美容皮膚科 マグノリア皮膚科クリニック

肝斑(かんぱん)治療は東京・渋谷の当クリニックで。美容皮膚科医がレーザー等で丁寧に肝斑(かんぱん)を取ります。

03-3486-7855

  受付時間   am11:00 - pm7:00    休診日 月・木

HOME >  症状別治療 >  しみ治療 >  肝斑(かんぱん)治療

Chloasma Removal
肝斑(かんぱん)治療

肝斑とは頬などにモヤモヤとくすみのように見えるしみです。

肝斑の画像

年齢とともに失われるお肌の透明感の原因は、肝斑(かんぱん)というシミかもしれません。

肝斑(かんぱん)は左右対象にくすみのように現れるぼんやりと茶色く拡がるしみです。形が肝臓に似ているためにこのような名前が付いていますが、肝臓の病気とは関係ありません。

他のシミと混在することも多く、診断の難しいしみの一つです。

ホルモンバランスの崩れ、ストレス、摩擦、紫外線などが影響します。

30〜40代の女性に好発しますが、男性に見られることもあります。ホルモンバランスに影響を受け、生理周期、妊娠、閉経、ストレスなどによって肝斑の色が濃くなったり薄くなったりします。

紫外線や摩擦も影響しますので、紫外線対策を行い、肌をこすらないことが大切です。

以前は『禁忌(きんき)』とされた肝斑のレーザー治療ですが、肝斑治療のためのレーザー(レーザートーニング)の出現で、肝斑も積極的にレーザーで治療出来るようになりました。

肝斑(かんぱん)の診断

あてはまる項目の数が多いほど、肝斑(かんぱん)の可能性が高くなります
 □ 20代後半~40代の女性
 □ 左右対称にある
 □ 境界がはっきりせず、モヤモヤと広がっている
 □ ほほ骨に沿って色がついている
 □ 時期によって濃くなったり薄くなったりする
 □ 妊娠・出産、ピルの内服、更年期に悪化した
 □ 顔を触るクセがある
 □ 一般的なしみ治療で改善しない
 □ レーザーで悪化した

肝斑(かんぱん)治療の症例

肝斑(かんぱん)治療

そばかす治療前のイメージ写真
肝斑(かんぱん)治療前 肝斑(かんぱん)治療前

肝斑(かんぱん)をレーザーと飲み薬、塗り薬で治療しました。

Chloasma Removal
肝斑(かんぱん)の治療法

かんぱんの治療法 〜 肝斑治療と同時に美肌ケア 〜
「レーザートーニング」による肝斑治療

いぼ治療の映像サムネイル画像

肝斑(かんぱん)は従来、レーザーはタブーとされており、飲み薬と塗り薬で治療するのが常識でした。確かに飲み薬と塗り薬のコンビネーション治療は効果がありますが、色が薄くなるまでに時間がかかるので、途中で治療を挫折してしまう方が多いのが欠点でした。また、飲み薬を長期服用することに対して抵抗感を感じる方もいらっしゃいました。

肝斑治療のためのレーザー(レーザートーニング)ができ、レーザーで積極的に肝斑を治療することが可能になりました。

レーザートーニングでは炎症を起こさせない程の微弱なレーザーを照射し、しみの色素・メラニンだけを確実に破壊して肝斑を薄くします。レーザートーニングでは飲み薬や塗り薬では出せない透明感が生まれます。更にお肌にハリとツヤが生まれ、しわや毛穴も改善します。
多くの方が治療直後から効果を実感され、数回の治療で、肝斑が薄く目立たなくなります。痛みはほとんどなく、温かく感じる程度です。他のレーザー治療と異なり、赤みやカサブタも出ません。


かんぱんの治療法 〜 肝斑の予防に効果的、じっくり派のあなたに 〜
「飲み薬」による肝斑治療

いぼ治療の映像サムネイル画像

トラネキサム酸

肝斑の飲み薬治療の中心的な役割を果たすのがトラネキサム酸です。トラネキサム酸はメラニンを作る細胞(メラノサイト)の活性を促す「プラスミン」の働きをブロックします。メラニン産生を抑え、肝斑を予防し、薄くします。他のビタミン剤とのカクテル内服を長期間(数ヶ月)続けることで、効果が得られます。塗り薬との併用が効果的です。
内服薬と外用剤は、レーザー治療の方にも効果を上げるために併用して頂きたい、肝斑のスタンダード治療です。


かんぱんの治療法 〜 内服剤との併用で効果が現れます 〜
「塗り薬」による肝斑治療

いぼ治療の映像サムネイル画像

医療用美白剤(ルミキシル、ハイドロキノン)はメラノサイトの働きを抑制し、肝斑を薄くする働きがあります。肌のターンオーバーを早めるトレチノインを組み合わせると、メラニン排出を促進するとともに、美白剤の浸透が良くなり、効果が増します。
外用剤は長期(数ヶ月)にわたる使用が必要で、飲み薬との併用が効果的です。
内服薬と外用剤は、レーザー治療の方にも効果を上げるために併用して頂きたい、肝斑のスタンダード治療です。


肝斑とよく似たしみ

肝斑は、老化に伴う肌のくすみととてもよく似ていますし、そばかす(雀卵斑)やアザの一種であるADM(後天性真皮メラノーシス)老人性色素斑が集まると肝斑と似て見えることもありますし、また、それらに隠されて肝斑が存在することもあります。肝斑の存在に気付かず治療すると、悪化してしまうことがありますから要注意です。



診療料金のイメージ写真
美容皮膚科女医のブログのイメージ写真
医療レーザー脱毛専門クリニックのイメージ写真
ピアス穴あけ 症例集のイメージ写真
口コミのイメージ写真
リクルートのイメージ写真
メディア紹介のイメージ写真
ドクターモキュリンのイメージ写真
未成年者の方に
モバイルサイト
page-top