美容皮膚科 マグノリア皮膚科クリニック

高濃度ビタミンC点滴療法Q&A(よくある質問)|高濃度ビタミンC点滴療法についての皆様から寄せられる疑問・質問にお答えします。

03-3486-7855

  受付時間   am11:00 - pm7:00    休診日 月・木

HOME >  その他の治療 >  高濃度ビタミンC点滴療法 >  高濃度ビタミンC点滴療法Q&A(よくある質問)

High-dose VitaminC Q&A
高濃度ビタミンC点滴療法 Q&A(よくある質問)

高濃度ビタミンC点滴は痛みや副作用がほとんどありません。定期的に受けることでアンチエイジング作用、美白をはじめとした美肌作用、デトックス効果、老化予防、病気予防が期待できる最新の点滴療法です。超高濃度ビタミンC点滴についてよくある質問をまとめました。

高濃度ビタミンC点滴療法のよくある質問

「高濃度ビタミンC点滴療法」の疑問・質問にお答えします!

Q1.痛みはありますか?
普通の点滴と同様、針を刺す時にチクッと痛みがある程度です。濃い液が入るために血管痛を感じる方がいますが、点滴のスピードを遅くしたり温めることで対応できる程度です。
Q2.どんな製剤を使用しますか?
通常のビタミンC製剤は防腐剤が添加されており、高濃度点滴に使用すると大量に防腐剤が体内に入ってしまいます。当病院では点滴療法研究会推奨のマイラン製ビタミンC製剤を使用します。防腐剤無添加の高品質な製剤です。
Q3.時間はどの位かかりますか?
通常のアンチエイジング、健康維持のためであれば30分程度です。がん治療の場合は投与するビタミンCの量がかなり多いですので、場合によっては2時間以上かかります。
Q4.どの位の頻度で受ければいいですか?
ビタミンCは体内に貯蔵できませんので、最大の効果を得るためには定期的に行う必要があります。
・美容、アンチエイジング、健康維持目的 : 1〜2週間に1度
・アトピー性皮膚炎、慢性疲労症候群 : 週1〜2回を約3ヶ月
・がん・パーキンソン病 : 週2〜3回から開始
が目安です。
Q5.口からたくさんビタミンCを摂っても同等の効果がありますか?
サプリなどでビタミンCを大量に摂取しても、ビタミンCはすぐに排泄されてしまい、血中濃度が注射のように上がることはありません。点滴と同等の効果を得ることは不可能です。また、大量に口から摂取すると胃腸障害を引き起こしてしまう恐れがあります。更に、サプリメントには添加物が含まれますので、規定量以上の量を内服すると、同時に添加物も大量に摂取することになります。
Q6.現在、抗がん剤の治療を受けていますが、並行して点滴療法を受けても大丈夫ですか?
高濃度ビタミンC点滴療法と抗がん治療の併用療法が効果的です。抗がん剤治療は超高濃度ビタミンC点滴療法を併用することで、効果が高まることが分かっています。更に、高濃度ビタミンC点滴は既存の治療の副作用を軽減させます。
Q7.ビタミンC投与はがんの再発予防にも効果はありますか?
ビタミンC投与が再発を予防したというデータはまだ多くありませんが、概念的には、再発の予防に十分役立つ治療法であり、実際、がん予防や再発予防のために定期的に高濃度ビタミンC点滴を受けられる方も多くいらっしゃいます。
Q8.点滴を受ける時に気をつけることはありますか?
空腹の状態で点滴をお受けになると、まれに低血糖症状が出現することがあります。空腹の状態では点滴をお受け頂けません。
Q9.点滴を受ける日にやってはいけないこと、食べてはいけないものなどありますか?
食事制限はありません。多量の飲酒、長時間の入浴、激しい運動は避けて下さい。

診療料金のイメージ写真
美容皮膚科女医のブログのイメージ写真
医療レーザー脱毛専門クリニックのイメージ写真
ピアス穴あけ 症例集のイメージ写真
口コミのイメージ写真
リクルートのイメージ写真
メディア紹介のイメージ写真
ドクターモキュリンのイメージ写真
未成年者の方に
モバイルサイト
page-top