美容皮膚科 マグノリア皮膚科クリニック

プロペシアの副作用|プロペシア/フィナステリドによるAGA治療は東京の当病院で。効果が高く、安全性の高い育毛剤です。

03-3486-7855

  受付時間   am10:00 - pm6:00    週休2日 不定休

HOME >  その他の治療 >  プロペシア(飲む育毛剤) >  プロペシアの副作用

Side Effects of Propecia
プロペシアの副作用

治療のイメージ写真

プロペシアは毎日口に入れる飲み薬ですから、副作用はとても気になります。プロペシアは毛髪に障害を与える男性ホルモン(DHT)だけを正常レベルに戻しますので、使用法を守っている限り、副作用はまれで、長期間内服しても安全性の高い薬です。
1%程度で性欲減退や性機能低下といった副作用が起きると報告されていますが、プロペシアを内服しても、テストステロン(男性ホルモン)の濃度は下がりませんから、理論的に男性機能の低下とプロシアの内服の直接的な関係は考えにくいと言えます。
プロペシアの影響も否定はできませんが、たまたま時期が一致したか、プラセボ効果(男性ホルモンを抑制する薬を飲んでいるという心理的作用)の可能性も考えられます。これらの副作用は内服を中止すると回復します。
2007年10月に、副作用に肝機能障害(薬剤性肝炎)が追加されました。プロペシアを飲み始めてから身体のだるさなどが出現した場合は、血液検査が必要です。

プロペシアの類似品に注意ください!

治療のイメージ写真

個人輸入などで安くプロペシアを手に入れることが可能ですが、正規のプロペシアと全く同じパッケージで、外から見ても見分けがつかないニセモノも出回っています。
こういった偽造品は、効果が無いだけならまだ良いのですが、身体に害を及ぼす可能性があります。長期間にわたって毎日内服する薬ですから、安全性の高い本物を選びましょう。

・プロペシア 類似品の詳しくは万有製薬AGAのサイトをご覧ください。

 


page-top