プライベートに関する記事(426件)

危険!日中の犬の散歩

2019年08月20日

海に行った日、午前は曇っていましたが、
午後からは日差しが強くなって、35度を超えました。

砂浜はとても暑くて、素足ではとても歩けない感じでした。

そんな炎天下の中、
砂浜で犬を散歩させている人が何人もいました o(゜□゜)o

犬は人間よりも体高が低いので、
地面からの照り返しを直接受けて体感温度が数度、高いですし

汗をかかないので、体温調整が難しく、
夏には熱射病になって亡くなる子が毎年、沢山います。
肉球を火傷してしまう子もいます。

夏の日中、お出かけする時は
エアコンの効いた涼しいお部屋でゆっくり留守番してもらいましょう。

暑い日は日が落ちてからも、
しばらく道路に熱がこもっています。

手の甲(手のひらより温度を感じやすいそう)を5秒地面にあててみて、
熱いと感じる時はお散歩を控えましょう。

今、犬を外飼いしている方は少ないと思いますが、
暑さに身体も悲鳴をあげていると思います。

どうしても家の中に入れられない場合、
夏は涼しいところに移してあげてください。

気温のことだけでなくて、
犬はもともと群で生きる動物です。
一人っきりで外に繋がれているのは酷です。
家の中で飼った方が距離が近くなる分、絶対、可愛くなりますよ〜!

私が子供の頃、家で雑種の犬を庭で飼っていて、
ご飯も人間の残飯をあげたりしていました。
そういう時代でしたが、今、思い返しても、もっと大切に飼ってあげたかったなぁ・・・
と胸が痛みます。

健康管理は飼い主の務めです。
大事にしましょう!

_________________

ブログランキングに参加しています。
2つクリックして頂けると励みになります★
ブログランキング・にほんブログ村へ  

★☆★☆★☆★☆★☆

 
以下、獣医師の西山ゆう子先生のFBからの文章です。
熱中症対策の勉強になるのでぜひ、犬を飼っている方はご一読ください。
 
↓↓↓
 
 
獣医師が出会う熱中症のペットの飼い主は、
「熱中症を知らなかった」という人ではありません。
多くが、「気を付けているから大丈夫」という人たちです。
***
動物病院には、毎日たくさんの動物が、病気や外傷、事故でやってきます。
このところの猛暑で、熱中症、脱水症で来院したり、倒れたり、
ひどい場合は命を落とす動物もいます。

私たち獣医師や病院スタッフは、そんな動物たちを診る度に、
やりきれなさと、心がつぶれるような気持ちになります。
「飼い主様が、もうちょっと、気を付けてくれていたら。。」
熱中症の犠牲となるペットの飼い主様の多くは、初心者で、無知な方ではありません。
またペットのことを考えない、無責任な飼い主でもありません。
自分の犬、猫をこよなく愛し、可愛がっている方が大勢です。
それでも、ちょっとした不注意から、
自分の犬、猫を熱中症にしてしまったり、死亡させることがあります。
今日は、そんな熱中症の「症例」をご紹介いたします。

*****

1:元気に散歩させている犬がたくさんいたから
Aさんは、以前、近所の人に、「夏は、夜7時過ぎてから散歩しないと、
アスファルトがあついから危険」と言われました。
「気温は、30度以下になってから。」と気を付けていました。
それから、真夏日は、必ず夜7時まで待ち、手でアスファルトが暑くないか、
確認してから、犬の散歩に出ていました。
その日も手で道路の温度を確認し、気温も確認しました。
また、いつもの散歩道には、他にも犬を散歩させている方が何人もいらっしゃったと言っています。
しかし、犬は途中で苦しく歩けなくなり、熱中症で倒れて、
搬送されたれた後の緊急処置の甲斐なく、死亡してしまいました。
Aさんの犬は、10歳の和犬。心臓や肺の持病もありませんでした。
ただ言えることは、暑さの感じ方、体温のコントロール力は、個体差があるということです。
フレンチブルドッグのような犬種だけが、暑さに弱いのではありません。
また、人と同様に、暑さに対する順応性も、犬の年齢によって低下します。
教訓:何時以降だから、気温何度以下だから大丈夫という保証はない。
また、他の犬が元気に散歩できるから、自分の犬も大丈夫とは限らない。
アスファルトも、時間も、温度計もちゃんとチェックしました。
でも、残念ながら、Aさんは、自分の犬を一番、見ていなかったのです。
犬は倒れる前に、「暑くて歩きたくないよ」というメッセージを、
Aさんにたくさん、伝えようとしていたに違いありません。
時計や温度計と同時に、いちばん大切なあなたの「動物」を、
しっかりと見てあげてください。

