美容皮膚科 マグノリア皮膚科クリニック

AGAとは?|プロペシア/フィナステリドによるAGA治療は東京の当病院で。効果が高く、安全性の高い育毛剤です。

03-3486-7855

  受付時間   am11:00 - pm7:00    休診日 月・木

Androgenetic Alopecia
AGAとは?

治療のイメージ写真

AGAは男性型脱毛症のこと。
Androgenetic Alopeciaの略です。
AGAは、以前は壮年期脱毛症と呼ばれていました。20~30代で発症する方が多数ですが、早ければ10代でも発症します。生え際や頭頂部の頭髪が徐々に細く短くなり、遂にはなくなります。
AGAは遺伝的傾向が強く、男性ホルモンに強く影響されます。

AGAは進行性です

AGAは何もしなければ確実に進行します。数年かけて徐々に毛髪が減ります。
進行してしまうと、治療で進行が抑えることができても、髪にコシがもどったり、増えたりといった改善が得られにくくなりますので、早めの治療が効果的です。


AGAの進行パターン

AGAには、額の生え際から後退するM字型、頭頂部から薄くなるO字型、またこれらの混合タイプなど様々な脱毛の進行パターンがあります。

AGAの原因

AGAではDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンの濃度が高いことが判っています。DHTは頭髪に直接働きかけて、髪が成長して抜けるまでの期間を短くします。AGAでは髪の毛が充分に太く長く成長する前に髪が抜けてしまうため、短く細い髪になります。(髪のミニチュア化)

治療のイメージ写真

男性ホルモン濃度が高いと、ヒゲも濃くなります。そのため、濃いヒゲにも悩まされている男性型脱毛症の方はたくさんいらっしゃいます。ひげの永久脱毛とAGA治療を同時に行うことも珍しくありません。

AGAの治療法

AGAには民間を含め色々な治療法がありますが、医学的に効果がわかっているのは次の3つです。

・ プロペシア(フィナステリド)
・ ミノキシジル
・ 塩化カルプロニウム

中でも最も効果的で有効率が高いのがプロペシアです。
高濃度ミノキシジル(5%以上)はO字型のAGAに効果があります。O字型のAGAには、プロペシアと5%ミノキシジル(当病院で処方致します)の併用がお勧めです。

AGA以外の脱毛症

1. 円形脱毛症

突然円形に髪の毛が抜けます。自己免疫機能との関係が深いと言われています。


2. 内分泌疾患

ホルモン異常により髪の毛が減ります(甲状腺機能低下症…)


3. トリコチロマニア

ストレスなどで自分の髪の毛を抜いてしまう精神疾患


4. 機械性脱毛症

髪の毛が長く引っ張られていたり、圧力が同じところにかかることによって起こる抜け毛です


※薬剤性脱毛症

薬剤(抗がん剤など)によって起こる脱毛症です。



診療料金のイメージ写真
美容皮膚科女医のブログのイメージ写真
医療レーザー脱毛専門クリニックのイメージ写真
ピアス穴あけ 症例集のイメージ写真
口コミのイメージ写真
リクルートのイメージ写真
メディア紹介のイメージ写真
ドクターモキュリンのイメージ写真
未成年者の方に
モバイルサイト
page-top