美容皮膚科 マグノリア皮膚科クリニック

コラーゲン注射との違い|年間1,000以上の症例数を誇る美容皮膚科のヒアルロン酸注射とコラーゲン注射の違いについて

03-3486-7855

  受付時間   am11:00 - pm7:00    休診日 月・木

HOME >  プチ整形・ダイエット・ピアス >  ヒアルロン酸注射 >  コラーゲン注射の違い

Hyaluronic vs Collagen
ヒアルロン酸注射とコラーゲン注射の違い

コラーゲン注射ってナニ?

コラーゲンとは?

にきび治療のイメージ写真

コラーゲンは本来お肌に存在しているタンパク質の一種で、肌のハリや潤いを保っている成分です。

コラーゲンが多く含まれる肌にはハリと潤いがあります。
年齢とともにコラーゲンを作る能力が低下して、コラーゲンの総量が減少し、肌のハリが失われてたるみやシワの原因になります。

コラーゲン注射とは

外からコラーゲンを気になる部分に注射して、しわを改善したりハリを出す治療がコラーゲン注射です。

以前は注入治療と言えばコラーゲン注射のことをさしましたが、ヒアルロン酸の方がメリットが大きいため、最近では注入の主流はヒアルロン酸に移り、コラーゲン注射が行われることはほとんどなくなりました。

次に、ヒアルロン酸注射がどのようにコラーゲン注射より優れているのかを説明して参ります。


コラーゲン注射とヒアルロン酸注射の違い

Hyaluronic vs Collagen
ヒアルロン酸注射にはアレルギーの心配がありません!

コラーゲンは約5%でアレルギー反応を起こすため、アレルギーテストが必要です。アレルギーテストが陰性でもアレルギー反応が出ることがあります。(偽陰性)
コラーゲン注射でアレルギー反応が起こると、次のような症状が現れます。

〜 コラーゲンによるアレルギー症状 〜
・ 痛み、発赤、かゆみ、腫れ
・ 注射部位が硬くなる、しこりができる
・ 皮膚の表面がむける(皮膚潰瘍)
・ 皮膚の変色
・ 瘢痕化(傷跡)

一方、ヒアルロン酸注射でアレルギーを起こすことは非常にまれです。頻度は0.0012%という報告があります。つまりヒアルロン酸はアレルギーの心配がほぼないので、アレルギー検査をすることなく、そのまま注射することが可能です。


Hyaluronic vs Collagen
ヒアルロン酸注射は感染の心配がありません!

コラーゲンは動物(ブタ、ウシ など)、あるいはヒトから作られた生物由来の製品です。
ヒアルロン酸注射に用いられるヒアルロン酸はバイオテクノロジーで人工的に作られたものですので、感染のリスクがなく、安心です。


Hyaluronic vs Collagen
ヒアルロン酸注射なら効果が約1年間持続

効果の持続期間がコラーゲン注射が約半年に対し、ヒアルロン酸は約1年と効果がより長く持続します。
(製剤の種類、注射のテクニック、吸収速度の個人差によっても持続時間は変わります)

◎ ヒアルロン酸を目の周囲に注射すると、凸凹のある不自然な仕上がりになるため、目の周りの注入はコラーゲンの方が良いと以前は言われていましたが、現在はヒアルロン酸製剤の改善と 注射技術の向上によって、目の周りにもヒアルロン酸を注入することが多くなって来ました。
 当院で目元に使用するヒアルロン酸は、コラーゲンと同等の軟らかさを持つ製剤で、高度な技術で目の周りのしわやくぼみ、目の下のくま、たるみ、しわもヒアルロン酸注射で自然に仕上げます。

◎ ヒアルロン酸を注入すると、その周りで自己のコラーゲンが増えるということが近年の研究で判ってきました。ヒアルロン酸注入を継続することで、コラーゲンの充実した若々しい肌をキープできることが科学的にも証明されたのです。


症例写真を見る ≫ ヒアルロン酸 症例集



診療料金のイメージ写真
美容皮膚科女医のブログのイメージ写真
医療レーザー脱毛専門クリニックのイメージ写真
ピアス穴あけ 症例集のイメージ写真
口コミのイメージ写真
リクルートのイメージ写真
メディア紹介のイメージ写真
ドクターモキュリンのイメージ写真
未成年者の方に
モバイルサイト
page-top