2:ワクチン接種のお知らせを受け取ったから
Bさんは、4歳の猫のワクチン接種のお知らせはがきを受け取りました。
ワクチンの期限が切れたら大変、と思い、いつもの病院に予約を入れて、来院しました。
予約時間はお昼の12時ちょうど。病院がとても混んでいて、
予約したにも関わらず、待合室で少し待たなくてはなりませんでした。
ふと気が付くと、キャリーの中の猫が、口を開けてハアハアし始めました。
幸い、すぐにスタッフが緊急対応し、獣医師が治療処置をしてくれたので、
命に別状はなかったですが、結局ワクチン接種はできず、帰宅することになりました。
車で移動中、病院の待合室が、快適で涼しい温度でも、小さなキャリーの中は、
風通しも悪く、思わず温度が上がることがあります。
他の動物の鳴き声や病院の匂い、家を出るということに慣れていない場合は特に、
それだけでストレスで、体温が上がります。
教訓:ワクチン、定期健診などの、急を要さないことは、
時期をずらして来院するように心がけましょう。
予約を受ける病院側も、「気を付けて来院ください」ではなく、
時期をずらすよう促し、猛暑の日はなるべく外出を控えるように指導できればと思います。

3:11年間、ずっと問題なかったから
Cさんは、大きな和犬を庭で飼っていました。
家は日本式で庭も広く、木陰がたくさんあり、また風通しもよい作りでした。
今年12歳になる和犬も、春の予防接種の時の検診では、
異常なく健康であると言われていました。
Cさんも、毎年夏は特に気を付けて、十分すぎる量の冷たい新鮮な水を、
いつでも飲めるように給水し、木陰がちゃんとあるか確かめ、庭に温度計もありました。
しかし、残念ながら、犬は熱中症で倒れ、そのまま亡くなってしまいました。
「毎年、ハアハアしながらも、木陰で休んでいて、大丈夫だったから」
「一度、室内に入れようとしたけど、嫌がって、外に行こうとしたから」
「風が吹くと、けっこう涼しくなり、26度くらいになる庭だったから」
と、Cさんは、ショックを受けていました。
夏の暑さは、毎年同じとは限りません。
犬も、加齢とともに、たとえ持病がなくても、暑さに弱くなります。
体力も低下します。
また、風が吹けば涼しい庭も、風が吹かなかったら、暑いに違いありません。
教訓 「今まで大丈夫だった」は、判定基準になりません。
暑さも変われば、動物も高齢化します。
ペットは皆、涼しくした室内で過ごさせてください。

4:毎日、45分の散歩と遊びが絶対に必要と言われていたから
Dさんのジャックラッセルテリアは、とても元気がよく、毎日の散歩と遊びが大好きです。
以前、室内で、物をかじって破壊する問題行動のために、
トレーナーと相談した時に、毎日45分以上の散歩がとても大切だと指導されました。
そして、暑いので日中を避けて、夜になっていつもの散歩をしました。
しかし、その日は散歩途中で、犬が熱中症で倒れて、痙攣して病院に運ばれました。
教訓。暑い時は、犬も体力が落ちます。
気温何度なら大丈夫、ではなく、犬の調子、体力、疲労具合をよく見て、
初めから時間のノルマを決めずに、軽めの運動を心がけるべきでしょう。
トレーナーの言った事はもちろん大切ですが、散歩ではなく、室内で行う運動にするなど、
夏は運動量も、運動のタイプも、暑さに応じて変えることが大切です。
5:うちの犬は、毛を刈ってはいけないブリードと言われたから
獣医師は、熱中症予防対策として、毛を刈ったり、ショートにすることをお勧めすることがあります。
犬の年齢、体力、栄養状態や体力、体温調節の機能などを、総合的に考えて行う、
医療アドバイスの一つです。
しかし、飼い主様の中には、
「このブリードは、皮膚が敏感で、刈ると紫外線で皮膚ダメージを受けるから」
「このブリードは、目が弱く、顔周りをカットすると目が紫外線でやられてしまう」
「和犬は、毛が密なのは、暑さから体を守るため。
刈ると逆に体温調整できずに熱中症になるから」
「一度ショートにしたことがあるけど、かわいそうなくらい変な姿になったので」
などと、拒否されることがあります。
様々な情報が、インターネットやブリードクラブ、ペットショップサロンなどから、
簡単に得ることができます。ご自分の好みもあるでしょう。
もちろん、正しいものも、都市伝説、でまかしなど、様々な情報が出回っています。
私たち獣医師は、そんな中で、熱中症予防という視点から、
医学的に総合判断して勧めています。
どうか、命を守る医療アドバイスに、耳を傾けていただけたらと思います。

「エアコンのなかった平安時代の日本女性は、夏でも十二単を着て、暑さに耐えた。
なので、エアコンなしで、厚着をしてがまんしなさい」と言われたら、
あなたは猛暑の中、エアコンなしの部屋で、12枚の着物を重ね着をしますか?
動物は自ら、リモコンで室温調節することができません。
暑くて歩けなくなる前に、倒れる前に、きっと、必死で、
「暑いよ」というメッセージを発信しています。

