マグノリア皮膚科クリニック
マグノリア皮膚科クリニック院長のブログ

ビタミンCのすごいサプリメントに出会ってしまいました。
リポC「今さらビタミンCのサプリか...」
と最初は正直、思いましたが、
話を聞いてみると普通のビタミンCと全然違う!
 
ビタミンCが体に良いことはよく知られていますが、
問題はたくさん摂取しても
一部しか吸収できないこと。

どんなに大量に飲んでも、限界値を超えると
吸収されないままお小水に出てしまいます。

吸収されたビタミンCもあっという間に排出されてしまうので、
こまめに飲まなければなりません。

これは水溶性ビタミン(水に溶けるタイプのビタミン)の性質で、
仕方のないことです。
 
でもリポCは普通のビタミンCと違って、
たくさん飲んだらその分、吸収されて細胞まで届くんです!
graph.pngしかも高い濃度が長時間、続きます。
(グラフでは7時間を超えても高濃度をキープしています)

なぜこんなに吸収されるのか...
その秘密はビタミンCの特殊な構造にあります。
 
リポCのビタミンCはリン脂質(脂)でできた球状のカプセル(リポソーム)の中に閉じ込められています。
リポCこの球状構造は胃酸で壊されず、
そのままの形で小腸まで届いて吸収されて、
さらに血液中、細胞へと届きます。

驚くことに、飲んでから細胞に届くまで、ロスがほぼゼロ!

1g飲めば、ほぼ1gがそのまま細胞に届けられるのです。
100%近く吸収されるって本当に驚異的です!!!

水溶性ではないので、体内の滞在時間も長くて、
ちょっこちょこ飲まなくても大丈夫。
 
水溶性ビタミンの欠点を全てカバーしていて、
もはやこれは『脂溶性ビタミンC』という感じです。

高濃度ビタミンC点滴のホームケアとして内服するのがベストですが、
リポCだけでも高いビタミンC効果を得ることができます。

サプリメントは健康のために毎日飲むものなので、
エビデンスがきちんとあって効果があることが大切ですが、
同じくらい大切なのが、身体に害のある成分が入っていないこと。

リポCはどちらもクリアしています。
早速、取り扱いを決めて、私も内服を開始しました。

私は最近、超高濃度ビタミンC点滴(25g)を週に一度、
水素点滴は週3回くらいやっています。
それに加えてリポCと水素サプリの内服。
水素とビタミンC漬けの毎日です。
 
リポCは30包入りで7,200円(税別)
1回目だけクリニックでのカウンセリングが必要です。
お電話でご予約を取ってお越しください。

_________________

ブログランキングに参加しています。
2つクリックして頂けると励みになります★
ブログランキング・にほんブログ村へ  

ベビーコラーゲンのマスターインジェクターということで
賞状を頂きました。
babycollagenmasterinjector.jpgベビーコラーゲンは肌の表面に注射して
小じわ・ちりめんジワ・肌の質感を改善する注入治療です。
目元のちりめんジワ目元の小じわをベビーコラーゲンで治療
私はベビーコラーゲンをカニューレを使って治療しています。

どんなに細くても鋭った針だと
針を刺す刺激で肌に浮腫が出て、
細かい凹凸の観察が難しくなります。
なので細かくデザインが必要なベビーコラーゲンには
カニューレの方が向いていると思うのですが、
私以外でベビーコラーゲンを
カニューレだけで治療している先生に
お会いしたことがありません。

皮膚のとても浅い層にカニューレを進めて
細かくデザインするのは慣れるまで難しいかもしれませんが、
細やかな治療ができますし、
直後から目立つ凹凸ができないのもカニューレの優れている点です。
 
ベビーコラーゲンはプラセンタから作られた特殊なコラーゲンで、
赤ちゃんの肌に多い3型コラーゲンが50%も含まれています。
3型コラーゲンの刺激で自分のコラーゲンが増えるので、
治療直後よりも時間が経った方が
モチモチ感やツヤが出てキレイになるのも嬉しいですよ♡
babycollagen_eyes_201607.jpg
7月はリニューアルオープンでとても忙しかったので、
時間がかかるベビーコラーゲンと1DAYリフトのご予約を
お取りすることができませんでした。

その分、8月になってから1DAYとベビーコラーゲンが増えて
肩こりと戦う毎日ですが、
細かいことが好きな性分なので楽しんでやっています♪

ベビーコラーゲン(1mL) 17万円(税別)
1本で 目周りの広い範囲が治療可能です。

★☆★☆★☆★☆★☆

〜 ベビーコラーゲン注射について 〜
 
リスク 感染症、注入した部位の皮膚の不整、腫れ、皮膚壊死などの塞栓症状

副作用
1.内出血 術後に内出血を起こす可能性があります。1~2週間で自然に消失します。
2.針跡 針を刺した部分が赤くなります。1~3日で消失し、翌日からお化粧でカバーできます。
3.腫れ 細かく針を動かしてデザインしますので、針の刺激で治療部位が腫れることがあります。

