美容皮膚科 マグノリア皮膚科クリニック

医療レーザー脱毛 Q&A(よくある質問)|医療レーザー脱毛についてよく聞かれる質問。東京渋谷の美容皮膚科病院

03-3486-7855

  受付時間   am11:00 - pm7:00    休診日 月・木

HOME >  レーザー治療 >  男性脱毛・ひげ脱毛 >  医療レーザー脱毛 Q&A(よくある質問)

Medical Laser Hair Removal
男性の永久脱毛

医療レーザー脱毛のよくある質問

「医療レーザー脱毛」の疑問・質問にお答えします!

Q1.男性脱毛の通院は何回必要ですか?

5回程度で終了することが多いです

毛質、毛の密度、肌質などによって必要な脱毛回数には違いがあります。
一般的な濃さの方が決められた間隔を守って脱毛に通われた場合、5回程度の
医療レーザー脱毛で満足の行く効果を得られる方が多いです。そのため、当院では
5回セットというセットプランをご用意しています。

脱毛が完了した状態とは、1本も毛がなくなる無毛状態ではなく、自己処理しなくても
気にならない状態、あるいはひげであれば、カミソリ負けしなくなって、見た目が
スッキリする状態です。

6回以上の脱毛をご希望される方は全体の10%程度です。
もしも6回以上の脱毛治療が必要な場合、当院では6回目以降の治療費が割引になります。
Q2.男性脱毛の通院ペースは?

1〜2ヶ月に1度が最適です

毛周期に合わせて脱毛することで、効率良く脱毛でき、少ない回数で満足行く結果を出すことが出来ます。

顔は毛周期が早いため1ヶ月、身体は1.5~2ヶ月に1度の脱毛が理想的な治療間隔です。
脱毛間隔がこれよりも短くても長くても、1回1回の脱毛効果は落ちてしまいます。
Q3.すごく毛深いのですが、医療レーザー脱毛で毛が薄くなりますか?

毛深い方にこそ医療レーザー脱毛はお勧めです

医療レーザー脱毛は永久脱毛ですから、もう毛に悩まされることがなくなります。
毛深かった毛が薄くなると、清潔感のある印象に変わりますし、肌のコンディションも
良くなります。

密度が非常に高い場合は回数が多く必要になります(男性のひげ)

体毛の場合は毛が濃くても5回程度のレーザー脱毛で終了することが多いですが、
口周りのひげなど、かなり硬い毛が密集している場合、レーザーがなかなか毛根に
達することができず、毛の密度がある程度少なくなるまで、1回1回の脱毛効果が
落ちてしまい、脱毛回数が多く必要となることがあります。
Q4.医療レーザー脱毛中に自己処理はできますか?

毛を剃るのは問題ありません

医療レーザー脱毛は針脱毛と違い、脱毛前に毛を伸ばす必要がありません。

レーザーは毛根の色素に反応します。毛根に毛が残っていればしっかり脱毛効果を
得ることができますので、表面の毛を剃っても問題ありません。

毛を抜いてしまうとレーザーが毛根に反応できなくなり、脱毛効果が落ちます。
毛抜き処理をしている方は医療レーザー脱毛を始める2週間以上前から剃る方法に変えてください。
Q5.男性脱毛は痛いですか?

痛いです。痛みを軽減することは可能です

男性の毛、特にひげは硬くしっかりしているので、レーザーが強く反応して、痛みを
強く感じます。

当病院では 痛みや赤み、腫れを抑えて1回1回の効果をなるべく高くする脱毛に
重点を置いて多くの症例の経験をフィードバックし、改善を重ねております。

その結果、他の病院やメンズエステで痛みのために脱毛を途中で断念した男性も、
最後まで脱毛を頑張られる方が多く、大変うれしく思っております。

脱毛に使用する局所麻酔は、一般的な医療用クリーム麻酔が2%程度なのに対し、
当病院オリジナルの麻酔は18%と非常に効果が高く、
それであって肌に穏やかです
から、敏感肌の方にもお使い頂けます。
更にレーザーの照射のやり方も、オリジナリティーあふれる方法を取っており、
開業当初と比べて効果は高くなったにもかかわらず、痛み、赤み、腫れが少なくなり
ました。


痛みに不安がある方は、無料でテスト照射(一部分を実際に医療レーザー脱毛します)
できますのでお気軽に体験してみてください。
Q6.肌が弱いのですが、医療レーザー脱毛はできますか?

