美容皮膚科 マグノリア皮膚科クリニック

高濃度ビタミンC点滴療法|マグノリア皮膚科クリニックでは品質の高いビタミンCを使用して超高濃度ビタミンC点滴を安全に行います!

03-3486-7855

  受付時間   am11:00 - pm7:00    休診日 月・木

HOME >  その他の治療 >  高濃度ビタミンC点滴療法

High-Dose Vitamin C
高濃度ビタミンC点滴療法

高濃度ビタミンC点滴の写真高濃度ビタミンC点滴はアンチエイジング作用、美白をはじめとした美肌作用デトックス効果に優れます。老化・病気を予防して元気で美しく毎日を送りたい方に最適な最新の点滴療法です。
東京・渋谷の美容皮膚科、マグノリア皮膚科クリニックでは品質の高いビタミンCを使用して超高濃度ビタミンC点滴を安全に行います。

高濃度ビタミンC点滴療法とは

〜 内服では絶対に摂れない量のビタミンCを血管に直接点滴投与します 〜

今、最も注目されている最新の点滴療法です。
もともと癌治療法で注目されるようになった超高濃度ビタミンC点滴療法ですが、強力な抗酸化作用を活かしてアンチエイジング・美容目的にも使われるようになりました。
超大量のビタミンCを血管へ直接点滴投与すると、血中濃度が一気に上昇し、身体の隅々までビタミンCが行き渡ります。ビタミンCによる抗炎症作用で様々な臓器の炎症を鎮め、保湿・美白といった美肌作用、抗アレルギー作用によるアトピー・花粉症の改善、免疫力の向上、ホルモンバランスを整えて更年期症状を和らげるなど、様々な効果をもたらします。

超高濃度ビタミンC点滴療法の効果

〜圧倒的なアンチエイジング・美肌効果〜

強力な抗酸化作用、美容効果、がんを含む様々な疾患の治療・予防効果があります。

◎活性酸素から身体を守る

活性酸素は老化やあらゆる病気の原因物質です。
超高濃度ビタミンC点滴は活性酸素を速やかに体外へ排除し、また、活性酸素によるDNAや細胞のダメージを修復します。
定期的に高濃度ビタミンC点滴を受けることで身体を老化と病気から守ります。

◎美白効果

メラニンを生成するメラノサイトに直接働きかけてメラニン産生を抑制します。シミ、肝斑、くすみを改善して、新しいシミを予防します。

◎コラーゲン生成促進作用

肌のハリや弾力をもたらすコラーゲンの生成を促進します。コラーゲンが増えると肌の水分量も増え、潤いとハリのある肌へと導きます。

◎アトピー性皮膚炎などアレルギー症状を改善

免疫を正常化し、アトピーや花粉症などのアレルギー症状を改善します。

◎疲労回復効果

強力な抗酸化作用で活性酸素を取り除き、また老廃物を取り除くデトックス効果で倦怠感や疲労の回復を早めます。

◎免疫力向上

リンパ球の働きを高めることで免疫力が増強し、ウイルスに対する抵抗力が上がります。

◎抗炎症作用

様々な臓器の炎症を速やかに鎮めます。

◎抗がん作用(治療、予防、再発予防)

高濃度ビタミンCはがん細胞を破壊して正常な細胞は傷つけない、副作用の無いがん治療として注目されています。既存の抗がん治療と併用することで効果を上げることも報告されています。
健康な人でも毎日5,000個ものがん細胞が生まれていると言われていますので、がんの予防効果、再発予防のためにも有効です。

【高濃度ビタミンC点滴はこんな方にお勧めです】

・アンチエイジング目的 ・紫外線にあたる機会が多い
・お肌のくすみ、シミ、肝斑が気になる ・癌にかかっている、癌の再発を予防したい、癌家系
・慢性的な疲労感がある ・ストレスが多い
・風邪をひきやすい ・冷え性
・肌荒れが気になる ・夏バテ
・アトピー性皮膚炎 ・二日酔い
・たばこがやめられない ・時差ぼけ
(たばこは大量のビタミンCを消費します) ・パーキンソン病
・日焼けした  

高濃度ビタミンC点滴の実際

痛み:通常の点滴と同じです。
所要時間:約30分
治療間隔:ビタミンCは体内に貯蔵できませんので、最大の効果を得るためには定期的に行う必要があります。効果の実感には個人差があり、2回か3回点滴を受けるだけでも、かなり状態が改善する方もいらっしゃいますし、5回程度お受けにならなければ効果を実感出来ない方もいらっしゃいます。

・美容、アンチエイジング、健康維持目的 1〜2週間に1度
・アトピー性皮膚炎、慢性疲労症候群 週1〜2回を約3ヶ月
・がん、パーキンソン病 週2〜3回から開始

使用するビタミンC点滴製剤について

〜 ビタミンC注射薬の品質に注意! 〜

通常の点滴用ビタミンCと高濃度ビタミンC用薬剤は異なります。通常の点滴用ビタミンC製剤(2g)には防腐剤が添加されており、超高濃度ビタミンC点滴療法に使用すると大量の防腐剤が体内に入ってしまいます。当病院では点滴療法研究会推奨のマイラン(Mylan Institutional)を使用します。マイランには防腐剤が無添加です。

高濃度ビタミンC点滴の副作用

・点滴部の痛みや発赤 、内出血

・吐き気、頭痛、動悸
点滴の速度をゆっくりにするなどで対応できる程度です。

・眠気、ボーっとする
おもにビタミンCの抗ヒスタミン作用によると考えられています。一時的なもので心配はありません。

・結石
ビタミンCを過剰に摂取すると尿管結石になりやすいことが知られていますが、高濃度ビタミンC点滴療法では結石はできにくいと言われています。

・溶血
G6PDという酵素が欠損している遺伝性疾患の方は赤血球の破壊を起こすことがあります。この病気は日本人ではまれですが、25g以上の高濃度ビタミンC点滴療法を受ける場合は事前のG6PDの検査が必要です。

・見かけ上の高血糖
高濃度ビタミンC点滴療法終了後の数時間は、簡易血糖測定器で測る血糖値が見かけ上、高値になります。

・癌からの出血
癌が破壊されたときに腫瘍から出血を起こした事例が報告されています。これを防ぐために癌治療の際は投与量を徐々に増やします。

・低血糖
ビタミンCとブドウ糖の化学的構造が似ているため、インスリン(血糖を下げるためのホルモン)が過剰に出てしまうことにより生じます。空腹では点滴をお受け頂けません。

・低カルシウム血(テタニー)
手足や口周りがしびれるなどの知覚異常症状です。

超高濃度ビタミンC点滴療法をお受け頂けない方

腎臓機能が悪い方、透析中の方、高度の心不全がある方、重症な不整脈の方、大量の腹水がある方、強い浮腫のある方、栄養状態が極端に悪い方、脱水症状の方、G6PD欠損症の方、妊娠中の方



診療料金のイメージ写真
美容皮膚科女医のブログのイメージ写真
医療レーザー脱毛専門クリニックのイメージ写真
ピアス穴あけ 症例集のイメージ写真
口コミのイメージ写真
リクルートのイメージ写真
メディア紹介のイメージ写真
ドクターモキュリンのイメージ写真
未成年者の方に
モバイルサイト
page-top