美容皮膚科 マグノリア皮膚科クリニック

ほくろ除去の流れ|ほくろのレーザー除去は高い技術を誇る渋谷の当皮膚科病院で。気になるほくろを取るとすっきり清潔感が出ます。治療跡が目立たずキレイに仕上がるよう、アフターケアまでしっかり行います。

03-3486-7855

  受付時間   am11:00 - pm7:00    休診日 月・木

HOME >  レーザー治療 >  ほくろ除去 >  ほくろ除去の流れ

Mole Removal
ほくろ除去の流れ

ほくろ除去に興味はあるけれど不安だ、と感じる方も多いと思います。
少しでも安心して頂けるよう、マグノリア皮膚科クリニックでの治療の流れをご紹介します。

Step1 診察

カウンセリングのイメージ写真

ホクロの状態を診察した上で、最良と思われる治療法をご提案します。

※ホクロ除去に使用するレーザーにはいくつか種類があります。
通常、炭酸ガスレーザー治療で治療しますが、生活スタイルや肌の状態、ご希望などに応じて使用するレーザーと治療方針を考えます。
テーピングができない、特に痛みに弱い、ほくろだけでなく、シミも同時に薄くしたいなど、ご希望が有る場合はお気軽にご相談下さい。

矢印

Step2 麻酔

しみ治療のイメージ写真

極細の針を使用しますから、麻酔の痛みはわずかです。
マグノリア皮膚科クリニックの注射は痛くないと言って頂けることが多いですので、ご安心ください。
麻酔の後は無痛で、麻酔が切れてからも痛みが出ることはありません。
痛みに弱い方も安心してホクロ除去をお受け頂けます。

矢印

Step3 ホクロ除去

脂肪溶解注射のイメージ写真

周りの組織を傷つけることなく、レーザーでホクロだけ取り除きます。治療時間はほくろの状態にもよりますが、1つ5分程度です。

矢印

Step4 テープでホクロ除去の部位を保護

アフターケアのイメージ写真

ホクロを除去した部位に傷を持ち上げる薬を塗りテープをすることで、ホクロの跡が数段早く、そしてきれいに治ります。テープ固定は約1週間行います。(ホクロの大きさや深さによりテーピングの期間は前後します)。

矢印

Step5 アフターケア

アフターケアのイメージ写真

7日後から医療用美白剤(ルミキシル)の外用を開始します。
ほくろを治療した部分は肌のバリア機能が低下していますから、治療部位をきれいに仕上げるために、メラニン生成を抑えるルミキシル(ハイドロキノンの約17倍の効果)をお使い頂くことで色素沈着を予防します。



診療料金のイメージ写真
美容皮膚科女医のブログのイメージ写真
医療レーザー脱毛専門クリニックのイメージ写真
ピアス穴あけ 症例集のイメージ写真
口コミのイメージ写真
リクルートのイメージ写真
メディア紹介のイメージ写真
ドクターモキュリンのイメージ写真
未成年者の方に
モバイルサイト
page-top