美容皮膚科 マグノリア皮膚科クリニック

耳ピアス|耳ピアスは東京/渋谷の当皮膚科病院で。ピアストラブルもご相談下さい。

03-3486-7855

  受付時間   am11:00 - pm7:00    休診日 月・木

Ear Pierce
耳ピアス

耳ピアス穴あけは一瞬で終了します。

耳ピアスのイメージ画像

耳たぶピアスは専用の器具を使って穴あけを行います。一瞬で穴あけが終了し、痛み・出血・腫れはほとんどありません。
痛みに弱い方のために麻酔(注射タイプと塗るタイプ)をご用意していますので、特に痛みに弱い方も安心してピアス穴あけをお受け頂けます。
お気軽にご相談下さい。

Step of Piercing
耳ピアス穴あけの流れ

Step1 カウンセリング

カウンセリングのイメージ写真

耳ピアス穴あけについて詳しく説明します。

矢印

Step2 マーキング

マーキングのイメージ写真

耳の形に合った位置にマーキングします。ホールの位置決めは非常に大切です。

矢印

Step3 耳ピアス穴あけ

耳ピアス穴あけのイメージ写真

専用器具で穴あけをします。
一瞬で終了し、出血・腫れ・痛みはほとんどありません。

「もう開いたんですか??
全然痛くありませんでした!」

矢印

Step4 再度アフターケアについて説明

アフターケアのイメージ写真

最後に実際に耳ピアスを消毒しながらアフターケアについて再度ご説明します。


当病院の耳ピアス穴あけの特徴

当病院の耳用 ファーストピアス

ファーストピアスのイメージ写真

1. 清潔操作

病院用に完全滅菌された医療用ピアスを使用して清潔操作でピアスを開けます。


2. アレルギーを起こしにくい

金属の中でアレルギーを起こし難いチタン製か医療用ステンレスのファーストピアスを用います。


3. 耳たぶの厚さに合ったピアスをチョイス

ファーストピアスが耳たぶに対し短いと、キャッチが耳たぶを圧迫してトラブルが起きやすくなります。当病院では耳たぶの厚さに合ったピアスを使用します。


4. 太いファーストピアスを使用

細いファッションピアスをファーストピアスとして使用すると、ピアスを通すのが難しい細いピアスホールとなってしまい、後々トラブルがおきやすいので、太いファーストピアスを使います。


5. ピアスヘッドの形

ピアスヘッドがあまり小さいと、腫れたときなどに耳たぶに埋まり込んでしまことがあります。ファーストにはある程度大きいピアスヘッドを使用します。


6. お好きなピアスが選べる

豊富なデザインの中からファーストピアスをお選びいただけます。医療用ピアス料金はピアス穴あけ代金に含まれています。
最初からクオリティーの高いピアスをご希望の方、特殊なピアスをおつけになりたい方は、ピアス代金が別途必要ですが、指定のピアススタジオのピアスでお開けすることが可能です。ご希望の方はご予約の際にお伝え下さい。


7. 痛みが少ない

耳ピアス穴あけは一瞬で穴あけが終了し、痛みも出血もほとんどありません。特に痛みに対して不安が強い方には麻酔をご用意していますから、ご安心下さい。


8. 万全なアフターケア

耳たぶピアスを開けてから数週間は、毎日消毒があります。市販の消毒液は毎日使うためにできていませんから、肌への負担が強く、ピアストラブルの原因になります。当病院では殺菌力が強く肌に優しい消毒を処方しますので、お肌の弱い方も安心です。効果的な消毒方法もご指導致します。


9. トラブルの治療もご相談下さい

万が一、耳ピアスにトラブルが起こった場合、当病院ではほとんどのケースでホールを塞ぐことなく治療できます。他の病院やご自分、ボディピアスショップで開けたピアストラブルも遠慮なくご相談下さい。


ピアストラブル

きちんとケアしていても、何かの拍子で感染や肉芽(たこ)などのトラブルが生じることがあります。当院ではピアストラブルの治療にも力を入れています。多くの場合、開けたピアスを閉じることなく治療することができます。ご自身・他院・ボディーショップなどで開けたピアスのトラブルもご相談下さい。

耳のピアストラブル 症例1(化膿)

耳のピアストラブルのイメージ写真
ホールが化膿して痛み・腫れ・ジクジクがひどい状態です ピアスを外すと圧迫されてピアスの形に傷がついていました シリコンチューブを挿入しました。 傷も残らずきれいに治りました

耳のピアストラブル 症例2(金属アレルギー)

金属アレルギーのイメージ写真
ピアスの金属に反応して広い範囲で
アレルギー症状が起こっています。
シリコンチューブを装着しました。
ホールを塞ぐこと無くキレイに治りました。
(2週間後)

耳のピアストラブル 症例3(埋没)

埋没のイメージ写真
ピアスが埋没しました。
前側からはピアスが
見えません。
後ろ側にはピアスが
突き出ています。
埋まったピアスを
取り出しました。
麻酔を使いますので
無痛です。
ピアスホールをそのまま
キープすることができます。

もっと、症例写真を見る! ≫ ピアス穴あけ 症例集



診療料金のイメージ写真
美容皮膚科女医のブログのイメージ写真
医療レーザー脱毛専門クリニックのイメージ写真
ピアス穴あけ 症例集のイメージ写真
口コミのイメージ写真
リクルートのイメージ写真
メディア紹介のイメージ写真
ドクターモキュリンのイメージ写真
未成年者の方に
モバイルサイト
page-top