7:00    休診日 月・木

HOME >  レーザー治療 >  いぼ治療

加齢に伴ういぼ
老人性いぼの治療

顔などにできる少し盛り上がりのあるいぼが『老人性いぼ』です。

~ 紫外線と体質が影響するいぼ ~

老人性いぼの写真

老人性いぼ(脂漏性角化症)は紫外線による肌老化が主な原因のイボで、顔、手の甲、腕、胸などが好発部位です。
『老人性』と呼ばれますが、早ければ20代から出現し、年齢とともに増加します。
角質が厚く盛り上がって、表面がザラザラしています。茶色いことが多いですが、中には色がほとんどなく、盛り上がりだけがあるタイプもあります。老人性色素斑(老人性しみ)が時間の経過とともに老人性いぼに変化することもあります。

体質的にいぼができやすい方の多くは家族性があります。
老人性いぼは1つだけはなく多発することが多く、別の種類のいぼと併発することもよくあります。

老人性いぼは炭酸ガスレーザーで丁寧に治療すると、1週間程度で治療跡が目立たなくなります。クリーム麻酔をしますから無痛で痛みに弱い方も安心です。治療は10分程度で終わります。

いぼ治療の症例写真を見る

いぼ治療をお受けになった患者様の感想を見る

老人性いぼの治療

~ 老人性いぼ治療は炭酸ガスレーザーがベストです ~

老人性いぼは保険適応ですと『液体窒素』で治療することができますが、液体窒素では深さの細かい調節ができませんから、取りきれなかったり、治療の傷(炎症後色素沈着)が残ることがよくあります。炭酸ガスレーザーで丁寧に治療すると、1週間程度で傷が目立たなくなります。きれいに治療したい方にはレーザー治療をお勧めします。

※ 炭酸ガスレーザーで治療しても、施術者の技術によっては傷が液体窒素と同様に残りやすかったり、傷が目立たなくなるまで時間が必要となります。当院ではいぼをひとつひとつ、丁寧に治療しますので、他院でイボ治療が上手く行かなかった方もご相談ください。

【 炭酸ガスレーザーによる老人性いぼ治療 】

~ 傷跡は一週間程度で目立たなくなります ~

炭酸ガスレーザーは一般的な黒い色に反応するレーザーとは違い、組織を蒸散(アブレーション)するレーザーです。慎重にいぼ組織だけを除去しますから、丁寧に治療を進めることで傷を最小限に留めることが可能で、傷跡の治りが早く、約1週間で目立ちにくくなります。
※ 肌質やイボの大きさ、深さによって差があります

~ 無痛です ~

肌に優しく効果が高いクリーム麻酔を使いますのでほぼ無痛です。クリーム麻酔が効きにくい方や治療部位にクリーム麻酔が使用出来ない場合は、アイシングや注射麻酔で極力痛みを抑えるように心がけています。
大きないぼ、深いイボはクリーム麻酔では痛みを抑える効果が不十分ですから、注射麻酔を使用します。

~ 施術者によって仕上がりに差が出ます ~

老人性いぼ治療は浅過ぎると再発し、深過ぎると傷が残るため、施術者の熟練度によって仕上がりに差が出ます。当皮膚科病院ではいぼ治療の傷跡は、一般的に1週間で目立たなくなります。
※ いぼの大きさ、深さ、肌質によって仕上がり、治癒の時間に差がありますことを御了承ください。傷が残ることが予想される場合、治癒までに時間がかかりそうな場合は、前もってお話するようにしています。

老人性いぼ治療(脂漏性角化症治療)の症例

老人性いぼ治療


いぼ治療の写真
老人性いぼ治療前 老人性いぼレーザー治療1週間後
老人性いぼ治療の写真
老人性いぼ治療前 老人性いぼレーザー治療1週間後

老人性いぼは炭酸ガスレーザーで適切に治療すると1週間で目立たなくなります。

3~7日後の診療まで、治療部位には肌色の目立たないテープを貼って頂きます。日中のテーピングが難しい方は、塗り薬を1時間おきに頻繁に塗布して頂くことで対応が可能です。

【特徴】
・色も盛り上がりも解消する老人性いぼの根本治療
・治療に要する時間は1つに対し2~3分程度
・傷跡は1週間程度で目立たなくなる(いぼの大きさ、深さにより多少前後する)
・麻酔を使うため無痛
・テーピングが3~7日間必要。テープが難しい方は要相談。

Steps of Wart Removal Therapy
老人性いぼの治療の流れ

いぼは気になるけれど治療は不安だ、と感じる方も多いと思います。
少しでも安心して頂けるよう、マグノリア皮膚科クリニックでの治療の流れをご紹介します。


Step1 カウンセリング

いぼの診察のイメージ写真

老人性いぼの状態を診察した上で、最良と思われる治療法をご提案します。

矢印

Step2 局所麻酔

いぼ治療のクリーム麻酔写真

麻酔しますので、レーザーの痛みはありません。ご安心ください。

当皮膚科病院オリジナルの麻酔クリームは、通常の医療用麻酔クリームが2.5%程度なのに対し18%と強力にもかかわらず肌に優しく、敏感肌の方にも使用できます。

矢印

Step3 いぼをレーザーで除去

レーザーによるいぼ治療の写真

いぼを炭酸ガスレーザーで治療します。
1つ1つ、イボ組織だけを慎重にレーザーで蒸散します。治療に要する時間は1つあたり2~3分程度です。治療はほぼ無痛です。痛みに弱い方もご安心ください。

矢印

Step4 テーピング

いぼ治療後アフターケアのイメージ写真

傷の修復を促す薬を塗布し、肌色の目立ちにくいテープを貼ります。
小さないぼであれば、翌日から指定の塗り薬だけで日中のテープは不要です。大きないぼの場合は3~7日程度、テープケアをすると傷の治りが格段に早くなります。

矢印

Step5 美白剤でアフターケア

いぼ治療後の薬のイメージ写真

7日後から医療用美白剤(ルミキシル)の外用を開始します。いぼを治療した部分は肌のバリア機能が低下していますから、治療部位をきれいに仕上げるために、メラニン生成を抑えるルミキシルをお使い頂きます。
※ 以前は医療用美白剤としてハイドロキノンを使用していましたが、刺激性があるため、ルミキシルに変更しました。ルミキシルはハイドロキノンの17倍の効果があり、肌に穏やかなルミキシルに変更しました。
【 ルミキシルはこちらで購入頂けます 】


※ イボ治療は患者様のご協力があって初めてきれいに仕上がります。アフターケアをしっかり行って下さい。


診療料金のイメージ写真
美容皮膚科女医のブログのイメージ写真
医療レーザー脱毛専門クリニックのイメージ写真
ピアス穴あけ 症例集のイメージ写真
口コミのイメージ写真
リクルートのイメージ写真
メディア紹介のイメージ写真
ドクターモキュリンのイメージ写真
未成年者の方に
モバイルサイト
page-top