医療レーザー脱毛は敏感肌の方に特にお勧めです

肌の弱い方は自己処理(かみそりや毛抜きによる脱毛処理)によりカミソリ負けや湿疹ができやすいですし、毛自体が肌を刺激して、肌のコンディションを悪化させていることが多々あります。

医療レーザー脱毛で永久脱毛をすると、毛自体や毛の処理からくる肌ダメージがなくなり、肌のコンディションが良くなります。

敏感肌の方には特に医療レーザー脱毛をおすすめします。

脱毛後は肌が軽い炎症を起こします。この状態を放置してしまうと、アトピーの方や敏感肌の方は更に炎症が悪化して湿疹、あるいは色素沈着の原因となることがありますので、
必ず処方された薬を使用して下さい。
医師が診察の上、内服薬を処方する場合もあります。

当病院ではアトピーや敏感肌の方も多く医療レーザー脱毛をお受け頂いております。
安心してご相談ください。
Q7.時間はどのくらいかかりますか?

短時間で終了します

ワキや鼻下といった狭い範囲ならば3分程度で終了します。
脱毛後、炎症を抑えるためのアイシングに10分程度頂きます。

医療レーザー脱毛にかかる時間の目安

両ワキ脱毛 3分程度 ひじ下脱毛 15分程度
ひじ上脱毛 15分程度 ひざ下脱毛 15〜30分程度
ひざ上脱毛 15〜30分程度 男性ひげ脱毛 15分程度
Q8.脱毛費以外に費用は掛かりますか?
初診・再診料:
当病院では初診カウンセリング料3,150円、最新技術料2,100円を頂いております。

抗炎症剤:
脱毛後、毛根周囲が軽く炎症を起こします。
炎症を放置すると、肌質によっては悪化したり湿疹の原因となり、場合によっては色素沈着を起こすことがあります。
抗炎症剤を適切に使用すると、赤みや腫れの時間を短縮することができ、脱毛を快適に進めることができます。
当皮膚科院ではトラブルなくきれいに仕上げるために、初回に抗炎症剤の外用剤(¥1,050)を処方します。
ひげの脱毛であれば1本で最後まで足りることがほとんどです。

麻酔:
痛みに弱い方、デリケートゾーンの脱毛、ひげ脱毛のためにクリーム麻酔(¥3,150)をご用意しています。麻酔を使うと医療レーザー脱毛の痛みがかなり楽になります。

その他 :
にきびや湿疹など、レーザーに反応して肌トラブルが生じた場合、医薬品を使用して治療します。
Q9.医療レーザー脱毛の料金はリーズナブルなのでしょうか?

医療レーザー脱毛はコストパフォーマンスが高く、リーズナブルな脱毛法です

メンズエステのように、初期費用が安くても、何年も通った挙げ句、効果がない、というのでは安いとは言えません。

針脱毛のように膨大な時間が必要となる方法では、必然的に料金も高くなります。

医療レーザー脱毛はスピーディに脱毛でき、1回の施術時間も短く、1度に広範囲の脱毛が可能です。当病院では5回程度の施術で脱毛が完了しますので、トータルでかかる費用も高くなりません。

不必要に長い保証期間を設けず、多くの方が満足する5回のレーザー脱毛治療をセットにしているのも脱毛料金がリーズナブルである理由です。もしも5回の脱毛でご納得いただけなかった場合、6回目以降は割引きシステムがありますので、ご安心ください。
(6回以上の脱毛が必要な方は、ひげ脱毛で10%です)

不必要に長い保証期間があると、治療費が高くなる上に、レーザーの設定や照射の
やり方がいい加減になったりする可能性があります。
その上、毛周期を無視して脱毛治療を受けに来院される患者さまが増え、
そうなると脱毛終了までに必要な医療レーザー脱毛の回数が増し、
予約を取りたい時に取れないというトラブルにも繋がりかねません。
Q10.医療レーザー脱毛後、肌はどんな状態になりますか?

医療レーザー脱毛後、肌は軽い炎症を起こします

医療レーザーを照射すると、毛根と毛根を包んでいる毛包が熱処理され、赤く反応したり、軽い腫れを起こすことがあります。これは正常な反応で、数時間から数日で消失します。
当皮膚科でお出しする炎症を抑える外用剤を1日2回塗ってください。炎症が速やかに治まります。
Q11.医療レーザー脱毛は安全ですか?副反応はありますか?

