美容皮膚科 マグノリア皮膚科クリニック

ボトックス注射の副作用|ボトックスは適切に使用すれば副作用が少なく安全な治療です。

03-3486-7855

  受付時間   am11:00 - pm7:00    休診日 月・木

HOME >  プチ整形・ダイエット・ピアス >  ボトックス注射 >  ボトックス注射の副作用

Side Effects of Botox
ボトックス注射の副作用

ボトックスの副作用

ボトックスで食中毒は起きません

ボツリヌス菌は食中毒を起こす菌として知られていますが、ボトックスは、ボツリヌス菌そのものを注射する訳ではありません。薄く希釈したボツリヌス毒素を注射します。
食中毒を起こすボツリヌス毒素の量は3万単位程度と大量です。一方、美容に使用される量は、2.5~100単位と少量です。適切に使用する限り、まず副作用の心配はありません。

「ボトックス注射で表情が不自然になるのでは?」

これはボトックスを当美容皮膚科で初めてお受けになる患者様がよく口にされる不安です。
確かに、ボトックスを多く注射したり、不適切な場所に注射することで、表情が硬くなる、表情が不自然になるといった副作用が起きることがありますが、適量を、筋肉の状態に合わせて注射することで予防できます。
当美容皮膚科では、解剖を熟知した院長が全ての患者様のボトックス治療を行います。初回は少ない量を注射し、2〜3週間後に効果を確認し、必要な場合は追加注射しています。こうして慎重に治療することで、表情の変化という副作用を最小限に抑えつつ、しっかり効果を得ることができます。

内出血

ボトックスで内出血が起こる可能性があります。内出血は1週間程度で目立たなくなります。内出血が起きなければ、治療跡は目立ちません。

筋力が低下する?

筋肉が動かしにくくなる、筋力が落ちるなどの副作用が報告されています。必要以上の量を注射したり、注射する位置が深いと、これらの副作用が起こりやすくなります。適切にボトックス注射することで、こういった副作用を予防できます。

アレルギー

他の薬剤同様、アレルギー反応が起こる可能性がありますが、非常にまれなケースであり、当院で数千例以上のボトックス症例がありますが、アレルギーを疑わせるケースは経験しておりません。万が一、アレルギーなどの副作用が起こった場合は、医薬品を用いて対処します。

安全性は実証されています

ボトックスはしわ治療の他、眼瞼けいれんや片側顔面けいれん、痙性斜頚の治療薬として、厚生労働省の認可を受けている医薬品です。ボトックスは適切に使用する限り、副作用の少ない治療であり、安全性は多くの臨床例で実証されています。

ボトックスのデメリット

効果が一時的

ボトックス注射の効果は、数ヶ月でなくなってしまうので、効果を維持しようとすると定期的に治療する必要があります。
ただし、ボトックス注射を続けると効果が長続きするようになり、10ヶ月程度効果が持つようになります。

ボトックスの耐性について

ボトックス注射を受けた後、ボトックスに対して「耐性」ができ、次にボトックスを注射しても効かなくなることがまれにあります。
耐性とは、ボトックス(A型ボツリヌス毒素)に対して抗体ができて、再びボトックスを注射したときに抗体がボトックスを異物として攻撃し、ボトックスが効かなくなってしまう現象です。
1997年以前のボトックスでは、注射後に3~10%と高率で耐性ができていました。最近のボトックス(アラガン社製ボトックス)は改善され、繰り返しボトックス注射をしても耐性ができることはほとんどありません。当美容皮膚科では、特に純度が高く信頼の高いアラガン製のボトックスのみを使用し、抗体を極力作らないよう、ボトックスの量、間隔に配慮しています。

ボトックス治療のアフターケア

  • 日常生活は通常通り行うことができます。
  • 当日のサウナはお避け下さい。
  • 洗顔、洗髪、入浴は当日から可能です。
  • 当日のアルコール摂取はお控え下さい。
  • お化粧は、注入直後から可能です。
  • 48時間以内のマッサージは控えて下さい。ボトックスがデザイン通りに仕上がらなくなる可能性があります。

診療料金のイメージ写真
美容皮膚科女医のブログのイメージ写真
医療レーザー脱毛専門クリニックのイメージ写真
ピアス穴あけ 症例集のイメージ写真
口コミのイメージ写真
リクルートのイメージ写真
メディア紹介のイメージ写真
ドクターモキュリンのイメージ写真
未成年者の方に
モバイルサイト
page-top