一匹で室内、庭、車内に閉じ込められて、暑くなっても、携帯で助けを求める事はできません。

自分のペットの命を守るのは、飼い主様しかできないこと。
あなたの愛するペットは、あなたの判断に、命を委ねています。
暑がる、食欲不振、ぐったりする、だけが熱中症の症状ではありません。
嘔吐、震え、下痢、下血(血便)、痙攣なども、熱中症の症状のことがあります。
1匹でも尊い命が、暑さのために奪われてしまうことがないよう、このメッセージを書きました。
日本中のペットたちが、無事にこの猛暑の夏を、のりきれますように。

西山ゆう子


夏休み★初めての海

2019年08月14日

一昨日は近所で早めのランチしてから

急遽、Rくん家族に誘ってもらって城南島に行くことになりました。

同じ年のRくんとピーロンは
いつも喧嘩ばかりしてますが(たいていオモチャの取り合い)
お互い大好きで、会うとギューっとハグして微笑ましいです♪

Rくん一家はマンションのお向かいのお部屋に住んでいて、
ホールで泣き声が聞こえるとお互い出て来たり、
靴も履かずに家を行き来しています。

少子化の時代に幼馴染がこんなに近くにできて、
そして、とても良い家族で本当に良かったです!
 
城南島までの車内、男子二人は大ハシャギで
いつもの2倍位、大きな声でお喋りして、
ピーロンは「いいね!いいね!」を連発していました。
よほど皆んなでのおでかけが嬉しかったようです♪

城南島には初めて行きましたが、羽田空港が近くて、
天気によっては砂浜のすぐ上を飛行機が飛ぶので
乗り物好き男児にとっては最高の遊び場です。

ピーロンは初めての海も怖がらず、
どんどん入って棒を振り回したりして大喜びでした。

3時にクリニックで用事があったので、
海で過ごしたのはわずか1時間くらいでしたが、
the 夏休みの時間を過ごすことができました♪


太陽の光をたっぷり浴びて疲れて、グッスリお昼寝しました。
(ショートスリーパーのぴーろんは、
いつもはお休みの日、あまりお昼寝しないのです)


私は飲む日焼け止め・UVロックを飲んで、
SPF90のヘリオケアも塗って、日焼け対策万全でした。
お陰であまり日焼けせずに済みました。

UVロックは紫外線のダメージを予防する効果が高い飲む日焼け止めです。

続けて飲むことで効果が上がります。

すごいのは、日光を浴びてから飲んでも、
サンダメージを最小に抑える効果があること。

海や山に行く予定がある場合は、前後1週間は飲んでください。

でも、本当は、そういうイベントの時だけでなく、
1年を通して内服するのがお勧めですよ!
冬だって紫外線は降り注いでいるのです。
紫外線量

それにUVロックはサンダメージ予防効果だけではなく、
抗酸化作用もあり、アンチエイジング効果がありますよ〜!

ビタミンDのために日光を浴びたかったのと
脚と上腕はちょっと焼けていた方がカッコイイかな、と思って
そこには日焼け止めは塗りませんでした(・∀・)

でも、UVロックの効果か、腕と脚もあまり焼けませんでした。

_________________

ブログランキングに参加しています。
2つクリックして頂けると励みになります★
ブログランキング・にほんブログ村へ  


里親になろう

2019年07月26日

先日、患者様が
「念願の保護犬を家族に迎えました!
その子が可愛くて可愛くて!!」
と教えて下さって、と〜っても嬉しくなりました!!!

最近はペットをショップで購入するのではなくて
保護犬や保護猫を受け入れるのが普通になってきましたね♪
芸能人の方達も啓蒙活動を積極的にして下さっているいる方達も
沢山いらっしゃって本当に頭が下がります。

うちの子達もみんな、保護犬・保護猫ですが、
とても大切な家族になっていますよ〜♪
保護犬
もっと読む


京都鉄道博物館

2019年07月05日

京都に行きました。

京都駅まで私とピーロンの二人で新幹線で行って
お仕事で先に京都に行っていたパパさんとホームで合流しました。

もっと読む


48歳になりました

2019年06月28日

先日は仕事から家に帰るとパパさんのアレンジで
お料理の上手な友人が美味しい料理を作っていてくれていて、
友人達がお誕生日のお祝いに集まってくれました♪


もっと読む


池上 彩子
Saiko Ikegami.M.D., Ph.D.

マグノリア皮膚科クリニック
岡山大学医学部卒業、医師、医学博士

Magnolia Skincare Clinic
Official Accounts

  • インスタグラム
  • Twitter
  • Facebook