医療レーザー脱毛は適切に行うと安全性の非常に高い永久脱毛です

医療用レーザーは紫外線や放射線といった有害線とは違い、発がん性などは報告されていません。

医療レーザー脱毛では、皮膚のメラニンにレーザーが反応し、火傷を起こすことがごくまれにあります。火傷のリスクはレーザーの設定・照射のやり方で軽減することができます。

火傷は以下の3点でリスクを抑えることができます。
 1) レーザー機器の設定を的確に行う
 医師が肌・毛質に合わせてレーザーの強さやあて方を決定します。

 2) レーザーを適切に照射する
 ・ 肌を保護するジェルを塗る、
 ・ レーザーのヘッドをしっかり押しあて、肌との間に空気が入らないようにする

 3) スキンケア
 ・ 日焼け止めクリームを使用する、
 ・ 保湿する

当病院では 安全で痛みを抑えた効果的な脱毛に重点を置いて
脱毛を行っています。

毎回医師が診察し、毛と肌の状態に合わせてレーザーを設定します。
スタッフ教育を徹底し、厳しい基準をパスしたスタッフしか
施術を許されません。

安全対策を徹底することで、
当病院では火傷が起こることは非常にまれであり、
年間2,000症例を超える脱毛を行っておりますが、
軽微なものも合わせ、2008年から現在まで、火傷は0件です。


  万が一火傷が起こってしまった場合は、医療薬を用いて迅速に対処します。
Q12.うぶ毛も脱毛できますか?

産毛は効果が脱毛できますが、効果が落ちます

当皮膚科クリニックで医療レーザー脱毛に使用しているダイオードレーザーは
うぶ毛にも効果的があります。ただし、脱毛レーザーの性質上、しっかりした毛に
較べるとうぶ毛は1回1回の脱毛効果が落ちてしまい、太い毛に比べると脱毛回数が
多く必要となります。
また、うぶ毛の脱毛には強い出力のレーザーを照射する必要があります。
出力の高いレーザーを照射すると肌の色が濃い人は、火傷のリスクが高くなるため、
肌の色が濃い方の産毛脱毛は非常に困難です。
Q13.医療レーザー脱毛に向かない人はどんな人ですか?

医療レーザー脱毛が向かない方もいます

以下の方は医療レーザー脱毛には向きません。
・ 極端に日焼けしているなど、肌の色が極端に濃い方
・ 肌の色が濃く、うぶ毛の方
・ 妊娠中の方
Q14.埋没毛が沢山あるのですが医療レーザー脱毛は受けられますか?

埋没毛は医療レーザー脱毛でなくなります

医療レーザーはお肌表面に出ていない肌の下の毛にもしっかり反応するため、皮膚に埋まった埋没毛(埋もれ毛)にも脱毛効果があります。
埋没毛(埋もれ毛)は、毛抜きや深剃りが主な原因となってできますが、医療レーザー脱毛を行なった後は自己処理が不要になるため、埋没毛(埋もれ毛)は徐々に減ります。
Q15.ホクロが多いのですが、医療レーザー脱毛できますか?

ほくろがあっても医療レーザー脱毛は問題なく行うことができます

レーザーに反応してホクロの色が薄くなってしまうことがありますが、構わなければ
問題なくほくろの上にもレーザーを照射することができます。

色調が変わっては困る場合はホクロを避けて医療レーザー脱毛します。
Q16.アザやシミが多いのですが、医療レーザー脱毛できますか?

医療レーザー脱毛でシミが薄くなります

レーザーがシミの黒い色に反応して、シミの色が薄くなることがよくあります。
(シミにターゲットをしぼった設定ではありませんので、反応しないことも多々あります)

肝斑という種類のシミや、あざの種類によってはレーザーに反応して色が濃くなってしまうものがあります。
脱毛の前に医師が診察して、医療レーザー脱毛が可能か判断致します。
Q17.もともと色が黒いのですが、医療レーザー脱毛できますか?

多少色が黒い程度であれば医療レーザー脱毛は問題なくお受け頂けます

お肌の色が少し黒い程度であれば、通常通りの医療レーザー脱毛で問題ありません。
かなり肌の色が濃い場合は、特殊な設定で脱毛する必要があります。この場合、通常よりも脱毛回数が多く必要となります。
Q18.日焼けしていても医療レーザー脱毛できますか?

極端に日焼けしている場合は医療レーザー脱毛はお受け頂けません

日常生活における日焼け程度であれば問題なく治療できます。

極端に日焼けした肌に医療用レーザーを照射すると、肌の黒い色にレーザーが反応して
火傷をおこすことがあります。肌の色がある程度戻るまで医療レーザー脱毛を待った方が良いでしょう。

当皮膚科では肌の色を早く戻すための薬(ルミキシル、あるいは高濃度ハイドロキノン)をご用意しています。急いで脱毛を 開始したい方にはこちらを処方して、色が戻ってから脱毛治療を始めます。

なお、日焼けした直後は皮膚が軽い火傷を起こしている状態です。その部位にレーザーが照射されると肌に負担がかかります。炎症が治まってから(赤みがひいてから)ご来院ください。
急いで脱毛を開始したい方には炎症を抑える外用剤を処方します。

安全に脱毛治療を進めるために、医療レーザー脱毛期間中は、日焼けしないようご注意ください。
Q19.医療レーザー脱毛が受けられる年齢は何歳からですか?

