美容皮膚科 マグノリア皮膚科クリニック

ルミキシルの使用方法|美容皮膚科医が薦める敏感肌でも毎日安心して使える最強の美白クリーム「ルミキシル」の使用方法をご説明します。

03-3486-7855

  受付時間   am11:00 - pm7:00    休診日 月・木

HOME >  その他の治療 >  ルミキシル >  ルミキシルの使用方法

Lumixyl
敏感肌でも安心の非毒性・非刺激性

シミやにきび跡などの色素除去促進を目的とする美白製品の多くは、成分に角質除去作用が含まれているので、お肌に刺激を引き起こします。お肌の漂白剤とも言われるハイドロキノンも刺激が強いので、敏感肌でご使用頂けない方もいます。肌が弱く、美白したくても美白製品は使えないという方も多数いらっしゃいます。また、美白効果が高く刺激が強い製品はシミ等のポイント使いは可能でも、顔全体への使用は出来ない美白製品もあります。
ルミキシルは、お肌への毒性・刺激を排除し、肌を傷付けること無く高い美白効果を実現しました。シミ部分だけでなく、お顔全体にご使用頂けます。

非毒性・非刺激性テスト済

ルミキシル・ペプチドのイメージ写真

高い美白効果を誇るハイドロキノンは、メラニン細胞に対する毒性が高く、長期使用は皮膚に負担が掛かってしまう事が明らかになっています。一方、ルミキシルの美白成分「ルミキシル・ペプチド(デカペプチド12)」は、肌のパッチテストにおいて刺激やアレルギー反応は認められていません。
「ルミキシル・ペプチド」を開発した米国スタンフォード大学の皮膚研究者が、ルミキシル・ペプチドによる肌細胞への毒性・刺激性の臨床実験を行った結果、人のメラニン細胞に毒性作用を及ぼすことなく、チロシナーゼを43%減少させることが実証されました。
この様な臨床試験結果からも、ルミキシルは肌に優しい美白製品といえます。

ルミキシルは、今まで他の美白製品が実現出来なかった高い美白力肌への優しさを兼ね備えた美白クリームです。低濃度で高い美白効果を得られるのも特徴です。

安全性 非刺激性 効果安定性 効果が得られる濃度
ルミキシル 0.01%
ハイドロキノン 組織褐変症の
可能性
× 4~20%必要
αアルブチン
コウジ酸
クマコケモモエキス
グリコール酸 日光過敏症・炎症後
色素過剰の可能性
× × 50~92%必要
αヒドロキシ酸 × ×
ビタミンB3 2~5%必要
ビタミンC × 5%必要

Step of Lumixyl
ルミキシル使用方法

Step1 保湿

保湿のイメージ写真

朝晩の先願後、化粧水でしっかり保湿をしてください。

矢印

Step2 ルミキシルの塗布

塗布のイメージ写真

化粧水で保湿をした後に、ルミキシルを2プッシュ顔全体に塗ります。

矢印

Step3 クリームの塗布

スキンケアのイメージ写真

クリームは、ルミキシルを塗った後にご使用下さい。

矢印

Step4 日焼け止めの塗布

スキンケアのイメージ写真

日中はSPF30以上の日焼け止めをご使用下さい。



診療料金のイメージ写真
美容皮膚科女医のブログのイメージ写真
医療レーザー脱毛専門クリニックのイメージ写真
ピアス穴あけ 症例集のイメージ写真
口コミのイメージ写真
リクルートのイメージ写真
メディア紹介のイメージ写真
ドクターモキュリンのイメージ写真
未成年者の方に
モバイルサイト
page-top