美容皮膚科 マグノリア皮膚科クリニック

当美容皮膚科のレーザートーニング|レーザートーニングは東京の当美容皮膚科クリニックで。美容皮膚科医がきめ細やかに治療致します。

03-3486-7855

  受付時間   am11:00 - pm7:00    休診日 月・木

HOME >  レーザー治療 >  レーザートーニング >  当院のレーザートーニング

Lasertoning
当美容皮膚科のレーザートーニング

レーザートーニングは肌のあらゆる『色』トラブルを解決します。

多くの方は、肝斑や老人性色素斑、そばかす、くすみ、ADM(あざの一種)など、いくつかの種類のしみをお持ちです。当美容皮膚科では、医師がそれぞれの症状に合わせて細かく出力は波長を設定してレーザー治療します。肝斑だけではなく、あらゆる肌の色ムラに効果的です。

レーザートーニングの通院回数

レーザートーニングは1度でも効果を実感いただけますが、満足の行く効果の持続のためには1~3ヶ月おきに5回程度の治療をお受けになることをお勧めします。
1クール(5回)のレーザートーニング後は、再度くすみや肝斑などが気になった時点で効果維持のために治療をお受けになると効果的です(半年ごとの治療が理想的です)。

当美容皮膚科のレーザートーニング

所要時間のイメージ画像 通院ペースのイメージ画像 麻酔のイメージ画像

レーザートーニングの所要時間:約40分 (イオン導入、フェイシャルパックを含む)
レーザートーニング通院の目安:1〜3ヶ月おき

Lasertoning puls
組み合わせると効果的なその他の治療

レーザートーニングの副作用

治療後、多少赤くなったり腫れることがありますが、お化粧で隠せる程度で、通常、数分でひきます。
治療後に、しみやそばかす、ADM(アザの一種)が浮き出たり、細かいかさぶたができることがあります(お化粧で隠れる程度で、目立ちません)。これはメラニンにレーザーの光が良く反応しているサインです。しばらくすると、しみやそばかすは薄くなり、かさぶたは自然にはがれます。
しみができたお肌はメラニン活性が高くなっており、メラニンが作られやすくなっています。治療の1回1回の効果を最大限引き出し、効果を維持させるために、ルミキシル、あるいはハイドロキノンをホームケアでお使い頂きます。
レーザートーニングで使用されるレーザーは、紫外線や放射線といった有害線とは違い、医師の管理下で正しく使われている限り、人体に悪影響を及ぼすことはありません。

Notice
当美容皮膚科でレーザートーニングを受ける時の注意点

注意点を正しく守って、安全で効果的なレーザートーニングをお受けください。

レーザートーニングのアフターケア

  • 当日のサウナは避けて下さい。
  • レーザートーニングでできたかさぶたは無理にはがさず、自然にはがれ落ちるのを待って下さい。
  • 日焼けを避けて下さい。
  • 十分に保湿してください。

レーザートーニングのできない方

  • 妊娠中の方
  • 光の点滅に反応するてんかん発作の既往がある方
  • 日光アレルギーの方
  • ※その他持病のある方はご相談下さい


診療料金のイメージ写真
美容皮膚科女医のブログのイメージ写真
医療レーザー脱毛専門クリニックのイメージ写真
ピアス穴あけ 症例集のイメージ写真
口コミのイメージ写真
リクルートのイメージ写真
メディア紹介のイメージ写真
ドクターモキュリンのイメージ写真
未成年者の方に
モバイルサイト
page-top