高校生以上でお受け頂けます

基本的に何歳からでも脱毛できますが、思春期前に医療レーザー脱毛を受けていったんきれいに脱毛できても、思春期にホルモンの影響で再び毛が濃くなる可能性があることを考えると、15歳以下の方の脱毛はお勧めできません。

当病院では高校生以上の方の医療レーザー脱毛を行なっております。未成年の方の医療レーザー脱毛には保護者の承諾が必要です。(承諾書に関しましてはご予約の際にお電話でお尋ねください)
Q20.医療レーザー脱毛装置にはどんな種類がありますか?違いはありますか?

黄色人種の脱毛にはダイオードレーザーが最も適しています

医療レーザー脱毛装置には主にダイオードレーザーとアレキサンドライトレーザーがあります。
ダイオードレーザーは黄色人種の脱毛に最も適していると言われ、1回1回の脱毛効果が高いため、当病院では基本的にダイオードレーザーを用いて永久脱毛を行います。
Q21.医療レーザー脱毛の跡が残ったりしませんか?

医療レーザー脱毛は安全性の高い脱毛法です

医療レーザー脱毛はでは、脱毛に必要な部分だけを熱処理しますので、肌へのダメージを最小限に抑えることができ、跡が残ることはありません。

自己処理を繰り返すことでできた黒ずみや目立った毛穴も、皮膚科レーザー脱毛の美肌効果で目立たなくなってきます。
QQ22.エステのレーザー脱毛とどう違いますか?

医療レーザー脱毛とエステの脱毛は全く違います

エステでは光脱毛、フラッシュ脱毛、IPL脱毛、I2PL脱毛と呼ばれる方法、
あるいは針脱毛で脱毛
を行います。

これらは使用するのに特別な資格などが必要ない『健康治療器』であって、
医療用レーザーとはパワーが全く違います。

エステで安いと思ってひげの脱毛を始めて何年も時間を費やした挙句、
満足行く効果を得られないことを考えたら、
安いとは言えません。

パワーの違いが効果の違いなのです。

また、当病院では何年もかけて、膨大な症例数のひげ脱毛を行い、ノウハウを蓄積
してきました。

当病院では、ひげ脱毛の経験豊富な医師が
ひげの状態を毎回脱毛の前に診察して状態に合わせて出力等を調整します。

厳しい訓練をパスしたプロフェッショナルのみが永久脱毛治療を行いますので、
高い脱毛効果をご実感頂けます。

そのため、何年もかけなくても満足行く効果を得ることができ、
約半年通院頂くのが一般的です。(濃い方はもう少し回数が必要です。)

当病院では小さな火傷も含め、リスクは0.1%以下で、この5年間以上、
年間1,500件以上のひげ脱毛の症例数にもかかわらず、火傷の件数はゼロです

メンズエステやサロンにおける脱毛トラブルは後を絶ちません。
トラブルの多発を受け、厚生労働省から「永久脱毛は医療行為であり、
医療機関以外の脱毛行為は医師法17条違反である」と通達が出ており、
実際、逮捕者も出ています。

効果・安全・コスト・クオリティ、全てをトータルで考えた上で、
永久脱毛をどこでお受けになるかお決めになって下さい。
Q23.男性も医療レーザー脱毛が受けられますか?

当病院の患者様の4割は男性です

男性にも医療レーザー脱毛はとても人気が高く、
当病院では患者様の実に4割が男性です。

美容皮膚科は場違いではないか、居心地が悪いのではないか、と不安な方も、
どうぞ安心してお越しください。
男性にはひげ脱毛、手、腕、胸、膝下などの部位が人気です。
その他の部位もお気軽にご相談ください。

≫ 施術された方の声

Q24.医療レーザー脱毛に健康保険はききますか?

医療レーザー脱毛は保険適応になりません

医療レーザー脱毛は美容を目的とした医療ですので健康保険は適応されません。
全額自己負担となります。


診療料金のイメージ写真
美容皮膚科女医のブログのイメージ写真
医療レーザー脱毛専門クリニックのイメージ写真
ピアス穴あけ 症例集のイメージ写真
口コミのイメージ写真
リクルートのイメージ写真
メディア紹介のイメージ写真
ドクターモキュリンのイメージ写真
未成年者の方に
モバイルサイト
page-top