汗ボトックスキービジュアル
汗ボトックスキービジュアル"

多汗症ボトックス治療

ボトックス注射で汗を減らします。

ボトックス注射で汗を減らします。

ボトックス注射で汗を減らします。

多汗症ボトックス治療は、手掌や足、わきの汗を注射で抑える治療です。 「汗が気になるけど手術には抵抗がある」という方には最適です。

ボトックスが効いている間は、運動や緊張、高温など汗が出やすい状況下でも汗がピタッと抑えられますから、汗のことを気にする必要がなくなります。汗で困っている方にとっては生活が変わる程の大きな変化です。汗を気にして洋服を選ぶ必要もなくなります。効果は約6~12ヶ月持続します。

ワキの多汗症をボトックスで治療すると、気になるニオイも改善します。

多汗症ボトックス治療のイメージ写真

当美容皮膚科の多汗症ボトックス治療

イメージ画像

所要時間:約10分(麻酔別途30分)
ボトックス注射(多汗症治療)の通院ペース:3〜12ヶ月
痛み:麻酔を使い、更に冷やしながら注射しますから痛みは最小限に抑えられます。


>> 多汗症ボトックス治療料金


半年〜1年に1度の治療が効果的!

ボトックス多汗症治療の効果は6~12ヶ月程度続きます。持続期間は、個人差もありますが、注射する皮膚の深さや部位、ボトックスの量などによっても差が出ます。

夏に汗をかきやすい方は、毎年4~6月頃に治療をお受けになると、夏を快適に過すことができます。

ワキの多汗症をボトックスで治療すると、気になるニオイも改善します。

緊張型多汗症は1度で半永久的効果が得られることもあります。

緊張で汗が増えるタイプの多汗症(緊張性多汗症)は、一度治療しただけで完治して、再治療が不要になることもあります。
これは、「緊張して汗が出てしまうのではないか…」という不安(予期不安)でますます汗に意識が集中して汗が増えるという悪循環に陥っていたのが、多汗症ボトックス治療で汗が出なくなり、予期不安がなくなることで悪循環が断ち切られ、汗に意識が集中しなくなるからではないかと考えられます。

緊張型多汗症のイメージ写真

多汗症ボトックス治療の原理

神経から汗腺に向けて神経伝達物質(アセチルコリン)が放出されると、汗腺が刺激を受けて汗が出ます。緊張したり運動したり辛い物を食べるなどして交感神経の働きが活発になると、アセチルコリンの放出が増えて汗が増えます。

皮下組織のイメージ写真

多汗症ボトックス治療の副作用

ボトックスは多汗症の汗を抑える以外に、筋肉の収縮を抑制する作用があります。

多汗症治療をした部分の筋肉が動かなくなってしまうのではないかと心配になりますが、筋肉と汗腺は深さが異なります。
汗腺の深さに正確にボトックス治療を行なえば、筋肉が動きにくくなることはまずありません。

また、アラガン社製のボトックスは、こういった副反応が少ないことも分かっています。(※当院は多汗症ボトックス治療にアラガン社製ボトックスしか使いません)
注射する部位や量、製剤の種類によっては治療部位が動かしにくくなるなどの副作用も考えられます。多汗症ボトックス注射治療は多汗症治療の経験が豊富で信頼のおける医師の下で治療をお受けください。


たくさんあるA型ボツリヌス毒素の製剤の中でもアラガン社という会社が作っている商品「ボトックス」が最も有名です。

アラガン社製ボトックスは歴史が古く、症例数も多く、安全性や効果が高いとされており、厚生労働省(眼瞼痙攣の治療薬として)やFDAの認可も受けている薬です。他の製剤よりも純度が高いため耐性ができにくいとも言われています。

原価が半値以下の韓国製や中国製のA型ボツリヌス毒素もありますが、当院では原価コストが高くなっても、アラガン社製のボトックスだけを使用しています。


【診療料金】 初診・再診料

  料金(税抜)
初診・カウンセリング 3,000円
再診・技術料 2,000円
English Counseling
※Health Insurance Not Covered
5,000円

(税抜)

初診・カウンセリング料、再診・技術料が治療費とは別にかかりますことをご了承下さい。
※当院の治療費・薬料金は全て保険外診療です。健康保険が効きません。

多汗症ボトックス 治療費

施術箇所 料金
女性 わき多汗症 70,000円
手掌多汗症 110,000円
足裏多汗症 110,000円
男性 わき多汗症 110,000円
手掌多汗症 140,000円
足裏多汗症 140,000円

(税抜)

※当美容皮膚科では多汗症治療にアラガンジャパン®︎のボトックスビスタを使用しています。
※池上による治療は記載の料金より高くなります。詳しくはお問い合わせください。

多汗症ボトックス治療