リスクや副作用の予防と対処
1.内出血 細い針、あるいは鈍針を使用して、血管が無いか慎重に見ながら治療を進めます。出血が起きた場合は速やかに圧迫して、内出血の拡がりを予防します。
2.痛みを抑えるために局所麻酔を注射しますので、痛みはわずかです。
3.塞栓については、解剖をしっかり理解して、ゆっくり丁寧に血管に入っていないかを確認しながら注入することで、リスクを非常に低くすることができます。万が一、血流不全の症状がでた場合は、速やかに溶解することで、傷跡などを残すリスクを抑えることができます。
4.腫れ 腫れ予防・治療の内服剤を処方いたします。

_________________

ブログランキングに参加しています。
2つクリックして頂けると励みになります★
ブログランキング・にほんブログ村へ  

1DAYリフトはコーンと呼ばれる
組織をひっかける出っ張りのついた糸(3Dリフトという糸)を
肌に挿入して上方に引っ張って
お顔をリフトアップするフェイスリフト術です。

しっかり持ち上がった感覚はすぐに感じることができて、
効果が1年くらい続きます。
糸によるフェイスリフトビフォアアフター糸によるフェイスリフトビフォーアフターの写真顔がたるむとクマ・マリオネットライン・ゴルゴラインといった
凹凸や影が目立ってしまいますが、
1DAYリフトでお顔を持ち上げると、こういった影も目立たなくなり、
さらに糸を挿入する刺激で自分のコラーゲンが増えるので
肌の質感もモチモチする美肌効果もあります♪
beforeafter1daylift.jpgリフト前後の顔を比べてみると
全体的にリフトアップされて
肌の質感が若々しくなっていますね♡
 
モニター様の感想です。
『2週間を過ぎた頃から顔がふっくらと上にあがり
あかるい表情になり、とても嬉しいです。
思い切って施術して頂いて本当に良かったです。
先生、いつも適切なアドバイスをくださってありがとうございます。』

ありがとうございます!
 
マグノリアでやっているたるみ治療はこの他に
ヒアルロン酸、ボトックス、レーザー、輪郭注射などがあります。
どの治療が一番適しているか、
お顔の状態によって異なりますから、
「1DAYリフトやるぞ!」
と一大決心してご来院いただいても、
お顔を拝見した結果、他の治療をご提案することもあります;(´∀`)

診察の時に治療のメリット・デメリットも併せて
しっかり説明させていただきますので、
相談して治療方針を決めてまいりましょう!

写真の方は3Dリフトを6本使用しました。
フェイスリフトには一般的に6〜8本使用します。
 
【 1DAYリフトの詳細はこちらをご覧下さい 】

〜 3Dリフトのご料金 〜
2本まで 1本につき8万円
4本まで 1本につき7万円
6本から(コグという糸を2本、無料でおつけします) 1本につき6万円

1DAYリフトは治療時間を長くお取りするために、
ご予約の営業1日前15時以降から
キャンセル料(6万円 税別)がかかりますことをご了承ください。
 
〜 1DAYリフトについて 〜
 
リスク 感染症、注入した部位の皮膚の不整、痛み
副作用
1.内出血 術後に内出血を起こす可能性があります。1~2週間で自然に消失します。
2.針跡 針を刺した部分が赤くなったり、しばらく髪の生え際に凹みが残ります。
3.痛み 最初の1週間は食べるときや笑ったとき、話すときに口周りなどに
痛みを感じることがあります。最大の効果を得るために1ヶ月間は顔を強く押したりできませんので優しく扱ってあげる必要があります。

リスクや副作用の予防と対処
1.内出血 細い針を使用して、血管が無いか慎重に見ながら治療を進めます。出血が起きた場合は速やかに圧迫して、内出血の拡がりを予防します。
2.痛みを抑えるために局所麻酔を注射します。
3.1週間程度、食べるときや笑ったとき、話すときに口周りなどに痛みを感じることがあります。最大の効果を得るために1ヶ月間は顔を強く押したりできませんので優しく扱ってあげる必要があります。通常の生活を邪魔しない程度の痛みです。

_________________

ブログランキングに参加しています。
2つクリックして頂けると励みになります★
ブログランキング・にほんブログ村へ  

昨日はホームページ用の写真撮影でした。
IMG_9372.jpgスタッフも先生たちも皆んな、
メイクさんに綺麗にしてもらって、
カメラマンさんに撮影してもらいました♪
IMG_9391.jpg撮影は夜10時過ぎにやっと終わる長丁場でした。
途中でピザをつまんだりしながら
みんな、よく頑張ってくれました♡

せっかくの撮影だったので万全の状態で臨みたかったのに、
私はまたしてもピーロンから風邪をうつされてしまい、
鼻水だらだら、
くしゃみと咳が止まらず
結膜炎も出て目が腫れぼったいし、残念でした。

ピーロンが保育園に行き始めてから
親子揃って健康なことがないんじゃないかっていうくらいに
常にどちらかが風邪をひいています。

患者様からも
「今日も疲れてそうですね」
と言われることが多くて嫌になっちゃいます。

今日は診療後に水素点滴をやらなきゃ!!
 
