美容皮膚科 マグノリア皮膚科クリニック

ボディピアス Q&A(よくある質問)|ボディピアス穴あけは当病院で。皮膚科女医が丁寧に対応するボディピアス穴あけの皮膚科病院です。

03-3486-7855

  受付時間   am11:00 - pm7:00    週休2日 不定休

HOME >  プチ整形・ダイエット・ピアス >  ボディピアス >  ボディピアス Q&A(よくある質問)

Body Pierce Q&A
ボディピアス Q&A(よくある質問)

ピアス穴あけのよくある質問

「ボディピアス」の疑問・質問にお答えします!

Q1.ボディピアスは痛いですか?
当病院では麻酔をしますので、穴あけ時は無痛です。痛みに弱い方も安心してボディピアスを楽しむことができます。マグノリア皮膚科クリニックの麻酔の注射は痛くないと評判です。
ボディピアスは、麻酔をしなければ強い痛みを伴います。
Q2.ボディピアスには良い季節はありますか?
ボディピアスは1年中いつでも開けられますが、夏に水泳をする方は、その時期を外した方が良いでしょう。
Q3.ホール完成までどれ位かかりますか?
ボディピアスは耳たぶピアスよりもホールが安定するまで時間がかかります。3ヶ月から半年が一般的です。その間はピアスを交換せず、ファーストピアスをつけっぱなしにして下さい。
Q4.ピアスをしたままサウナに入れますか?
金属のピアスは熱伝導製が高く、サウナに長時間入っていると熱くなり、ピアスと接触している部分が炎症を起こす可能性があります。
サウナに入るときは金属製のピアスを外すか、シリコン製のピアスに変えると安心です。
Q5.ボディピアスは頻回に着けたり外したりできますか?
ボディピアスは耳たぶピアスと異なり、基本的にはつけっぱなしで、年に数回取り替えるのが基本の付け方です。もしもあなたの職場環境がボディピアスを許さないようでしたら、着けっぱなしにできるまで開けるのをお待ちください。
Q6.ボディピアスはトラブルが起きやすいと聞きました。
ボディピアスは耳たぶピアスに比べ、感染、肉芽(タコ)、色素沈着、排出などのトラブルが起きやすい部位ですので、予防のためのケアが非常に大切です。感染は穴あけ後数日内服薬を飲み、ホールができあがるまで消毒と抗生剤の塗り薬を使用することでかなりリスクを軽減することができます。
Q7.ボディピアスに炎症が起きてしまいました。
炎症が強めの場合、いったん金属のピアスを外して、柔らかいシリコンのチューブを挿入し、医薬品を使って治療します。シリコンチューブはホールに負担をかけませんから、ピアスが早く完成します。
Q8.肉芽(タコ)は治療できますか?
肉芽(タコ)は圧力がかかることでできますので、圧力の原因となっている金属のピアスをいったん外して、柔らかいシリコンのチューブを挿入します。場合によっては飲み薬と注射をプラスします。
Q9.病院とボディピアスショップで開けるピアスに違いはありますか?
ピアスの穴あけは医療行為であり、ピアスショップなどでのピアス穴あけを行うのは違法です。
ボディーショップをオープンするために特別な知識や資格は必要ありませんから、中にはピアスに関する知識も十分ないまま営業しているショップもあるでしょうし、衛生管理が行き届いていないスタジオもあるでしょう。ウィルス感染(肝炎ウィルスやHIV etc.)を起こしては大変です。
ボディピアスが関連していると思われる重篤な感染症も報告されています。ボディピアスを開けるのならば、ピアスに真剣に取り組んでいる病院で開け、感染予防の処置を受けるのが一番安心です。 違法なボディーショップが濫立している原因のひとつは、ピアスに関して十分な知識を持たずにピアッシングしている病院が多いことが考えられます。 当病院は、ディープな知識を持ち合わせたピアス専門家とタッグを組み、医学的にもピアス専門の面からも、より高度で満足感の高いピアッシングを提供しています。


診療料金のイメージ写真
美容皮膚科女医のブログのイメージ写真
医療レーザー脱毛専門クリニックのイメージ写真
ピアス穴あけ 症例集のイメージ写真
口コミのイメージ写真
リクルートのイメージ写真
メディア紹介のイメージ写真
ドクターモキュリンのイメージ写真
未成年者の方に
モバイルサイト
page-top