美容皮膚科 マグノリア皮膚科クリニック

医療レーザー脱毛と他の脱毛比較|医療レーザー脱毛は副作用が少なく、安全かつ効率の良い永久脱毛です。

03-3486-7855

  受付時間   am10:00 - pm6:00    週休2日 不定休

HOME >  レーザー治療 >  男性脱毛・ひげ脱毛 >  医療レーザー脱毛と他の脱毛比較

Comparison with Medical Laser Hair Removal
医療レーザー脱毛と他の脱毛比較

医療レーザー脱毛と他の脱毛比較
医療レーザー脱毛 vs. 自己処理

毛の自己処理を長く続けると、肌へのダメージが大きくなります。

毛を抜いたり剃ったり、というのが代表的な自己処理です。

自己処理による脱毛効果は一時的で、
毛膿炎(にきび)、埋没毛(皮膚の下に埋まった毛)、炎症、
肌の黒ずみ(色素沈着)、毛穴がブツブツと目立つサメ肌、など
肌トラブルの原因になります。

医療レーザー脱毛は永久脱毛であり、一旦脱毛が終了すると
ひげの脱毛のように毛を薄くする目的の部位は別として、
毛の処理が必要なくなります。

自己処理による肌ダメージがなくなるとともに、
レーザー自体の美肌効果で肌がきれいになるのも
医療レーザー脱毛ならではのうれしい点です。

自己処理とレーザー脱毛の違い

自己処理 レーザー脱毛
手軽さ 手軽 何度か通院が必要
肌ダメージ 肌にやさしい
効果 一時的 永久脱毛
費用 安い リーズナブル

医療レーザー脱毛と他の脱毛比較
医療レーザー脱毛 vs. 針脱毛

医療レーザー脱毛は針脱毛に比べ痛みが少なく、早く、確実で安全です。

針脱毛も永久脱毛効果がありますが、 毛を1本1本処理するため
脱毛終了までに要する時間は膨大で、大きな痛みが伴う脱毛方法です。

痛み

医療レーザー脱毛は針脱毛に比べ痛みが格段楽です。

時間

針脱毛では1つ1つの毛穴に針を刺し入れて1本1本の毛を処理するので、
気の遠くなるような時間がかかります。
医療レーザー脱毛は1照射につき10×10mmの脱毛ができますので、
短時間で広範囲の脱毛が可能です。

日々の毛の処理

針脱毛は毛をピンセットでつまんで処理しますから、毛を5mm以上伸ばしておく必要があります。
医療レーザー脱毛は毛を伸ばす必要がなく、脱毛している期間中も毛を剃ることができます。

費用

針脱毛は膨大な時間がかかるため、 必然的に合計でかかるコストが高くなります。
医療レーザー脱毛は約5回で脱毛が終了するため(当病院の場合)、リーズナブルに脱毛できます。

安全性

医療レーザー脱毛はレーザーが毛根だけに反応し、正常な組織は破壊しませんから、
肌へのダメージは最小に留めることができます。
一方、針脱毛は、毛根に近いと思われる部分に で針を差し込み、
熱を加える脱毛方法です。安全に毛根が破壊でき、脱毛効果が得られるかどうかは
施術者によって大きな差が生じます。
また、毛穴以外の肌もダメージを受けます。

※ 針脱毛をお勧めするケース

針脱毛は黒い色に反応する医療レーザー脱毛と違い、毛穴に直接針を差し込んで熱処理する脱毛法です。
・医療レーザー脱毛で脱毛が難しい非常に細いうぶ毛
・肌の色がかなり濃くて毛が薄く、肌の色と毛の色のコントラストが少ない方
・毛が非常に少ない方で、最後の1本までなくしたいという方
このような方には針脱毛が向いています。

最初から最後まで針脱毛で脱毛すると、脱毛終了までに膨大な時間がかかり、
コストも莫大になってしまいますから、毛が少なくなるまでレーザーで脱毛して、
最後に残った毛を1本ずつ針脱毛で処理してゆく方法が良いでしょう。
気になる毛の数が数本しかないという場合も、針脱毛が向いています。

針脱毛とレーザー脱毛の違い

針脱毛 レーザー脱毛
痛み 痛い 痛みが少ない
所用時間 長時間かかる 短時間で終了する
期間 脱毛終了までに数年かかる 5回程度で永久脱毛が終了する
脱毛治療中の毛の処理 毛を伸ばす必要がある 毛を剃ることができる
費用 高い リーズナブル

医療レーザー脱毛と他の脱毛比較
医療レーザー脱毛 vs. エステのレーザー脱毛

一生付き合う肌です。後悔の無いよう、最良の選択をしましょう。

医療機関で脱毛を受ける最大のメリットは、安全で効率良い脱毛をリーズナブルな料金で
受けることができる点です。

機械の安全性や治療スタッフの教育などを医師が責任を持って管理し、一人一人の
肌質・毛質に合わせて脱毛を提供するのが医療レーザー脱毛
です。

医療機関では、厚生労働省や米国FDAなどの審査の通ったレーザーを使用しますから安全性が高く、効果的です。
万が一、脱毛によってかゆみや火傷など肌トラブルが起こった場合も、医薬品を用いた適切かつ迅速なケアを受ける事ができることも医療機関ならではの利点です。

エステの脱毛を語るときに、エステで脱毛を行うことが違法か合法かが問題になります。
厚生労働省は「“毛乳頭、皮脂腺開口部等”には立毛筋の基部に存在する幹細胞も含まれ、
また、“毛乳頭、皮脂腺開口部等”を完全に破壊するには至らない部分的な破壊についても
“医師法17条違反”である」という見解を発表しています(2005年3月)。
つまり、エステで針脱毛やレーザー脱毛、光脱毛(フラッシュ脱毛)などを行うことは医師法違反
ということになります。
しかし、ここまでエステの脱毛が社会的に浸透している中で全てを逮捕する訳にも行かず、
被害者からの届けがあれば対処できますよ、という状態です。
ときどきエステ業者が逮捕されているのにはこういった背景があります。
法律すれすれの行為を行っているエステは、火傷などのトラブルを起こすと大変ですから、
効果は低くなっても出力を抑えて (もともとエステで使われている脱毛機は低い出力しか出ませんが、
それを更に抑えて)脱毛します。
そうすると、脱毛効果を得るまでに必要な治療回数は増え、長い期間をかけて脱毛する必要が出てきます。
2年契約、3年契約といった長い期間がエステで多いのは、そういった関係ではないかと思われます。
出力を下げているにも関わらず、エステで火傷や炎症などトラブルの報告が絶えないのは、
・ エステで使用している脱毛機が医療用レーザーと違い、細かい設定ができず、
  一人ひとりに合った設定ができないことと
・ 十分なトレーニングを受けておらず、皮膚や脱毛の基礎的な知識が無いスタッフが脱毛を行うこと
・ 肌トラブルが起こったときに適切な処置をとることができないこと

などが考えられます。
大切なお肌のことですから、後悔をしないためには、脱毛に力を入れている医療機関が一番安心だと思われます。
脱毛治療を受ける上では、プライバシーの保護も大きなポイントです。
医療機関には守秘義務があり、患者さんの秘密を外部に口外してはいけないと法的に定められています。
マグノリア皮膚科クリニックでは、患者様のプライバシー保護を最重要課題のひとつとして徹底しています。


page-top