今回の写真がホームページに反映されるまでには
もう少し時間がかかりますが、
今から楽しみです♪

★☆★☆★☆★☆★☆

お心遣いいただきました。
みなさま、ありがとうございます!!
LRG_DSC06464.jpgLRG_DSC06445.jpgLRG_DSC06444.jpgLRG_DSC06442.jpg

_________________

ブログランキングに参加しています。
2つクリックして頂けると励みになります★
ブログランキング・にほんブログ村へ  

飲む日焼け止めのUVロックは
週に100箱ペースで売れている人気商品で、
今みたいな紫外線が強い季節には、特にお勧めです。
UVロック
UVロックには、
1)1回飲めば丸一日、効果が持続する
2)日に焼けた後から飲んでも効果がある
3)飲み続けると効果がさらに高くなる
4)抗酸化作用が高い
5)肝斑にも良い
6)成分が安心
などなど、すごいところがたくさんあります。


1)1回飲めば丸一日、効果が持続する
飲む日焼け止めは3〜4時間おきに
飲み直さなければならないものが多いですが、
UVロックは朝1回飲めば良いので楽チンです。

日に当たる30分前の内服が効果的なので
朝がオススメです。

私は朝食の後、他のサプリと一緒にまとめて飲んでいます。
 
2)日に焼けた後から飲んでも効果がある
これはすごいでしょ!?

曇りの日に無防備に出かけたらカンカン照りになって
思いもかけず肌が赤くなってしまった、なんてときに、
後からでも日焼け対策ができるのはありがたい♪

日に当たってから
なるべく早くUVロックを飲まなければなりませんが、
肌ダメージを半分以下に軽減できます!

3)飲み続けると効果がさらに高くなる
単発で飲んでも効果があって、
旅行の時だけ、とか海に行く、というときに飲むのも良いのですが、
飲み続けていると効果が高くなるのがUVロックの特徴ですし、
冬でも夏の70%くらいの紫外線は届いているそうですから、
一年を通して飲むのがベストですよ!

4)抗酸化作用が高い
UVロックは抗酸化作用が高いので、
日焼け止めサプリというだけでなくて
アンチエイジングサプリとしても効果的です。

5)肝斑にも良い
肝斑は普通のシミと違って、
紫外線が直接の原因ではないと言われていますが、
紫外線で悪化します。

UVロックを持続的に内服することで
悪化を防ぐ効果もありますよ♡

私も肝斑がありますが、UVロックを飲み始めてから
トラネキサム酸を飲まなくても夏、悪化しないので
助かっています。

6)成分が安心
サプリメントは毎日、口から摂るものなので、
効果と同じくらい、
体に悪いものが入っていないことが大切だと思います。

UVロックは安心の日本製で、
日焼け止め成分も抗酸化成分も
柑橘系、ローズマリー、シダなどの植物由来です。

〜UVロック成分表〜
シトラス果実・ローズマリー葉エキス末、葛花エキス末、白キクラゲエキス末、酵母エキス(酵母エキス、デキストリン)、シルク加水分解物(シルク加水分解物、デキストリン)、鮭鼻軟骨抽出物/HPMC、ビタミンC、ステアリン酸Ca、セルロース、カラメル色素、ビタミンD


【 UVロックはこちらでご購入頂けます 通販オンラインショップ 】

_________________

ブログランキングに参加しています。
2つクリックして頂けると励みになります★
ブログランキング・にほんブログ村へ  

前に戻る 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

プロフィール

マグノリア皮膚科クリニック院長:池上彩子 内も外も磨いて美しく年齢を重ねましょう!
医療の面から皆様の美をサポート致します。
メッセージを送る
電話:03-3486-7855

最近のブログ記事

野菜どっさり
家ではほぼ食物性食品だけで生活しているので 野菜の消費量がとても多いです。 毎週...
働きやすいクリニックを目指して
ゲートブリッジさんお祝いの食事会では 皆い〜っぱい食べてたくさん笑いました!マグ...
千葉さんピアススタジオ★10周年記念
昨日はお世話になっているピアススタジオ・ゲートブリッジの 千葉さんのお誕生日と ...

月別 アーカイブ

過去のブログ|美容皮膚科女医によるブログ