美容皮膚科 マグノリア皮膚科クリニック

ほくろレーザー治療法の比較|ほくろ除去は高い技術を誇る東京/渋谷の当皮膚科病院で。ホクロをレーザーで取ります。

03-3486-7855

  受付時間   am11:00 - pm7:00    休診日 月・木

HOME >  レーザー治療 >  ほくろ除去 >  ほくろレーザー治療法の比較

Mole Removal
ほくろレーザー治療法の比較

当病院ではほくろの状態や生活スタイル、お肌の状態などに合わせて使用するレーザーを決定します。
1.炭酸ガスレーザー
2.Qスイッチレーザー
3.フォトRF

炭酸ガスレーザーによるほくろ治療

〜 スタンダードなほくろ除去 〜

当院では通常、ほくろを炭酸ガスレーザーを用いて除去します。
炭酸ガスレーザー(スーパーパルスCO2レーザー)は組織の水分に反応して蒸散(アブレーション)します。組織を細かく削るイメージです

メスによる治療と違い、ほくろの状態を確認しながら治療できますから、浅いほくろは浅く、深いほくろは深くと、状態に合わせた細やかな治療が可能です。
比較的再発が少なく、アフターケアをしっかり行えば、傷跡もキレイに仕上がります。深いほくろの場合は、Qスイッチレーザーと組み合わせて治療する場合もあります。

治療後は少し傷ができ、テーピングが1週間程度必要です。傷跡をキレイに仕上げるために、メラニンの産生を抑制する美白クリームをしばらくご使用いただきます。

〜 炭酸ガスレーザーの効果と特徴 〜

○ 3つの中で最も確実性が高い
○ しっかりアフターケアができればきれいに仕上がる
○ 約1週間のテーピングが必要

ほくろ除去の写真

治療直後は傷ができます。
1週間小さなテープを貼るケアが必要です。
1週間後からお化粧でカバー出来るようになります。


Qスイッチレーザーによるほくろ治療

ほくろレーザー除去の写真

〜 テーピングなしでほくろを除去できるレーザー 〜

黒い色に反応するレーザー(Qスイッチレーザー)を使ってほくろの色を徐々に薄くします。
ほくろは色素が深い層にあるため、1度の治療でほくろがなくなることはほとんどありません。3ヶ月おきに数回の治療が必要です。
Qスイッチレーザーによるほくろ除去は、基本的にはテーピングが不要です。テーピングがどうしても難しい方にはQスイッチレーザーが向いています。
ふくらみのあるほくろはQスイッチレーザーでは治療できません。

ほくろが多くあるタイプはQスイッチレーザーをお顔全体に照射するレーザートーニングが効果的です。

〜 Qスイッチレーザーの効果と特徴 〜

○ ほくろを薄くする
○ 1回目から効果を実感できる
○ テーピングが不要
○ 当日からお化粧ができ、いつも通りの生活が可能
○ 人に気付かれずに美肌治療が可能

【Qスイッチレーザーの詳細はこちら】


フォトRFによるほくろ治療

〜 ホクロと同時に美肌治療 〜

小さなほくろがいくつかあるタイプや、ほくろを薄くして同時にシミやたるみ、毛穴開きなども改善したい方、影響脱毛も行いたい方にはフォトRFが向いています。
1回の治療でも効果を実感出来ますが、回数を重ねることで美肌効果がアップします。

〜 フォトRFの効果と特徴 〜

○ 人に気付かれずに少しずつほくろが薄くなる
○ しみ、くすみが目立たなくなる美肌効果が大きい
○ 永久脱毛効果で毛穴が目立たなくなる
○ 当日からお化粧ができ、いつも通りの生活が可能
○ テーピングが不要

ほくろのレーザー除去前後写真

※ ほくろ・しみ・くずみが薄くなり肌がにツヤが出ています。同時にフェイスラインのたるみも改善しています。
≫ フォトRFの詳細ページ



診療料金のイメージ写真
美容皮膚科女医のブログのイメージ写真
医療レーザー脱毛専門クリニックのイメージ写真
ピアス穴あけ 症例集のイメージ写真
口コミのイメージ写真
リクルートのイメージ写真
メディア紹介のイメージ写真
ドクターモキュリンのイメージ写真
未成年者の方に
モバイルサイト
page-top