美容皮膚科 マグノリア皮膚科クリニック

背中のにきび|にきび治療は東京/渋谷の当皮膚科クリニックで。背中のニキビもきれいに治せます。

03-3486-7855

受付時間 am11:00 - 13:30 / pm14:30 - 20:00 休診日:月・木

HOME >  症状別治療 >  にきび治療 >  背中のにきび

Pimple Treatment
背中のにきび

身体(ボディー)のにきびは長引くことが多い

背中のにきび治療のイメージ写真

背中の『難治性にきび』にはケミカルピーリングが効果的です

背中やデコルテのにきびは繰り返しやすく、自力で治すのが難しい場所です。

『治ったかと思うと次のニキビができて、いつの間にか背中がニキビ跡だらけになってしまって、背中が開いた服が着られない…』

こんなにきびにはケミカルピーリングが効果的です。

背中のにきび・ニキビ跡をケミカルピーリングで治療(30代女性)

背中のニキビ治療

老人性しみ治療のイメージ写真
背中にきび治療前 ケミカルピーリング10回後

ケミカルピーリングを行い、同時に抗アレルギー薬・男性ホルモンを抑制する薬を内服しました。

背中のにきび治療

背中のにきび治療

背中のにきび治療のイメージ写真
背中にきび治療前 背中にきび治療後

あなたのにきびは本当にニキビ?

背中や二の腕にできるブツブツでよくにきびと間違えられるのが『毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)』と呼ばれる状態です。

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)はニキビとは違い、体質的なもので、フラクショナルCO2レーザーやダーマローラーでキレイに治療することができます。

背中の毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)治療

毛孔性苔癬

背中の毛孔性苔癬治療のイメージ写真
背中の毛孔性苔癬 毛孔性苔癬の治療後

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)はフラクショナルCO2レーザーあるいはダーマローラーでツルツルになります。

腕のぶつぶつ・毛孔性苔癬のページはこちら

Pimple Treatment
背中にきびの治療

背中とデコルテのにきびはホルモンバランスの崩れやアレルギーなどが影響していることが多く、ケミカルピーリングだけでは効果が少ない場合もあります。飲み薬や注射の併用が効果的な場合も有ります。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングのイメージ写真

ケミカルピーリングは背中にきび治療のスタンダードです。ただ、弱いピーリングは背中のにきびには効果がありません。
当皮膚科病院ではボディに対して、pH無調整で50%のグリコール酸やサリチル酸エタノールなど、他の皮膚科病院に比べてかなり強いピーリングを行います。段階的に強くしますので、赤みや皮向けなどの副作用が少なく、皮が剥けたりということはなく、人に知られることなくニキビ治療を行うことが可能です

〜 ケミカルピーリングの効果 〜

・肌の汚れを落とす
・殺菌効果で背中のお肌を清潔に保つ
・肌のターンオーバーを正常に近づける
・炎症を抑える
・皮脂の分泌を抑える
・にきび跡の色素沈着を改善する
・毛穴詰まりを改善する

≫ ケミカルピーリングの詳細へ

抗生剤

赤く腫れた赤にきびが背中にたくさん有る場合はニキビ菌が異常繁殖がしています。
このような状態のにきびには抗生剤の内服・外用が効果があります。
ただし、難治性にきびは抗生剤単独では効果がほとんどありませんので、皮脂の分泌を抑えたり、肌のターンオーバーを整える治療との併用が必要です。

〜 抗生剤の背中ニキビに対する効果 〜

・異常発生した細菌を死滅させる抗菌作用
・ニキビの患部で脂肪が分解されるのを抑制し、炎症を抑える抗炎症作用(テトラサイクリン系)

ホルモン療法

背中やデコルテ(胸)のにきびはホルモンバランスの崩れが原因のひとつであることが多々あります。ホルモンバランスが整うと、にきびができにくい肌に変わります。

ホルモン療法は3ヶ月程度行い、一旦ニキビが改善したら、内服薬は中止することができます。

〜 ホルモン治療の効果 〜

・ホルモンの影響で過剰になった皮脂分泌を抑制する
・毛穴つまりを予防する

ビタミンAの内服

ビタミンAのイメージ写真

ビタミンAの内服はアメリカでは難治性にきびの第一選択薬です。皮脂の過剰な分泌を抑えつつ、肌のターンオーバーをスムーズにすることで、毛穴の閉塞を防ぎます。

ビタミンAはニキビが改善した段階で中止します。内服の目安は2〜3ヶ月です。

〜 ビタミンAの内服による背中にきび治療〜

・皮膚の角化を抑制し、毛穴のつまりを防ぐ

プラセンタ注射

プラセンタ注射のイメージ写真

ホルモンバランスを整えるプラセンタを皮脂分泌抑制の高いビタミン剤や皮膚の炎症を抑える薬とバランス良く配合し、点滴・注射します。内側からにきびを予防します。
特に生理前にニキビが悪化する方や子宮内膜症を合併している方、生理前症候群(PMS)が強い方にお勧めです。

プラセンタ注射による背中にきび治療

・ホルモンバランスを整える ・炎症を抑える ・美白作用 ・皮脂の分泌を抑える ・水分と皮脂のバランスを正常に保つ ・抗酸化作用

≫ プラセンタ注射の詳細へ

圧出

圧出のイメージ写真

圧出は炎症性にきびの炎症を速やかに鎮めます。

ニキビの炎症が長引くとニキビ跡が残ることが有ります。
特にデコルテ(胸回り)や肩の近くはケロイドという瘢痕ができやすい部分ですので、強い炎症はなるべく早く鎮めて、跡を残さないことが大切です。

当病院ではにきびのてっぺんにレーザーでごく小さな穴を開け、皮脂を医療機器で押し出します。針での圧出に比べて痛みが少なく、確実な効果が得られます。

※ご自分でにきびを潰すと、雑菌が入り炎症を起こしたり、クレーター・色素沈着などにきび跡の原因となりますので、お控え下さい!

〜 圧出の効果 〜

・にきびの炎症を速やかに鎮める
・クレーター(ニキビ跡)が残るのを予防する

フラクショナルCO2レーザー

フラクショナルCO2レーザーのイメージ写真

ひどいニキビ跡(クレーターやケロイド)を残しやすいニキビ(特に炎症が強いエラや頬のにきびなど)や、すでにニキビ跡のクレーターができている場合はフラクショナルCO2レーザーによる治療が効果的です。

フラクショナルCO2レーザーは深部から肌を入替えて、皮脂分泌や肌のターンオーバーを正常に整え、肌を根本的に入れ替えてしまう画期的な治療です。

今あるにきびを治すだけでなく、ニキビ跡(クレーターも含む)をキレイにし、更に新しいにきびができにくい肌質へと導きます。

〜 フラクショナルCO2レーザーの効果 〜

・肌を深部からフレッシュで健康な肌へと入れ替える
・ニキビと同時にニキビ跡も治す
・にきびのできにくい肌質に変える

≫ フラクショナルCO2レーザーの詳細へ

ダーマローラー

ダーマローラーのイメージ写真

ダーマローラーはフラクショナルCO2レーザーと同様、肌を深部から入れ替える治療です。

今あるにきびを治すだけでなく、ニキビ跡をキレイにし、更に新しいにきびができにくい肌質へと導きます。

〜 ダーマローラーの効果 〜

・肌を深部からフレッシュで健康な肌へと入れ替える
・ニキビと同時にニキビ跡も治す
・にきびのできにくい肌質に変える

≫ ダーマローラーの詳細へ


page-top