美容皮膚科 マグノリア皮膚科クリニック

メソセラピーには軽い腫れ・赤み・痛みなどの副作用があります。医師を含めスタッフ全員女性の美容皮膚科クリニックです。脂肪溶解注射を丁寧に行います。

03-3486-7855

  受付時間   am11:00 - pm7:00    休診日 月・木

Side Effect of Mesotherapy
メソセラピー施術後の様子、副作用

従来のフォスファチジルコリンを主成分としたメソセラピー=脂肪溶解注射では一時的に炎症が起きるために
以下のような症状が現れますが、強い症状ではありません。ご安心ください。

腫れないメソセラピー(輪郭注射)では腫れ、赤みといった副作用はありません。

メソセラピー直後の副作用

メソセラピー直後の副作用のイメージ写真

直後からチリチリとほてり、痛みと腫れが出現します。この痛みは3〜5分程度でおさまります。

その後、筋肉痛のような鈍い痛みが続きますが、日常生活には差障りない程度の痛みです。

痛みや腫れには個人差があり、ブーツやタイトなパンツがきつくなる程度まで腫れる方から、ほとんど痛みや腫れを感じない方まで様々です。

写真程度の赤みが出ることがよくありますが、これは正常な反応で、2〜3日でおさまります。

メソセラピー部位に内出血が起こることがあります。内出血の跡は1~2週間で消失します。

矢印

メソセラピー1週間後の反応

腫れが引きます。
押すと鈍い痛みが残ります。
この時期から血流を促すようマッサージをすると、メソセラピーの効果がアップします。

※ メソセラピーの効果は治療から3ヶ月程度経過してから実感されることが多いです。
(腫れないメソセラピーでは早い方ですと3日後から効果が現れます。)

メソセラピー(脂肪溶解注射)の注意点

◯ 直後から日常生活が可能です。
◯ 1週間後からマッサージすることで、より高い効果が期待できます。



診療料金のイメージ写真
美容皮膚科女医のブログのイメージ写真
医療レーザー脱毛専門クリニックのイメージ写真
ピアス穴あけ 症例集のイメージ写真
口コミのイメージ写真
リクルートのイメージ写真
メディア紹介のイメージ写真
ドクターモキュリンのイメージ写真
未成年者の方に
モバイルサイト
page-top