美容皮膚科 マグノリア皮膚科クリニック

脂肪溶解注射と脂肪吸引の違い|脂肪溶解注射は脂肪吸引に比べ、身体への負担が少ない治療です。

03-3486-7855

  受付時間   am11:00 - pm7:00    週休2日 不定休

HOME >  プチ整形・ダイエット・ピアス >  メソセラピー(脂肪溶解注射) >  脂肪溶解注射と脂肪吸引の違い

Mesotherapy vs Liposuction
脂肪溶解注射と脂肪吸引の違い

脂肪吸引とは?

脂肪吸引はメスで切開した穴から管を挿入し、そこから脂肪を直接吸い出します。
吸引した脂肪の分だけ、確実にやせることができます。

脂肪溶解注射(メソセラピー)と脂肪吸引の違い

脂肪吸引は管で脂肪を吸引します。手術であり、直接的なダイエット法です。

一方、脂肪溶解注射は、脂肪溶解剤を脂肪組織に注射し、薬で脂肪を溶かします。
化学療法であり、脂肪吸引に比べると穏やかなダイエット法です。


脂肪溶解注射と脂肪吸引のメリット・デメリット

Mesotherapy vs Liposuction
脂肪溶解注射(メソセラピー)のメリット

脂肪溶解注射は身体への負担が軽く、当日から日常生活を送ることができます。コルセットをつけたり圧迫する必要もありません。
人からバレること無く自然な形で脂肪を除去することができ、手軽に治療ができる点が大きな特徴です。
脂肪吸引でときどき問題となる凹凸が残ることもありません。
また、脂肪吸引では死亡の報告がありますが、脂肪溶解注射では今までの所、アレルギーや皮膚壊死の報告はあるものの、その他の重篤な副作用の報告はありません。
身体的・精神的・時間的・経済的負担も軽い治療と言えます。
ただ、脂肪溶解注射は1回で治療できる範囲や得られる効果に制限があり、複数回の治療が必要です。
脂肪の量が多い部位の治療はメソセラピーによる治療はかえってコストが高くなってしまうこともあるため、メソセラピーと同様に副作用が少なく、一回の治療で広範囲の脂肪組織を破壊するライポソニックスがおススメです。

・ メスを使わず注射で脂肪を溶かす
・ 痛みが少ない
・ 身体への負担が少ない
・ 当日からいつも通りの生活が可能
・ 脂肪吸引後のような凹凸ができない


Mesotherapy vs Liposuction
【脂肪吸引】のメリット

脂肪吸引は吸引した脂肪の量だけ1回で確実に細くなります。
高度肥満の方や、1度でたくさんの脂肪を除去したい方で、手術に抵抗感の無い方には脂肪吸引が向いています。
体への負担が大きく、術後2~4週間の回復期間が必要です。
脂肪が多いが負担の少ない治療を希望される方にはライポソニックスが合っています。

・ 直接脂肪を吸引する
・ 1回でしっかり脂肪を除去できる
・ 痛みや内出血等のダウンタイムが長い
・ 技術の差で凹凸が残ることがある



診療料金のイメージ写真
美容皮膚科女医のブログのイメージ写真
医療レーザー脱毛専門クリニックのイメージ写真
ピアス穴あけ 症例集のイメージ写真
口コミのイメージ写真
リクルートのイメージ写真
メディア紹介のイメージ写真
ドクターモキュリンのイメージ写真
未成年者の方に
モバイルサイト
page-top